虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに25日発売! 『転ばぬ先のツイ』 孫崎享 著
『転ばぬ先のツイ』孫崎享 著AmazonのページへGO~♪


※宣伝です~♪ 悪しからず~♪
写真等は、クリックすると大きくなります

もくじ

これは、極めて画期的な本だ!!

もしかすると、前代未聞かも?

・・・「なぜか?」


当然ながら、孫崎享氏という比類なき逸材の本だから
…というのは言うまでもないが、理由は他にもある。

それは・・・・・

ツイッターから産声を上げた本 だから。

いってみれば、ツイッターから現実社会へ生み出された賜物

その逆は、これまで随分存在した。
たとえば、ツイッターに関して、多種多様な本が出版されてはいるが、
その多くは、マニュアル、ノウハウ紹介、マーケティング活用術、社会的影響観測等の類だ。

しかし、そうしたツイッターの機能や現象を中心に捉えた類のものと、
この本は決定的に異なる。

それらとは一線を画し、
ツイッターの中で(今最も注目される人物の一人)孫崎享氏のツイート(つぶやき)に焦点を当て、
“今、日本が突きつけられている国際問題や国内問題の本質”を炙り出して見せたのが、
この本の最大の特徴だ。

つまり、従来型の「現実社会の情報がツイッター上に反映」される形ではなく、
それとは逆で、「ツイッターで発信された情報が現実社会に反映」されるという意味で、
この手の本はたぶん、日本では初めてのカテゴリーだと思う。

今、現実社会の情報源は大手マスコミの独壇場だが、それらにとって代って、
ネットで発信される情報が、現実社会に大きな影響をもたらす可能性を切り拓く起爆剤となるか?

もしかすると、ツイッター(というWEB上サイト)から、書籍として(リアル社会に)生まれ出た
全く新種の先駆け的カテゴリー
かもしれない。

細野晴臣氏 (2011.03.21 「震災所感」より――DWWWの“ も うぼやかない”)
細野晴臣氏 (2011.03.21 「震災所感」より――DWWWの“ も うぼやかない”)

更に、著者・孫崎享氏のツイート (つぶやき)を、ご本人ではなく、
そのフォロワーである第三者が、一つ一つ紡いで纏め編み上げた
・・・ということも特筆すべき点。

著者・孫崎享氏のツイート(つぶやき)を基に、
第三者(氏のフォロワー)が、第三者(読者)の発想で企画~制作した、
いわば、第三者(=読者)の視点で創られた本であるという点も、
かなりユニーク
だと思う。

防後奈津子作

そして、この手の本には珍しい
画期的表現手法が、ふんだんにこらされている点も見所。

まず、政治漫画の業界では知る人ぞ知る防後奈津子さんのマンガで、
各テーマの概要をズバッと端的に訴求

(マンガを楽しんで読むだけで、
なぜか? その後に続く各テーマのツイートがスラスラと理解できてしまう)

また、各ツイートの補足説明や図解・イラスト等によって、
本来は難解な筈の内容もバッチリ分かり易く読み込める形に。
(孫崎氏のツイートの中には、専門的で難しいものもあるが、
読者ターゲットにとって理解し易い言葉や噛み砕いた表現に置き換えたり、
1つのツイートでは訴求しきれない文章は複数のツイートに分けるなど、様々な工夫を駆使している)

防後奈津子作

また、内容としては、
孫崎享氏ご本人へのインタビューを通し、
氏のプライベートな素顔(人間性や人生観等)に迫るコンテンツは、
他の著書には無い試み


blog1.png

更に、孫崎享氏と懇意である方々へのインタビューを通して、
氏への思いをそれぞれのお立場で語っていただいたコンテンツも、非常に興味深いと思う。

岩上氏

堤さん

八木さん

田中氏

そもそも、「なぜ、こうした本を作ろうと思ったのか?」

それは、
「どうして、こんな酷い世の中になってしまったの?」
と国民の多くは、原発事故を機に、身を以て日本の危機を実感した。

しかし、
政治や社会に怒りや不満を抱えながらも、
未だに大手マスコミの偏向報道に洗脳され続けている国民が大多数。

p105TPP本文2

そこで、
「正しい歴史認識と、嘘の無い情報に基づく、然るべき道標が、
国民の前に提示されるべきではないか?」

と考えた。

そうだ、
「体制のもたらす嘘が露呈し、国民が徐々に気づき始めた
今こそ、孫崎享氏の言葉を届ける時だ!

