虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズ・インモラル。

中国共産党政権下の死刑囚の臓器悪徳販売問題が、
国際社会に厳しく批判されている。

まず、米下院は、
昨年12月可決した中共政権の『労働改造制度』を激しく非難しているし、
『労働改造譴責法案』 (=『労働改造制度』を戒告する草案)を作成した
共和党議員フランク・オルフ氏は、
中共政権の死刑囚を利用した、この臓器悪徳売買を厳しく批判して、
「5万ドルさえ払えば、血液検査後、中共警察当局は、
刑務所で適合する死刑囚を探索、銃殺後腎臓を摘出移植する」
と中共指導下の医療機関が、
非人道的な方法で臓器悪徳売買をしている事実を暴露した。
一方、欧州議会も、
この一連の中共の臓器悪徳摘出事実に震撼し、
「これは国際基準に照らしても、深刻な人権違反、一種の犯罪行為」
と甚だしく非難している。

ちなみに、
『労働改造制度』というのは、
『労働改造』と称した中共政権下の強制労働制度。
これを強いられているのは、中共政権に都合の悪い人々ばかりだ。
たとえば、中国出身の著名な人権活動家等とか、
(中共政権下では政治犯と呼ばれる)リベラルな人々とか、
(中国版『オウム真理教』と呼ばれているカルト集団『法輪功』などの)
宗教犯とか・・・・・。
こうした受刑者等は、約40万人いると言われているけれど、
実の所は定かではない。
(そもそも、戸籍制度さえマトモに機能してない国だからね・・・)
そういう彼等の殆どは、食事とは到底呼べないモノしか与えられず、
只々苛酷な労働下に置かれ、悉く虐待されているため、
当然だけど、深刻な栄養失調状態・・・と言うか瀕死状態に陥っている。

以下参考までに。。。
http://www.glocalrescue.org/2005/06/html/050628_sankei.htm
   ↓
①中国では当局が政治犯などの抑圧的拘束としての
  『労働改造』の名称を『労働矯正』(労教)と変えたが、
  実態は変わらず、全土で約一千カ所の監獄に、
  合計四十万人ほどの労改拘束者を保ち、強制労働をさせている。
②この四十万人は反政府の政治犯、思想犯、宗教犯、
  さらに当局の立ち退き命令に抗議してデモなどを実施した
  住民多数のほか、最近では一般刑法違反の服役者も増えた。
③四十万人のうち約六万人は気功集団の『法輪功』関係者で、
  その活動とその弾圧は尚続いている。
④約一千カ所の(労改の)監獄はほぼ全てが
  拘束された人間の意思を問わずに無償での労働を強制し、
  監獄は企業並みの生産活動を続けて利益を上げている。

 

ところで、今、『チャイナ・リスク』による世界各国の被害が
徐々に報告され始めていることを知っているだろうか?

以前の日記で、
「中国人民が皆、肉を食べるようになったら、
ソッコォー世界は食糧危機に陥るだろう。
畜産に必要な餌、肥料などの供給も覚束なくなり、
“シリアルを家畜に食わせるべきか?人間が食うべきか?
それが問題だ!”
・・・といった悲惨な状況をも生むだろう」
などと書いたことがあったが、
既にそうした問題が我が国を席巻し始めている。

たとえば、チーズ不足も、その一つ。
最近、中国人民の食が欧米化したため、
中国でのチーズの消費量が爆発的に増加して、
我が国の輸入チーズ量が激減したせいで、
価格がメッチャクチャ高騰している。

よく行くスーパーでは、
これまで買っていたプロセスチーズのサイズが、
一回り小さくなっているものさえある。
(サイズが小さくなっていても、値段はこれまでと変わらないから、
なぁ~~~んだか分からない内にシッカリ損してる・・・んだけど、
気がついてる人はどのくらいいるだろう?)

