虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育者って、・・・なんだっけ?
教育者たちに対する信頼がホトホト失墜している昨今、
連中は、我が身のポジショニングを如何に認識しているんだろうか?

しばしば、
「こいつ等、この期に及んで、マジで頭おかしいんじゃないか?」
とさえ思えることもあった。

ちなみに、私は、2人の娘を産み育ててきた過程で、
実に様々な教育者たちと関わってきた。
(無理やりPTA役員やらされて、
この図太い私でさえも、円形脱毛症で丸禿になったこともあった。
私以外の経験者の中には、胃癌で亡くなったり、胃を3分の1に切り取ったり、
・・・精神的な理由で体調を崩した人達は数知れず)

出来の悪い893の情婦みたいな不貞腐れた英語の女教師や、
責任回避の言葉しか発しない落ち着きのない目の数学教師や、
状況認識が丸でなってなくて謝罪するしか能のない挙動不審な校長とか、
セクハラ教師と仲良くつるんでた教育委員会のバカどもとか、
・・・・・どぉ~したら、
これほどまでに資質の低い人材を教育者として配置できるのか?

まるで、
「こんな人間になっちゃ絶対にダメよっ!」
って典型の人材ばっか。

正直、世の中で教育者と呼ばれる連中で、
まともな人間に出会ったことがない。

(義務教育の教員はもとより)中でも特に、教育委員会の連中は最悪だった。

「教育者どもは腐っとる!」
という事実をコレデモカ~~~ッ!と思い知らされたもんだ。

子供たちが荒れる理由も分からないでもない気がしていたよ。

今では、娘たちも何とか無事に(笑)、
長女は大学、次女は高校へと進学し、
そこそこ自分でイロイロと判断出来るようになってきたので、
連中による被害を受けることも然程なくなってきたが・・・・。


<教師特別研修>「権限乱用」と停止命令 さいたま地裁支部
11月30日21時36分配信 毎日新聞

 生徒のいない教室で模擬授業を週7回行わせるなどの
「特別研修」を受けさせたのは退職強要にあたるとして、
私立昌平高(埼玉県杉戸町)の国語教師、今村寛さん(50)が
同校を経営する学校法人昌平学園(近藤好紀理事長)に研修停止などを求めた仮処分申請で、
さいたま地裁越谷支部(佐藤美穂裁判官)は30日、
「退職強要に利用されている証拠はないが、
現在の研修は権限の乱用」と研修停止を命じる決定を出した。

 申請によると、今村さんは学校側による「授業力確認テスト」や生徒アンケートで
点数が低かったことを理由に、昨年9月から特別研修に入るよう命じられた。
授業から外され、生徒のいない教室での模擬授業や、
席を離れるのに教頭の許可を求められるなどして自律神経失調症にかかったと主張していた。
昌平学園は「研修は教師の問題点を改善する手段。
模擬授業も指導力不足の教員には有効」と反論していた。

 決定は、特別研修が埼玉県の指導力不足教員に対する研修方法などと比べ
「模擬授業に重点を置き過ぎている」と指摘。
体調を崩した今村さんには「別の研修方法も考えられる」とした。

 同校は07年に経営法人が変わり、進学校を目指して方向転換を図っている。
決定後、今村さんは「早く教室に復帰し、受験指導に傾いた学校の方向性を変えたい」と述べた。
昌平学園の城川雅士広報担当は「研修は退職強要ではないと認められた。
裁判所の決定に従い、今村さんの健康や内容に配慮して研修を改善したい」とコメントした。

【平野幸治】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000127-mai-soci



教育者どもが、自らを自浄する能力を持たないという事実が明らかになった今、
彼らに教育界の改革は任せておけないと判断されるのは当然のことで、
それに対して反旗を翻す教育関係者どもは、
「私達の聖域に土足で踏み込まないで!」
と豪語するが、一方で、

「それなりに反省しているけれど、課題も見つけられず、
それゆえに対策を講じることさえ出来ません」

ってバラしてるようなもんでしょ?

