虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も悪い奴は・・・?

沖縄で変死した野口氏に関しては、
いろいろとマスコミもフューチャーはしているが、
どうもピントがずれ過ぎている。

・・・というか、
事実を隠そう隠そう・・・としているかのように見えてならない。


野口氏は、死亡当日夕方に、奥さんに、
「今から帰るから・・・」
と自ら電話した直後、沖縄に飛んでいる。

・・・なぜ?

それに、もっと不思議なのは、
死亡した野口氏の横たわっていたベッドの脇に、
血塗れのサッカーシャツが落ちていたこと。
「そのシャツは夫の持ち物ではない」
とすぐに断言した夫人の証言が得られたにも拘らず、
沖縄県警は、当初、 「自殺」と断定して譲らなかった上に、
司法解剖すら行っていない

普通に考えれば、
野口氏を殺害した犯人が、
返り血を浴びたシャツをその場に脱ぎ捨てた、
と考えた方が自然なのに・・・?

更に、その遺体には、
手首だけでなく腹部や頚動脈にも刺し傷があったのだから、
利き腕と傷の角度に矛盾はないか?
調べるべきだったと思うが・・・?
・・・というか、ここまでダメージを受けながら、
自ら非常ボタンを押せるものだろうか?
・・・押せないと思うんだけど???

余りに不自然過ぎっ!

一方、最も興味深かったのは、
某記者と(野口氏の死亡した)カプセルホテル経営者とのやりとり。
なんと、カプセルホテル経営者が、
警察の判断を覆すような証言はできないから勘弁してくれと言って
記者の前で土下座をしたというもの。
   ↓(以下、記事引用)
「小さな地域です。私達が生きていけなくなります。
どうかお引取り下さい」
土下座をして頭を床にこすりつけたまま約二十分。
その悲壮な姿に押し切られて、記者はその場を去った。

沖縄県警は、事件関係者に対して口封じを行っている
・・・と思われても仕方ないね。
頑として、司法解剖もしないんだから。。。

しかし、何故、そこまでして死因を明らかに出来ないのか?
・・・なぁ~んだか、プンプン・・・胡散臭い!

 

しかしながら、この野口氏の死因も含めて、
「(ライブドア事件の)事実が明らかにされたら、
日本どころか、世界中を駆け巡る大ニュースになり、
ライブドアは破壊的なダメージを受けるだろう」
・・・なんていう記事も、よく目にするようになった今日この頃。

ライブドア事件には、安倍晋三はもとより、武部、竹中、・・・
ビックリするほどの大物自民党議員達が絡んでいる、
というのは、もう揺るぎ無い事実のようだ。
(が、、、きっと、今回もまた、大きな権力によって揉み消されるだろう)
ちなみに、安倍晋三は、
インチキ洗脳宗教モドキのコンサルタント会社を通じて、
ヒューザーだけじゃなく、ダイナシティ
そしてライブドアとも深く繋がっていたことはほぼ明らかだ。
また、武部に至っては、
ホリエ容疑者と家族ぐるみの付き合いをしてた上に、
広島カープを買収しようとした際、
ナベツネや経団連の奥田会長にまで電話をしてたらしい。

ライブドアダイナシティなどが、
実は広域暴力団のフロント企業だということは確定的だが、
地検の特捜部チームが、
わざわざ警視庁・組織対策3課の刑事達を応援に呼んだということは、
この事件が如何に根深いか?!
ということを意味している。
なぜかといえば、この組織対策3課というのは、単なるマルボーではなく、
特定広域暴力団の地下銀行や金融の捜査が専門の部署だからね。
つまり、ライブドア事件が、単なる証券取引法違反ではなく、
広域暴力団と共謀した凶悪犯罪だったということは明確だ。

 

政治家&広域暴力団&企業
                                  ・・・蜜月は終らないのね。

 

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/post_9662.html

http://www.geocities.jp/ariradne/jinmyaku.jpg
(↑そのまま飛ばない場合は、一旦ショートカットをコピーしてアドレスに貼り付けてみてね)

http://www.geocities.jp/ariradne/sinsou_soukanzu.GIF
(↑そのまま飛ばない場合は、一旦ショートカットをコピーしてアドレスに貼り付けてみてね)

http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-992.html

おまけ
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1007.html


スポンサーサイト
遅過ぎだよっ!