先日、私の大切な友人の『ウェディング・パーティー』を
開催させて頂いたレストラン『シェ・ダイゴ』のオーナーも、
いろんなテレビの取材のたびに、
「正直、本当に困っています」
なんて愚痴っていたほどだ。
ちなみに、『シェ・ダイゴ』の看板メニューは、
何と言っても、『チーズ・フォンデュ』!
だから当然、『シェ・ダイゴ』にとっては、
チーズはお店の生命線とも言える訳で、
今回のこのチーズ不足という事態は、
実に深刻極まりない大打撃な問題なのだ。

何が言いたいか?・・・と言えば、
こういう事態を引き起こしているのは、須らく、
中国人民の莫大な人口に起因しているということ。
その人口たるや、約14億人と言われているけれど、それって、
世界の総人口の2割をゆうに超える。
いわば、世界の5人に1人は中国人なのだ。・・・恐るべしっ!

つまり、中国の人口は、世界の大いなる脅威でもあるのだ。

しかぁ~~~し、
だからって、こういう悪徳な大量虐殺でもって、
人口を減らしてもらっても困るわけで。。。

・・・というか、
(いまだに人肉を食ってる連中に、何を言っても仕方ないかもしれないが)
とりあえず人民同志達を次から次に殺す目的が、
只単に人口減らすためじゃなくって、
その臓器を切り売りして儲けるためって、
・・・・・というか、それが国家の目的として掲げられてる国って、
・・・・・どぉ~~~よ? ちょっとぉ~~~!
(不気味過ぎだからっ! 気持ち悪いなぁ~、もぉ~~~っ!)

 

以下は、記事抜粋。
    ↓

国際人権擁護団体『アムネスティ・インターナショナル』は、
中国で年間、死刑囚5千人以上が処刑され、
世界の91%を占めると指摘。
親族に通知せず囚人の臓器を摘出、
外国人患者に高値で移植売却する事実を暴露した。

英紙『ザ・オブザーバー』は、
中共軍部の病院が、麻酔状態で死刑囚から臓器摘出後、
囚人をそのまま放置して自然に死亡させると報道している。

一方、『韓国聯合ニュース』によると、
韓国警察は16日、ネット上で末期肝臓ガン患者を募り、
中国での臓器移植を仲介する違法ブローカを摘発した。

容疑者の証言から、
中国の病院から高額のマージンが支払われることが明らかにされている。

人権団体によると、
1999年7月から、中共政権に弾圧されている
気功集団『法輪功』の学習者が、迫害により、
現時点で約2,808人の死亡ケースが確認された。
死亡した学習者の一部は、臓器が摘出され、
移植用として違法売買されたという。

広州市の郝潤娟氏は、
広州白雲看守所で22日間拷問を受け続け死亡した。
遺族には通知されず、遺体対面時、既に解剖されていたという。
内部情報筋によると、広州市刑務所の一部では、
医者が「腰を殴るな、腎臓は役立つから」と拷問を指導したという。

(06/01/27 15:07)


スポンサーサイト
コソコソ・・・やりたい放題か?

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060219/K2006021900071.html


このニュースを見て、
「ふぅ~~~ん、日本も女性の苛酷な労働環境改善に向けて、
本気で取り組もうとしてくれてるのかなぁ?」
とか、
「女性の地位向上に一石を投じてくれて有り難いことだ」
などと思う人もいるかもしれない。

しかし、もっと身近な真実の現状を見て欲しい。

女性の労働環境が他の先進国並みに優遇されているのは、
日本では公務員とその天下り先くらいなもんだ。
(中には、環境整備に取り組んでいる企業もあるにはあるが、
それが正常に機能していると言えるのはほんの数%に過ぎない)


多くの民間企業では、いまだに、男性優位主義が横行していて、
その中に身を投じざるを得ない女性達の多くは、
「結婚か?仕事か?」
「出産か?仕事か?」
「育児か?仕事か?」
「男か?仕事か?」
・・・など、
殆ど50年前の社会概念を無言の内に押し付けられたまま、
制度だけが一人歩きして浮きまくってるじゃないの?