まるで、どっかのカルト集団の言い訳のようだわ。

自分たちで解決できない腐ったシステムは、
一旦スクラップにした方が良いくらいなのにさ。

教員の指導すらおぼつかない連中に、
子供たちの教育を正しく行う能力があるとは到底信じがたいわけで、
んな最悪な教育現場を早く正常に戻さなきゃ、
大切な、この国の次世代を担う人材の育成なんて、
いつまで経っても実現できないと思うなぁ~。

スポンサーサイト
ご無沙汰してましたぁ~♪
いやはや、バカ次女の高校入学の段取り等で、
連日、東奔西走の日々を送っておりました。

・・・・・はぁ、忙しい、忙しい~~~。。。

さくら

「子供を作ると、んなにお金かかっちゃうのね!」
と今更ながら実感ひとしお。

前年の長女の大学受験とあわせて、連続で、
今年の次女の高校受験で、心身&経済的ともに、疲弊しきっている今日この頃。

長女の場合は、生まれながらの喘息で、体質も虚弱だったもんで、
とにかく健康面でのサポートを、毎日、朝早くから深夜まで気遣い続けてました。

が、今回、次女の場合は、長女と全く違って、頑強な体力の持ち主なので、
規則正しい生活を送らせること以外は、健康面での配慮は全く無かったんですが、
とにもかくにも、(B型だからか?)勝手奔放に、しかも唐突に、
いろんな有料試験を立て続けに受けてたもんで、塾代のオプション費が、
ベラボウに嵩んで、ホトホト参っちゃいました。

★花見弁当

でもって、結果は?・・・というと、
(中学から、たった一人だけ推薦を受けられたにも拘らず)、
無残にも、志望校の公立高校には入学できず、
滑り止めのつもりだった私立高校へと進まざるを得ませんでした。

お弁当2

というか、
いやぁ~~~、私立って、想像以上にお金かかるもんなんですねぇ~~~!

長女の場合は、公立だったから、入学金5,000円くらいだったけど、
次女の場合は、私立だったもんで、入学金は410,000円

しかも、イニシャルコストとして、
(伊勢丹製の制服代とか、カバン代とか、靴代とか、もろもろで)
70万円以上かかっちゃいました。

授業料その他諸々で、月間5~10万円くらいかかりそうな勢い。

「やっぱ、貧乏人には、子供を高学歴に育てられない」
という縮図を突きつけられた気がしました。

お弁当3

えぇ~~~、もぉ~、ウチは破産寸前!

こんなに、真面目に生きているのにさぁ~~~♪

我が国日本が、先進国と言われるに値しないような現状が、
ここにもあるわけですな。

お弁当

だから・・・というわけではないと思うんですが、
つい最近、私の子宮に腫瘍が見つかりました。

「なんだか、熱っぽくて、疲れやすい」
と感じていたんだけど、
「きっと、もぉ~年だから、更年期障害でも始まっちまったんだ」
と自分で思い込んでたんだけど・・・?

というか、やっぱ、私って、きっと、
精神的に凹むと、肉体に弊害が出てくる気がしてます。
(いつも、大きな問題で悩みあぐねると、入院してるし・・・w)

だけど、これまでも、イロイロと、複数の箇所に様々な腫瘍が出来た経験があるので、
今回も、きっと乗り越えていけると確信しています。

何しか、私の父親は、3度の癌を克服して、
80歳近いのに元気いっぱいなので・・・~♪

お弁当4

だもんで、連日の、
意地悪なメールや、根拠の無い誹謗中傷や、
「ハァ~ハァ~」言うだけの気持ち悪い無言電話や、
変な嫌がらせは、この際を期にやめてくださいね~♪   >心当たりのある方

さくら2

だからって、これまで通り、次回より、
言いたいことは言わせて貰うので、今後とも、宜しく~~~♪
(イロイロと、溜め込んでるのよねw)

それでは、また、近々、お会いしましょう~~~♪
助けてぇ~~~っ!
ついに始まった!