外交が外交として機能して無い日本で、ようやく外交らしいことしてくれそうだ。
(結果的にだけど・・・)

これまでは、外交官やその他の公務員達は、
アメリカの専門家の意見を翻訳しただけの支持に従っていただけだからさぁ~。

翻訳&ソレに従うことのみが、自らに課せられた仕事と思ってるし。。。
(公務員さんたち・・・)

もぉ~これって、日本の外交戦略とはいえないわけで、
アメリカの世界戦略の一部を担っているに過ぎない・・・。

そういう意味じゃ、これも同じなのかもしれんが、↓
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/seiji/20060129/20060129a1300.html

そろそろ鎖国の時代を引きずって、
帝国の言うがままになるのは辞めて欲しいもんだ。。。

自分達の頭で考えて、自国の利益を導いてくんなきゃ、
これまで貰った税金全額耳をそろえて返してくれぇ=========っ!


もしもし・・・?

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/seiji/20060128/20060128i108-yol.html

 

今の社会、分かってない人達が、何をやってもこんなもんなのかなぁ~?

辛さが募り過ぎて・・・もぉ~どうしようもないんだよ。

 

おまいら、公僕の筈だろぉ~が!

夏休み、春休み、振替休日、有給休暇、・・・etc.

(低学年の時)子供に聞いたら、

「担任の先生って誰?」って質問に答えられなかった。。。

何かにつけちゃ~、「家族の事情で・・・」担任するクラスを休むんだから、

そう思われても仕方ないゼ、担任教師!

 

自習の時間がドンドン多くなるしね。。。

長女の時は、まだマシだったが、

次女の時は、殆ど担任出てこなかったらしい。

 

 

これで、一般会社員のサラリーと比較されちゃ~~~適わないんだよっ!!!

 

 

 


資本主義も共産主義も、結果同じじゃん?

国有地は、日本大陸の半分の面積を占めるらしい。
(これがいわば、日本の資産規模・・・という評価に繋がってるんだけど・・・)
・・・土地の値が上がれば、日本資産の向上にも貢献するのね。

いわば、民間は、国有地以外の半分の中で、鬩ぎ合ってるのよね。

だけどさぁ~、公務員用に建てられた民間の地域の、
普通なら30~100万円くらいの家賃の地所に、公務員を、
家賃10万円以下で住まわせるのは如何なものか?
更に言えば、そういう住宅地の利用シェアは、10~15%らしいし・・・。

・・・空いてる部屋の家賃+αは、我々の税金
賄われてしまうのよ。
(年間換算すると、気絶しそうな金額・・・! 明らかにしない筈だわ・・・)

そういう意味で、支出に比べて、収入が見込めない箱物が多過ぎるのよね。
建てたマンションの総工費&その後の経費は税金で支払われてるしね。
(減価償却しきれない規模よネ・・・)

更に言えば、公務員用の住宅だけじゃなく、
各自治体の公共施設にも同様に言える事なのよね。

もっと言えば、
民間サラリーマンの平均年収が、400~440万円なのに比べ、
公務員の平均年収は、730~760万円なのよね。
(ちなみに、公務員のこの金額は、あくまで基本給であって、
特別手当は含まれてないから・・・。
したがって、公務員の年収は
民間サラリーマンの倍以上
というのは確定~~~?)


これを無駄使いと言わずして、何というのか???

にも拘らず、消費税をこれ以上上げられた日にゃ~、
ドンドン2極化していくしかないし・・・。


金持ちか貧乏人・・・?


変化・・?

