虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワザとじゃないよね?
a4dc4565.jpg

 

 

 

 

中国から輸入のカンパチなど、アニサキスを確認 (読売新聞) - goo ニュース

 

厚生労働省の輸入検疫官の数は、
他の先進国と比較して極めて少ない上に、
その検疫方法についても、余りに杜撰過ぎるということが明らかになったのは、
アメリカから輸入されたレモンやバナナなどの果実に、
大量に塗されていた基準値を大幅に超える
農薬(ポストハーベスト)の問題が報道された時。

つくづく、お役所らしい。
適材適所・・・という言葉を知らないのかね???

国民にとっては必要も無いような部署に大量の人員を配置しておいて、
こうした国民の生命に直接関わるような重要な部署には人を割かない
、、、なんて!

なんでも、アメリカの農家に言わせれば、
「日本人を一掃するには、武器なんて要らない。
農薬さえあれば、簡単さ!」
というくらい、バカにされていたという話しも・・・。

日本では使用が認められていない毒性の極めて高い農薬を、
いろんな果実に大量にポストハーベストしておけば、
それを食べた日本人は、アッという間に死んでしまう。
日本の輸入検疫なんて無いも同然! 
チョロイ、チョロイ、悠々とスルーできるさ。
・・・という理屈らしい。

その報道以降、少しは改善したのか?(無理だろうな・・・)

今回、
中国からの輸入魚の一件では、たまたま寄生虫を発見できたらしいが、
まさか、(アメリカ同様)中国からもバカにされてのことではないか?
・・・などと疑ってみたくなる。

中国の輸出業者が、
「日本人を一掃するには武器なんて要らない。
寄生虫たっぷりの餌を食わせた魚を食わせてやりゃ良いんだ!」
なんて言ってほくそえんでたとしたら・・・?


そういう意味でも、
頓挫して久しい公務員制度改革は、
やっぱ早急に審議して欲しいと思う。
公務員の質の悪さや、その時代に即さない老朽化した非生産的制度に、
メスを入れていかなければ、世界的に赤っ恥をかき続けなければならない
と同時に、国家経済的にも困窮を余儀なくされるだろう。

バブルの後、民間企業はリストラやリダクションを極限まで遂行し、
何とか経済復旧しつつあるが、
かたや、公務員は・・・?といえば、何一つ変わっていない。
「不景気も、どこ吹く風~」という感じ・・・。
そして、旧態依然として既得権の上に胡坐をかいたまま、
莫大な損失と経費だけを伸ばし続けている。


これでは、国の借金が減るどころか、破綻に向かって
邁進しているようにしか見えない。

 


スポンサーサイト


プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。