と思ったのが、きっかけ。

p168日米同盟本文2

そのようなわけで、
「難しいこと言われても、よく分からない」
「政治なんて、自分には関係ない」
「知ったところで、世の中変わらない」

・・・・・などと思っている人達を、主要ターゲットとした。

そういう人達にこそ読んでいただきたいのだ!

帯1

この本のコンセプトは、
「日本国民は、ついに、知る時が来た!
この極めてショッキングな、驚愕の事実を!

という帯の言葉に集約されている。

その文言通り、到底信じられないと思うような真実を知る事になるかもしれない。

しかし、知らなければ前に進めないのだ。

もう、眼を背け耳を塞いでいる時ではない。
そんな事をしていたら、殺されかねない。

二度と同じ轍を踏まぬ為に。

権力は、国民の命なんて、何とも思っていないのだから。
殊更、大袈裟に言っているわけでない。

佐藤栄佐久氏
佐藤栄佐久氏

あなたと、あなたの大切な人の、生命や人生を守る為に、
是非読んでみていただきたい。

これは、単なる本という概念ではなく、
『新しいビジョンを示す羅針盤』という認識で、手に取っていただきたい本です。

見えなかった真実が、必ず見えてきます。

帯③



この本の企画・制作・出版にあたり、快く許可してくださった孫崎享先生をはじめ、インタビューで素敵なお話をしていただいた岩上安身様、堤未果様、八木啓代様、田中康夫様、快く新資料を作成していただきご提供くださった小出裕章先生、快くご登場くださった細野晴臣様、温かい励ましの言葉をかけてくださった佐藤栄佐久様、才能全開で秀逸な漫画やイラストを作成いただいた漫画家・防後奈津子様、素晴らしい写真を撮影をしてくださった異才のカメラマン・菊池一郎様、傑出した校正をしていただいた比佐修二様、最後まで私の我儘にお付き合いくださった不世出のデザイナー・嶋岡正二郎様、出版してくださったメディア・パル社長・齋木祥行様、そして、何より、この本の制作に関して私に声をかけてくださったプロデューサー・村橋哲矢様、細部に渡りお心遣い、ありがとうございました。更には、引用等にご協力いただいた沢山の心優しい皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


スポンサーサイト
種のある場所。
巻鮨、稲庭饂飩、蕎麦、チャンポン、素麺、スパゲティ、ピザ、フライドポテト、
餃子、カレー、炊き込みご飯、赤飯、鶏の唐揚、海老のフリッター、ハンバーグ、
お茶漬け、米沢牛の芋煮、いろんな牛肉、いろんな豚肉、いろんな鶏肉、
いろんなソーセージ、いろんなハム、いろんなベーコン、いろんな揚げ物、
参鶏湯、高麗人参スープ、いろんなパン、ありとあらゆるスープ、
ありとあらゆるジュース、いろんな水、シューアイス、アイスをサンドしたどらやき、
いろんなケーキ、・・・・・・・・・・etc.

食い尽して来ましたぁ======================っ!
世界各国の味を!
(最後、お腹イッパイ過ぎて、動けなかったよw)

どこだったっけ?2


ペルーエリア


チュニジアエリア


どこだったっけ?


韓国エリア


タイエリア


スペインエリア


コロンビア&エジプトエリア


ブラジルエリア


カナダ&オランダ&中国エリア


フランスエリア


ドイツ&オーストリアエリア


メキシコエリア


三菱商事エリア


イタリアエリア


おまけに、収穫物も目いっぱい貰ってきたぁ~~~♪

shuukaku


一番嬉しいのは、米~~~♡

ウチは、育ち盛り食い盛りの娘がいるもんで、
本当に助かるぅ~~~~~!