えぇ~そうです、受験です、中学三年のバカ次女の。

まずは、明日の度胸試し!

・・・・・というだけの理由で受ける、某私立高校の推薦
(我が家の“火の車の家計”じゃ、私立に通わせる余裕なんて絶対にないので・・・)

そして、来週早々には、某公立高校の推薦

てな感じで、2月の最終週に待っている本命・某公立高校の一般試験まで、
約一月間の長期戦が幕を開けた。

ビーフシチュー

んな、インフルエンザだの風邪だのが流行りまくってる“感染列島”の真っ只中で、
いつまで持つんだろう?・・・次女と私の体力&精神力。

だって、ここ一年間、マジで、超~長かったもぉ~ん。
・・・既に、かなり疲れ切っている私。
(年のせいかな?・・・それとも、
前の年、長女の大学受験で同様の疲労困憊を味わって、
またすぐ続けて・・・だからかなぁ~?)

連日、三度三度の食事で栄養管理、規則正しい生活をさせることで健康管理、
また、精神的にテンパッテると思えばピンポイントで癒しを与え、
・・・・母親って、本当に大変!!!
(と言って嘆いてみても、今更やめられないし・・・)

ベーコンステーキ

あぁ~~~、本当に疲弊するわ。。。

最近、偏頭痛の頻度が増していると感じるのは、単なる気のせい?

謹賀新年
明けまして、おめでとうございます

昨年中は、皆様のおかげで、
大変幸せな一年を過ごすことが出来ました

心より、御礼申し上げます
ありがとうございます
 
お屠蘇
〔お屠蘇〕

さて、皆さんは、素敵なお正月を迎えられていますでしょうか?

かくいう私は、
予想外予想外の、私の生涯を通して前代未聞?青天の霹靂?
・・・的な、めっちゃサプライズなお正月を迎えております。

その衝撃は、いつもと変わらぬ筈の元旦の朝に、何の前触れも無く、
何気ない顔をして訪れました。

例年の如く、おせちを広げ、関西風のお雑煮を前に、お屠蘇の乾杯を終え、
2人のバカ娘に、それぞれほんの少しずつだけど、お年玉を手渡した直後に・・・。

「ママ、これは、私からのお年玉」
と言って長女が、ちょっと恥ずかしげに手渡してくれたもの。

長女からのサプライズ
〔長女からのサプライズ〕

「な、な、・・・なんなんだ?」
と驚く私に、
「これまで、随分苦労かけちゃったからさ。
『いつかきっと、恩返しっていうか、・・・してもらったことを返して行こう』
と今までずっと、思ってたんだ」

と俯き加減に答える長女。

なので、何が何だか分からぬまま、
・・・とりあえず手渡されたものを開けてみた。

長女からのサプライズ2
〔長女からの20万円〕

「ぬ、ぬ、ぬ、・・・20万円~~~~っ!!!」
と劇団ひとりが豆鉄砲食らった顔で叫ぶ私に、
「貧乏なのに、生活切り詰めても、私の学費は惜しみなく出してもらったから。
まだ全然足りないけどさ、これからも頑張るから」

と長女。

・・・と、ここで、ダメだったね。

当然だけど、、、暫く、何の遠慮も無く大声で号泣しました。

手に触れる一万円札一枚一枚が、これほど重かったとは・・・・・!

長女からのクリスマスプレゼント
〔長女からのクリスマスプレゼント〕

だって、長女が、大学の授業の合間に、一生懸命にバイトで働いて貯めたお金だもん。
(その中から、自分の交通費、洋服代、外食交際費、化粧品代、・・・・等々の費用は、
家に負担をかけないように、自腹で全部済ませてた筈なのに・・・・・?
しかも、毎月5万円ずつ家に入れさせてたのに~~~?)

