虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメーバの頃からの食い合い・・・?
ニミバラ 

 

 

 


 

 

 

 

かつて、アポロ14号の乗組員だったエド・ミッチェルは、
「私も宇宙も、偶然の産物では有り得ない。
全ての存在が、それぞれにその役割を担っている、ある神的なプランがある。
そのプランは、生命の進化である。生命は、目的を持って進化しつつある。
個別的生命は、全体の部分である。
個別的生命が、部分を成している全体がある。
全ては一体である。
一体である全体は、完璧であり、秩序づけられており、

調和しており、愛に満ちている。
この全体の中で、人間は神と一体だ。

進化は、創造の継続である。神の思惟が、そのプロセスを動かしていく。
神とは、
宇宙霊魂、或いは宇宙精神
(コスミック・スピリット)であると言っても良い。

それは、一つの大いなる思惟である。
宇宙の本質は、物質ではなく霊的知性なのだ。この本質が、神だ」
などと言っている。(立花隆 著 『宇宙からの帰還』より)

地球を離れたからこそ実感し得た、彼のそうした理想論的概念は、
地球を離れたことのない、いわば『井の中の蛙でしかない』我々には、
到底達することなどできないものだろう。 



しかし、キリストを唯一神と信じる民族(或いは強国)と、
アッラーを唯一神と信じる民族(或いは貧国)が、 
いまだ憎悪に満ち満ちた血みどろの戦争を繰り返し続けている事実を、 
コスミック・インテリジェンスという概念で、如何に説明できると言うのか?

『セルジューク・トルコ』(強大なイスラム勢力)
     VS
『十字軍』(レコンキスタを建前として領土を広げようとしたキリスト教勢力)
     

イスラム教・貧国(イラク・チェチェンなど)
     VS
キリスト教・強国(アメリカ・ロシアなど)

上の図式にあるように、何世紀にも渡って、
強国のほんの一握りの権力者達の冨を増やすために
その他の国々は、有無を言わさず占領され、
何から何まで搾取され尽くし、
血で血を洗うような大量殺戮が行われ続けている。

そのため、今尚、混沌が支配している国々
(アフガニスタン、イラク、チェチェン、パレスチナ、イスラエル、
ウズベキスタン、アゼルバイジャン、ミャンマー、・・・etc.)
では、秩序と呼べるものは失われて久しく、
変わりにアナーキズムが国家を支配している。


それとは全く対照的に、強国の大富豪達
(たとえば、アメリカのロスチャイルド、ロシアのベレゾフスキーなど)
をはじめ、権力者達
(ブッシュを取り巻く武器商人の黒幕達
→ラムスフェルド、ウオルフォビッツなど)
は、今回のイラク戦争が一向に収束する気配を見せない中、
長引けば長引くほど儲かるシステムを構築しているらしい。

笑いが止らない・・・という噂も。。。

いわば、強国の大富豪や権力者達の資本からなる武器製造元は、
戦争や紛争が長く続いてくれた方が、
必然的に、武器が大量に消費されて儲かる仕組みというわけだ。



・・・だとすると、ある野心旺盛な策略家(ないしは組織)が、
当事国家間の民族性や宗教観、政治思想等の違いを火種に、
故意に両国間の民意を煽り、戦争へと誘導しているのではないか?
・・・という風に見るのは、飛躍し過ぎだろうか?

もし、それが有り得るとすれば、
アメリカやロシアなどで
最も大富豪と呼ばれているユダヤ系の・・・?
そういえば、
前述のロスチャイルドもベレゾフスキーも、ユダヤ系だった。
(・・・というか、そもそも、ロシアのオリガルヒもそうだが、
アメリカでも政治の中枢に深く入り込んでいる名立たる財閥の殆どは、
ユダヤ系だったっけ?)



いずれにしても、こうした経緯を、
コスミック・インテリジェンスと称するのであれば、
倫理観に欠ける卑劣で強欲な概念が、宇宙を動かしていることになる。


スポンサーサイト


プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。