『FOODEX  JAPAN』に行ってきたのだ。

ショーケース


カレー


ショーケース2


『ワールドビジネスサテライト』で、ニュース報道してたね。

コンパニオン


シェフ


コンパニオン2


アメリカのお菓子


チーズ


コンパニオン4


コンパニオン3


コンパニオン5


試食


このイベントは、インスティチュートされてない人達は入れないので、
当然ながら、業界関係者オンリーで、邪魔な一般客無し~~~♪
(BtoBに特化されたイベントは、やっぱ良いネ~~~♡)

走り回るガキもいなけりゃ、路頭に迷ってるような老人もいない、
(一昔前のオイルショックを彷彿とさせるような)物欲の塊の主婦達もいない、
通路の傍らで(暖かくて気持ち良いのか?)眠りこけてる路上生活者もいない。

・・・・・・・・・・ちょっと前の、 『ドラッグストアショー』と比較したら、
天国だぁ=======================っ!

なに?


というわけで、一応、お得意様達への営業も出来たし、
ついでに、仕事までもらえた感じで、

HAPPY~~~~~~~~~~~~~~♪



理解し合えない・・・その壁は?
この前さぁ~、某広告代理店(赤坂にある・・・といえばお分かりの方も多いかも?)の次長が、
当日打ち合わせ先のクライアント=某有名食品メーカーが、たまたま、
ソイツのペイペイの頃からの担当だったとからしくて、
(普段なら、現場スタッフだけに任せきってて、来ることなんて滅多に無いのに)
珍しく現場に来ていて、何気に言った。
「そんなに稼いで、どぉ~するの?」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですとぉ~???
(私のことを、メッチャクチャ低価格で値切り倒して使っといて、
・・・・・全くもって、?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?)



「稼いでるように見えます? 仰るように、もし私が稼いでたらですね、
たぶんココにゃ居ませんってば(笑)」

とさり気に返すと、
「だって、君はさぁ~、ウチだけじゃないんでしょ? 得意先は。
俺なんて給料安いのよぉ~! なのにさ、君と違って家族まで養ってるじゃない?
自由に使える小遣いもちょっとだからね・・・ツライんだよ」

だとさぁ~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・アァ~~~、勘違い~♪
(十年以上も付き合いのある私のことをナァ~~~ンも知らないのかよっ?
アンタの部下達スタッフは、んなこと全部知ってるぜ?)



「エ~~~ットですね、お言葉を返すようですが、私にも家族は一応いるんですよ。w
食わせていくのが、もぉ~大変で! 私なんて、何年も服を新調してませんから。
外出しない日のランチなんて、もっぱら¥78のカップ麺っすからぁ~(笑)
しかも、売り上げはコンスタントじゃないわけでして波がありますし、
一人でやってますもんで、事務から経理から雑多な諸々まで
何から何まで全部一人でやらにゃイカンので、
考えていらっしゃるよりも大変なんですよ」

と(バカじゃね~か、この野郎・・・って気持ちを必死で押し隠すように)健気に言うと、
「エ================ッ! 一人だとばっかり思ってたよ。そういう風には全然見えないね~。
だけど、仕事してる間、お子さんは大丈夫なの?」

だとさぁ~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・オメェ~の方こそ、大丈夫かよっ?
(時代錯誤も甚だしい~~~! 今の時代、83%以上が有職主婦なんだぜ?
んなデータさえ知らないで、よくマーケティング部門まで管轄してるな!)