北朝鮮・チョンジンという町。北国だ。

日本から5~60年は遅れたまま、置き去りにされている。
・・が、この町に市場が立ち始めた。
これまでにも市場はあったが、こぉ~おおっぴらに
資本主義社会同様の様相は呈していなかったようだ。
(市場経済導入???)

というか、 『仁義なき戦い』を観ているような光景・・・?
(まさに、日本の戦争直後のスラム・・・)

当然(?)盗みは頻繁に横行しているようで、
盗人が一般市民なら取り押さえることも可能だが、
最近では軍人達の盗みが非常に増加しているらしい。
(取り押さえた時点で、逆に投獄されそう・・・?
「無実の罪で死にたくない」・・・と思うと、出来難いよね)

・・・というか、軍人も食っていけないほど悲惨な状況なのね。

 

中国に倣って、経済特区政策・・・でも模索しているのか?

 

しかし、行く末は、現 中国・・・の内乱に次ぐ内乱。
(反日・・・というよりも、中国政府に対する不満で・・・)

本来、中国人民の民意を操作して、
日本バッシングしてた中国当局の意図は、
日本を仮想敵国とみなし、日本をスケープゴートにして、
巧いことやろうと思ってただけのことで・・・。
自らの批判を避けるためだけだったんだからね。
(結果、当然といえば、当然!)

・・・実際、中国当局も、頻発する農村部の反乱は、
何とも収拾し難い状況のようだし・・・。
(・・・っつ~か、報道規制厳しくして、他に漏れないように必死???)

 

エポックなⅩデーが、終にはやって来るのかなぁ~~~?


想定外?

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060116/20060116a4940.html
      ↑
はめられましたな!

・・・っつ~か、表面的には、なかなか出てこなかったけど、
汚いこといっぱいやってたからね。
色んな企業の企業買収ばっか・・・。
(『 楽○ 』は、もっとエゲツないが、何で助かってるんだろね?)

・・・っつ~か、どんな企業も、汚いことで比べりゃ、
五十歩百歩だろうに、巧く泳ぎ渡る企業と、
そうでない企業とがあるのも面白いね。



恨まれたんでしょうな、相当。。。


さようなら。そして、はじめまして。

本日、午後、ななちゃんが亡くなりました。

 

随分以前に、
「ななちゃんの具合が悪いので、病院に連れてった」
・・・という旨の日記を書いたことがありましたが、
それ以来、一向に症状が改善しなくて・・・。
この間、何度か病院も変えたんですが・・・?

今朝から1人で立てなくなっちゃったので、
すぐさま病院に連れてったんですが、
帰途に着く途中に、、、あっけなく・・・。

家についた頃には、死後硬直が始まってて、
すっかり冷たくなっちゃってました。

ななちゃんのために、ちょっと高額だったけど、
(小動物用)アガリスクや栄養補助食品も購入し、
一生懸命与えていたのに・・・。

終には元気になってくれませんでした。

 

本当に残念。
・・・という言葉しかありません。。。

 

遺されたトリトンは、
前回レモンちゃんが亡くなった時以上に哀しそう・・・。

泣き声が悲愴で・・・。

 

なので、行ってきました。 ペットショップ。

トリトンを独りぼっちにしとくと病気になっちゃう」
という娘達の言葉を受けて・・・。

 

すると、ビックリ~~~!!!
なんと、ななちゃんソックリの子がいたのです。

・・・で、早速、メスと確認後、購入~♪

 

『エリー』・・・ソレが彼女の名。

 

トリトンは、
もう、 『エリー』を一緒に籠に入れて欲しくって仕方ない様子だけど、
まだ、 『エリー』はヒナなので、暫くの間は籠に入れられません。
小さなゲージに藁を敷いた状態で過ごさなければならないの。
餌も、ヒナ用の泡玉に栄養サプリを混ぜ込んで、人肌くらいに暖めてから、
3時間おきにスプーンで与えてやらないと食べられないの。