企業は流行り物が大好きだから、『成果主義』だなんだって掲げて、
実績を上げない社員達には見向きもしない。
だから、当然、
「出産したいので産休ください」
だの、
「子供が病気なので休ませてください」
だのと御託を並べて業績に貢献できないような女性社員は、
排除されかねない環境が殆どと言って良い。

だから、苦悩しつつも、結婚を思い留まったり、
熱のある子どもを家に置き去りにしたまま、後ろ髪惹かれつつも、
仕事に出かけなきゃいけなかったり、
・・・本当に辛い思いを経て、人生を歩んでいるのだ。

只でさえ、企業は、正社員を最低限度まで削減(=首に)して、
その他の労働力は、派遣で賄おうと考えている現状がある。
(日本で一番コストのかかる人件費=固定費を
出来る限り削減したいからね)

そんな状況下で、女性だって、
折角掴んだ職を首になりたくないわけだし、
(子供を産む必要のない男性は別として)女性は、
前述したいろんな選択肢を前にして、
マジで深刻に悩まざるを得ないのが普通なのだ。

・・・が、しかし、公務員及びその天下り先の連中達は、全く別格だ。
民間企業のように利潤追及なんかサラサラ思ってないわけで、
効率的な業務なんて全く模索してないから、その分、
女性も伸び伸び?と仕事が出来てる。

例えば、出世の機会も給料も発言権も男女同等だし、
長期夏休み・(春休み)・有給休暇の他に、「家族が病気で」とか、
「介護があって」とか、すぐに嘘八百だと判る理由を何度も使って、
平気で休み放題だ。

更に言えば、
(伸び伸び?と仕事の出来てる)彼女達の給料や退職金たるや、
民間企業の(アクセク働く)男性のソレと比較してみれば、
根拠不明だけど、何故かかなり高い・・・のよね!

実に、、、不思議だぁ・・・!
下僕の方が楽して金儲けしてるのよね。。。
(税金支払って生きてる方が、その税金貰って生きてる奴等よりも、
貧乏なんだもん。変なのぉ~)

そんな国にあって、こうした法案が何気に何の議論もないまま、
スンナリ通っちゃうって~のが釈然としない!・・・わけですよ。

つまり、民間の庶民が救われるような施策になら、
税金投入はやむを得ない!・・・と思えるけど、
全くもって、そうじゃなくって、
公務員やその天下り先を今以上に優遇しようという施策には、
絶対税金使っちゃ~いかん!・・・と思うわけです。

只でさえ、民間よりも、断然優遇されてるわけだから!


ちなみに、日本学術振興会は、
文部省中心の天下り先としては、かなり有名。
      ↓
http://www.kyudan.com/opinion/amakudari.htm


思わぬサプライズ。

t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、 『野の草(wild flowers)』の日だったのね。
花言葉は、自然の懐かしさ 。

http://www.nnh.to/02/17.html


野の草・・・といえば、タンポポだとか、アカツメクサだとか、野イバラだとか、
ヘラオオバコだとか、チョウジソウだとか、・・・そういう野花を想像するけど、
今日、私の元に届いた花は、
そうした野花とは一線を画す高貴な貴婦人のようなバラの花だった。

その花はクリアな密閉ガラスのケースに生けられていた。

思わず、溜息の出る美しさ。。。
その甘い香りがガラスケース越しに漂ってきそうなほど。
・・・それにも増して、そのガラスケース越しに、
逞しく生きる花の強烈な生命力が伝わってくる。

まるで、贈ってくれた友人の心を写す鏡のようだ。


私の仕事部屋に、大切に飾っておきます。

ありがとう~♡Dear, my friends.


ベネフィット。

は然程売れないのに、コンビニのおにぎりはドンドン増えていて、
何と今じゃ1日1,000万個も売れている。
同様に、食パンは伸び悩んでいるのに、
ディズニーランドとか有名レストランなんかで食べる
メニューとしてのサンドイッチは益々増えている。
また、野菜はなかなか売れないのに、
30品目『RF1』のサラダは飛ぶように売れている。

いわゆるこれが、単に『モノ』を売ることから脱却して、
情報やコンテンツという付加価値
をプラスした売り方
・・・ということになるんだけど、
これは結果的に言うと、メーカーにとってはチャンスロスでもある。
だって、おにぎりだけじゃなく、の方も売れてくれた方が、
サンドイッチだけじゃなく、食パンの方も売れてくれた方が、
サラダだけじゃなく、野菜の方も売れてくれた方が、
絶対間違いなく作り手は儲かるんだから。
同時に、そこから派生して、それに関わる流通関係者の懐も潤う。
(・・・で、ついでに景気だって良くなっちゃう・・・って~のは言い過ぎ?)