きっと、長女なりに、いろいろと節約して貯めたお金なんだろう。

長女からのクリスマスプレゼント2
〔長女からのクリスマスプレゼント2〕

目が腫れ上がって、
試合直後の内藤(WBC世界フライ級チャンピオン)のような顔になった頃、
やっと、
「ありがとう」
って言えました。

・・・だけど、まだ涙が溢れて。。。

「だけど、これは使えない。
お前の優しい気持ちだけ、東京ドーム一杯分は受け取ったから」

と内藤が言うと、
「どうして?
家のために使ってもらおうと、一生懸命頑張ったんだから、使ってもらわないと困る!」

と長女。


・・・・・というわけで、
銀行口座の番号を教えない長女に、コッソリと振り込む策を考え中~~~。

富士山
〔富士山〕

というわけで(ってどんなぁ~?)、
本年も、過激な発言が爆裂しまくるかもしれませんが、
何卒ヨロシクお願い申し上げます。
親としての責任。
最近、次女(中学3年生~♪)に対して、ちょっとムカつくこと多し。

ツリー
<溜池山王 ツリー>

「お前さ、いっつも、ダラダラダラダラ・・・
時間の使い方が全くもって効率的じゃないんだよぉ~っ!」

(とにかく、トロイっ!
・・・『急ぐ』とか、『慌てる』、、、という類の概念が欠落している)

「・・・ったくさ、朝早く(7時半出で)出かけるって言うから、
毎朝6時起きで(6時半には食べられるように)朝飯作ってやってんのに、
何度起こしても起きないし、・・・結局出かけるのは8時前じゃん?
・・・なら、私は7時起きで十分なんだけどぉ~?」

(酷い時なんて、まだ日も明けない早朝に、誰もいない薄暗いリビングで、
たった一人私だけが朝食をとっている・・・・・みたいな?・・・空し過ぎる)

「しかも、何?
『学校終わったら即、塾に行くから』・・って言うからさ、
毎日(土日祝祭日無し)、晩飯の弁当作ってんのに、
学校から帰宅後、1~2時間は家でウダウダしてるじゃん?
んな時間あったら、家で晩飯食えるだろっ!?」

(お弁当って、結構手間かかるんだよね~。
・・・できれば、家で夕飯とって欲しい今日この頃。・・・疲れ果てるよ)

鴨
<鴨>


その上、余りの横柄な態度に子供部屋に叱りに行ってやった私に対して、
「普通の家みたいに、子供部屋に入る前に、
ノックくらいして・・・」

って、、、


・・・・・・・・・・え、なに???



「ふぅ~~~ん、普通の家ねぇ~~~。
井の中の蛙のお前の言ってる『普通の家』って、たぶん、
年収1,000万円以上のスッゴク高給とりの家なんだろうが、
日本の世間一般の普通の家ってな、年収400万円くらいの家だぜ?
(グローバル的に言えば、もっと低収入だけど?)
・・・ということはぁ、、、
家族が川の字になって雑魚寝・・・みたいなのが理想?
・・・ということは、ノックも何も必要じゃないんだけどぉ~?」




ふざけんなよぉ===================っ!!!



「なら、この家に入る前に、必ず、私に許可を得ろ!」
「私の許可なく、この家に入ることは許さん!!!
当然、鍵は回収させてもらうからな」

「自分の主張(権利)ばかり押し通そうとする前に、
自分の果たすべき義務を遂行しているかどうか、
精査してみろ!」




・・・と言った時点で、(タイミング良すぎで)長女(=大学1年生)がバイトから帰宅し、
「まぁ~、まぁ~、まぁ~、・・・・
コイツ(次女)は、そういう反抗期真っ盛りなんだから、
ママも腹立つこと多いだろうけど、ちょっと我慢してやって」

だとさ。。。



長女がいなかったら、完璧、ボッコボコに殴ってたな。。。

シャンパン
<シャンパン>


プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。