ちなみに、鳥は、ヒナの時から飼い慣らさないと、
人間にも、相方の鳥にも、なかなか慣れてくれないんです。

・・・だから、ちょっと手はかかるんだけど、
少しずつ初めから・・・。

しかし、元気な子で。。。
イッパイ餌を食べ散らかしてくれました。

 

今度は長生きしてくれよぉ~~~!
・・・我ら家族の気持ちは同じ。。。


泣き腫らしていた娘達のウサギの目にも、
ようやく笑みが蘇りました。

 

同時に、(次女が竹で作った)ななちゃんのお墓に合掌。。。


時代は変わっていくのね。。。
『紀元(西暦)1年』の前の年は、
 
                                         
紀元(西暦)何年か?」
    
と聞かれたら、どう答えますか?

 

『紀元(西暦)1年』の前年は、『紀元(西暦)前1年』であり、

『紀元(西暦)0年』は存在しないんですよね。

「エ~~~~~~~~ッ! 『紀元(西暦)0年』でしょ?」
とおっしゃる方も、たぶんいらっしゃると思いますが、
『紀元(西暦)0年』は存在しません。

 

そもそも、西暦とか紀元とか・・・という考え方は、
ディオニュシウスの理論によるものと考えられていて、
キリスト前後、・・・別の言い方をすれば
紀元前(B.C.=before Christ)=キリスト生誕前
紀元後(A.D.=anno Domini)=キリスト生誕も含めたその後

という、「前か後か」、「裏か表か」というように2つに分けた考え方。

 

では、彼は、何故キリスト生誕年を、
『紀元(西暦)0年』と考えなかったのか?

当時は、 『1』よりひとつ小さい『0』という概念が、
まだ存在しなかっただけの話・・・。
ちなみに、数字の『0』は、インドの数学者が発明したらしい・・・?

平成は、 『平成元年』から始まりますが、
これだって、 『平成0年』ではありませんよね。
(同じような考え方なわけですな)

 

したがって、
『19世紀』は、1801年から1900年までの100年間になり、
『20世紀』は、1901年から2000年までの100年間となる。

1999年が20世紀の最後の年ではなく、
20世紀の世紀末の年といえば2000年になるわけっすね。
(もし、1999年が20世紀の最後の年だとしたら、
『20世紀』と呼ぶ根拠がなくなることからもおわかりでしょうが‥‥)

 

これって、何が言いたいか?・・・と言えばっすね、結局、
今の我々の生活にイロイロと支障を来たしつつあるらしく、
たとえば、私等が必死こいて覚えた歴史ね。
『660年:神武天皇即位』と覚えた人も多いと思いますが、
実はコンピュータで検索していくと、 『659年』となるんですな。
(1年ずつずれるから・・・)

他にも、多々あるらしいけれども、
西洋文化をそのまま何の抵抗もなく受け入れちゃったことと、
コンピュータに席巻されざるを得ない生活を強いられてることによって、
色んな所に軋みが発生してる・・・っつ~ことですかネ~???


一般市民の下流化・・・?

東京は然程のことはないけれど、
各所で、大雪、スッゴイっすね~。

皆さんとこは、大丈夫ですかぁ~?

 

しかし、これでまた、全国の警察署では、
「交通違反検挙強化ぁ=====っ!」
ってスローガンが声高に掲げられていることだろうね。

だってさ、信号やら横断歩道やらの補修や再建って、
交通違反者達の支払う反則金や罰金で賄われてるんだもんね。

大雪のために補修や再建が必要になった信号や道路標識、
横断歩道や道路、カーブミラーやガードレール、etc.
軒並み増えてるんだろうし・・・。

そういう現状によって、逼迫していく予算を何とか補充すべく、
警察官達は一斉に検挙に熱を上げるわけですな。

『雪が増えれば、検挙も増える』
・・・っつ~構図っすね。

 

皆さん、雪だけじゃなく、
交通違反の検挙にも十分気をつけましょう~♪

 

ところで、その罰金だの反則金だのが、
最終的に落ちる所はどこか?