「と申しましてもですね、長女は高校生、次女も中学生ですので、
当然自分のことくらい一人で出来ますし、私なんて居ない方が、伸び伸びと生きてます。
・・・・というか、たまにサボってるとですね、
『真面目に仕事行け~!』って怒られるもんで、ツライっす、ハイ」

と言えば、
「ウッソォ====================ッ! そんなに大きな子供がいたの?
だけど、子供に変わりないからね~。母親が傍に居なくて大丈夫?」

だとさぁ~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コイツもかよっ! 面倒くっせ~~~っ!
(私にゃ、母親いなかったが、だからって、ソコソコ普通に育ってきたし、
・・・・・同い年の子よりよっぽど家事なんかは合理的に出来る大人に育ったぜ~ぃ!)



そういうわけで、どぉ~して女だけが、
こんなにもいつもいつも苛立つようなシチュエーションに追い込まれにゃイカンのかしら?



会社じゃ、他のスタッフに雑務を依頼して、自分の担当部門だけの仕事を担当してりゃ良いし、
家に帰れば、女房や親に家事を依存して、自分はリラックスしていられるかもしれない、
・・・・・・・・・・・・・そういうアンタに、心配してもらうような人生を生きてないからぁ=============っ!
(とムカついてみても、せん無いのよね・・・というか、
まずは、自立=自分のことは何から何までチキンとこなせるようになってから、
人に物言えよっ!・・・・・でなきゃ、ただの恥晒しじゃん?)



ま、人の知性・・・・・ってのは、こんな無知無学無教養な私でも嗅ぎ取ることはできるのよ。


ちなみに、私が人生の上で最も大事にする『腹を割って一緒に酒を呑み交わす相手』というのは、
全て素晴らしく知性のある逸材ばかりなのですよね、これが!
・・・・そういう人とじゃなきゃ、愉しくないから当然だけど。w
(皆様、いつも、心より有難く感謝しておりますです

趣味の延長線上に・・・仕事?

東京ビッグサイトで、ちょっと面白いイベントが行われている。
       ↓
『JAPAN SHOP 2006』→http://www.japan-shop.jp/
『建築・建材展 2006』→http://www.ac-materials.jp/
『RETAIL TECH JAPAN 2006』→http://www.retailtech.jp/
『IC CARD WORLD 2006』→http://www.iccard.jp/
『SECURITY SHOW 2006』→http://www.securityshow.jp/
『フランチャイズ・ショー&ビジネス・エキスポ 2006』→http://www.franchiseshow.jp

hati

 

 

 

 

だもんで、
私は、思い立ったが吉日とばかり(って、意味分かんないけど)、
今日行って来た。

もち、朝ご飯控え目にして、超~~~お腹空かせて行ったのだ。
       ↑
この手のイベントの鉄則! ( ̄ー ̄☆キラ~ン!

 

しかし、どのブースの前でも、
かわゆいコンパニオンがミニスカート姿で、お臍出して、
ウッフゥ~~~ン♡て眼差しで)客引きしてる様を見るにつけ、
日本屈指の大企業ばっか集まったイベントとして、どうなんだろ???
・・・と思ったり。。。

だって、こういうお色気大作戦って、
(一見華やかで爽やかなイメージを訴求しているように見えるし、
世の男性陣にとっては目の保養になって大歓迎なのかもしれないけど)、
極論して見ると、呑み屋街とか、風俗街とか、
いわゆる盛り場の裏手辺りの日常の黄昏時を連想させるし、
或いは、秋葉原みたいなお子ちゃま的&オタクエリアを
彷彿とさせる光景じゃない?
(アキバのメイドスタイルは、ちょっと毛色が違うかなぁ?
・・・・・でも、会場にもメイドスタイルの女の子はいたしなぁ。。。)

世界的に超一流と言われてる企業が各々競い合って、
それぞれにハイエンドな主力製品を、
斬新かつハイクオリティな手法を駆使してアピールし、
必死で売り込もうとする努力が垣間見られた一方で、
到底品があるとは思えない客寄せ手法を取らざるを得なかった、
我が国日本の文化程度の低さを、
またもや思い知らされたような気がしたのは、私だけ???

