虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ~て、問題です!
江戸時代には、平均寿命が44歳だった
と聞いたことがある。
・・・って~ことは、
私は
○○歳になっちゃったから~、
当時ならば、「
お婆ちゃん
と呼ばれていても可笑しくないじゃん???
(「もう思い残すことは何もないさァ~」なんて言いながら、
いつお迎えが来ても良いように心の準備なんかしてたりして・・・?)

その頃は、確か12~3歳位で嫁いで、
概ね10代後半までには、ほぼ数回の出産を終了していた筈。
・・・とすると、
その産んだ子供達を、同じく12~3歳位(一人前の歳)に育て上げる頃には、
だいたい30代前半位となる。
・・・だとしたら、 その時代は、
(子育てを終了した)30歳代前半位からを老後と呼んだのだろうか?

現代では考えられないことだ。

当時は、今のように医療が発達していなかったから、
産まれてきてもすぐに死んでしまう子や、
成長するまでの過程で病死してしまう子も多かったと聞くけれど、
それと並んで、栄養面での不足も大きかったのだろう。
成長した後も、シッカリとした栄養摂取が出来なかったために、
免疫力や抵抗力が低下して、死に至る人も多かったのかもしれない。

医療をはじめ様々な科学が発達してくれたおかげで、
私達は随分と長生きすることができるようになった。
そのおかげで、
私は、
○○歳になったにも拘らず、
お婆ちゃん」と呼ばれなくて済んでいるのだ。
有難い・・・!

しかし、よくよく考えてみると、
地球上には、まだ、いまだに江戸時代の状況を強いられている国々も多い。
医療システムが整わず、食糧が十分でない国々では、
薬さえあれば死ななくて済んだ病死者や、
栄養不足が原因の餓死者が、毎日大量に発生している。
やはり、そうした国の平均寿命はとても低いのだ。

そうした途上国の人々の
安い労働力や貧困の上にこそ、

今の私達の住む先進国の生活の豊かさがある
かと思うと、
「何かがおかしいぞ!」
と叫びたくなってしまう。
これ以上、貧しい国から搾取してはいけないんじゃないか?
やはり、アメリカのアノ連中達は、死刑に相当するんじゃ~ないか?
・・・とも思ってしまうのだった。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/world/ranking/jumyo_h.html

http://www.pref.oita.jp/12000/toukei/xls/jumyo/yomyokuni.xls



そこで、ようやく問題です。
○○歳とは、
一体全体、何歳なのでしょうか?


スポンサーサイト


プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。