まさに、警察連中の天下り先の法人、
いわゆる、道路保全関係の民間企業。

更に言えば、今年6月に道路交通法が改正されて、
駐車違反とかは(天下り先を含めた)民間に殆ど委託されるけど、
それって、 『みなし公務員』ってレッテル張ってもらって、
ある程度の権限を与えられる・・・っつ~から、
ビックリ仰天!

・・・つまり、本当の公務員でなくとも、 『みなし公務員』
つい殴っちゃっても、 『公務執行妨害』で逮捕されちゃうから、
要注意!!!
(公務員同等の資格を持ってると思った方が無難・・・かも?)

 

だけど、納得いかないのは、やっぱ、
(毎年公表されてる) 『特別会計』に含まれないアウトソーシング費。
ソレってさ、民間委託によって、コレまで以上に膨れあげる予定だから、
何のための『特別会計』公表・・・?
・・・・って、目が点。。。

『特別会計』の額は縮小したって、我々の血税を投入される先は
民間委託という名の下にドンドン大きくなって、
その額は肥大化していく一方って~わけよ・・・。

 

何か空しくなっていくわね。
真面目に生きてることが。。。


社会経験・・・?

年末(2005年12月31日)も年始(2006年1月1日)も、
これまで同様バイトに明け暮れていた長女。
・・・郵便局のバイトだから、仕方ないけど。

だけどね、元旦に帰宅した長女は嬉しそうだったよ。
「1,000円貰っちゃった~!」
だとさ。

聞けば、
「ちょっと、・・・来てくれる?」
と担当の局員に誘われるがまま、一人呼ばれて行ってみると、
「はい、お年玉だよ。
いつも頑張ってくれてるからね」
だってさ。

その後、他のバイトの連中が呼ばれた気配がなかったところを見ると、
どうやら、ウチの長女だけがお年玉を貰えたようで・・・。

・・・?

なんで?????????

・・・?

 

いやね、その担当者は、長女に言わせれば、
「スッゴク良い人なんだよ」
ということらしいが、いつも、長女にだけ、お菓子をくれるんだよね
それも、毎日。。。

バイトから帰宅後、長女がいつも、
封の開いてないお菓子を幾つも持ち帰るから、
聞いてみたら、その担当者、
「断っても、『良いから良いから』って言うんだもん」
だとさ。
(その殆どは、実は次女の胃袋に納まってるんだけど・・・)

やっぱ、不思議。。。

 

穿って考えを巡らすのは宜しくないんだろうけども、
我が子のこととなるとね~。
・・・ちょっと心配になってさ、
「アンタ、その人に変なことされてないよね?」
って聞いちゃったよ。

「バッカじゃないのぉ=============っ?!」
って長女にソッコォ~怒られました。

 

ちなみに、長女は、お昼休みが50分しかないのに、
毎日、ウチに帰ってくるんだよね。
「外で買って食べたら、お金が勿体無いから・・・」
だとさ。
(時間が短いから、殆どのバイトの子は、
圧倒的にコンビニとかで済ますケースが多いらしいんだけど・・・)

・・・で、私は、おにぎり作ったり、お餅焼いたり、
イロイロと拵えてお昼を一緒に食べられるように、
長女の帰宅をいつも待ってるわけ。
(自分で勝手に作らせりゃ良いのだろうけど、親としては、
少しでも搾取された団欒を取り戻したいのよね、お正月だし)

でも、そういう関係・・・って、予測してなかったけど、
結構イィ~感じ。。。

 

しかぁ~~~し、
敢えて言えば、そうした一連の公務員的労働を、
一般の労働と思い込んでもらっちゃ~困るわけですよ!
(楽して儲けちゃうみたいな・・・?)

一旦社会に出て、民間の企業に勤務した場合、
労働は、彼女の、このバイト経験値を遥かに超えるものだからね。
その時、戸惑われてもね~。

 

・・・やっぱ、牛乳配達させとくんだったかなぁ~???

 




プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。