・・・というか、
「んなこと言うのは、オバはんの僻み!
ピチピチの若い女の子に嫉妬してるだけ」
な~んて声が聞こえてきそうだな。。。

だけど、この期に及んで、
そういうイベント・コンパニオンには嫉妬しないからぁ~!
(あんまり好きな商売じゃないし・・・ライフスタイルも好きじゃないし・・・
今更、外見だけの美しさには興味ないし・・・)

別に目くじら立ててるわけじゃないんだよね。
ただね、アレレ・・・?って普通に疑問に感じただけ。
(んなことに疑問なんて感じてないでさぁ~、その場の雰囲気に
ただボォ~~~ッと楽しそうに笑って流されてりゃ良いのかなぁ・・・?)

saru

 

 

 

 

そういう感じで(って、どういう感じじゃ?ヾ(▼ヘ▼;))、
殆ど一通り回り終えた所で、ついに最後のおたのしみぃ~!
『フランチャイズ・ショー』のエリアへ、GO~~~!

ようやく、腹ごしらえの時が、来た====================っ!

まずは~、チーズたっぷりのピザ、チキンのカリカリ照り焼き、
ジューシーで肉厚の焼肉、神戸風出汁お好み焼き、
劇美味~中トロの握り、ジンギスカンのコンガリ串焼き、
(『楽天グルメ大賞』受賞の)シコシコ&ツルツルの讃岐饂飩。
で、〆は、サックリ香る胡桃のタルト、芳醇卵のクリームシュー。

あぁ~~~、お腹イッパァ~~~イ!!!
(毎度のコトながら、よぉ~く食った!)


ということで、何しに行ったか、サッパリ分からんでないのぉ~!?

でもまぁ、美味しい物、お腹イッパイ食べて、超~幸せになれたから、
もぉ~それだけで良いわ~~~♪


小春日和とはいいません。

スクラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掃き溜めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はさ、ポカポカ暖かくって・・・というよりは、
暑過ぎだろっ! なぁ~んて、ツッコミ入れたくなるような春のような日だった。
・・・のは良いんだけど、
いつもの調子で厚手のコートを着て出かけちゃったから、
荷物になるわ、邪魔だわ、・・・もぉ~~~大迷惑!!!
(↑って、誰の迷惑だよ!・・ハイ、電車で私の隣に座った人のです<m(__)m>)

それは良いのだけど、クライアントのひとつ、
某出版社から、某東京ビッグサイトで開催される
共通チケットを沢山頂いてしまった。
      ↓
『JAPAN SHOP 2006』→http://www.japan-shop.jp/
『建築・建材展 2006』→http://www.ac-materials.jp/
『RETAIL TECH JAPAN 2006』→http://www.retailtech.jp/
『IC CARD WORLD 2006』→http://www.iccard.jp/
『SECURITY SHOW 2006』→http://www.securityshow.jp/
『フランチャイズ・ショー&ビジネス・エキスポ 2006』→http://www.franchiseshow.jp

これは、もぉ~・・・と言うか、いつものように、
家族一同で趣くしかない!
(イベント主催者の立場の時は、首からぶら下げたカードだけでOKだけど)

むぅ~~~、嬉しいんだけど、チケット多過ぎッ!

だけど、今回は、・・・というか、ここ数年はイベントがリダクション気味で、
食傷気味だった私だったけど、最近はどうやら、またまた復活の兆し有り!
・・・みたいだし、気合入れて出向こうと思う。

こういうイベントって、某超~有名な工務店が代理店と癒着してて、
いつもの担当者が出てくることもシバシバだ。
・・・今年はどうなのか???
(たぶん、その担当者達は今回の担当者達の上司になってるか?
はたまた、独立して工務店の仕事分けてもらってるか?
・・・どっちかだと思うけどね)
    ↑
公務員の天下りは絶対に許せないけど、
こういう民間のささやかな助け合いはホンワカ気分になるもんね。(ッテ、エッ?)


といういわけで、帰宅途中の写真をアップして見ました。(←特に、根拠なし)

 




プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。