だけど、問題は、胃袋の許容量だ。
1人の人間が1度に食べる量には限界がある。

これまで通りにおにぎりを食べながら ご飯も1膳食べたり、
これまで通りにサンドイッチを食べながら食パンも食べたり、
これまで通りにサラダを食べながら野菜料理をもう一品食べたり、
・・・なぁ~んてことは到底無理な話というもの。
(こんなことし出した日にゃ、世界中が肥満で悩むことになってしまう)

だから、を売るためには、
コンビニのおにぎりと競合しないということが大事。
つまり、パン食の人とか、麺類を沢山食べてる人とかに照準を当てて、
パンや麺の替わりにを食べてもらえるように啓蒙していく
ということになる。
食パン野菜も同様。
米や麺好きの人に照準を当てて、そこから食パンにシフトしてもらうよう、
また、野菜を殆ど食べない人に照準を当てて、
野菜の美味しさを訴求したり、
そういう風にして、各業界は、総じて言えば、
同カテゴリーに遜色の無いように、物を売っていく工夫をしている。

しかし、(同じ業界にいながらも)各メーカーは?・・・と言えば、
自社商品が同業他社商品よりも売れてくれなければ困るのだ。
プリンタなら、キヤノンはエプソンに、
シャンプーなら、花王は日本リーバに、
ビールなら、アサヒはキリンに、・・・・・・・・etc.
それぞれが同じパイを食い合っているわけだから。。。

そういう意味では、各メーカーの創るブランドイメージというのは
凄く重要だ。
競合他社(商品)との差別化を明確にした上で、
自社ブランドイメージを大きく掲げつつ、そのブランドイメージに伴う、
情報やコンテンツという付加価値
プラスした形(冒頭でも言ったけど)で訴求していかなければ、
商品は売れないからね。

別の言い方をすれば、私達消費者は、商品自体よりもむしろ、
そういうブランドイメージ情報やコンテンツという付加価値
左右されてモノを購入してることになる。
否、更に言えば、モノというよりも、
そのブランドイメージ情報やコンテンツという付加価値自体を
購入している場合もあるかもしれない。

例えば、クリニックを選ぶ時はどうだろうか?
(ちょっと飛躍し過ぎるかもしれないけど、
クリニックは、医療技術という商品= モノを売っている。
じゃ、クリニックブランドイメージってなんだろう? 
極一般的には、「有名医科大学出身」ということか?
はたまた、「マスコミで有名な先生」ということか?
そうではなくて、「近所でも有名な人情家の先生」ということか?)

私にとって、行きつけクリニックブランドイメージは、
「イケ面ドクターに癒される」・・・ってことかな?

・・・でもって、情報やコンテンツという付加価値って何かといえば、
私の場合、近所に何軒かあるクリニック比較して、
「ほぼ同レベルの医療技術だな」・・・と感じたら、
★医者は、こちらの質問に対して、
    如何に分かり易く端的に説明してくれるか?
★医者は、どんな些細な疑問に対しても、
    親身に耳を傾けてくれるか?
★医者は、こちらが納得するまできちんと検査して調べてくれるか?
★受付のオペレーションに無駄が無く、明朗快活か?
★受付が状況に応じて臨機応変に対応してくれるか?
以上のポイントが高いこと。
なんてったって、癒してもらいに行ってるわけだから。。。

・・・ということで、本来医者嫌いで有名な私でさえも、
「なぁ~~~んか、疲れが取れない日々が続いてるし、
もう何年も人間ドックに行ってないから、いっちょ行ってみるか」
なんて重い腰上げちゃうくらいのクリニックじゃなきゃダメなのだ。

というわけで、久し振りに、
イケ面ドクターの甘いマスクに癒されに、
行ってきたわけよ。特に病気でもなんでもないのにね。
(↑ブランドイメージ情報やコンテンツという付加価値
それだけを購入しに・・・)

「血液検査してください!」
と私が言うと、
「特に気になっている点はありますか?」
と聞かれたので、
「それがよく分からんので、調べて欲しいと思ってきました」
と答えた。

それが2週間ほど前。

「2日後には結果が出ますから、・・・」
と言われてたのに、ずっと放置プレイ。。。
(だってさ、何度も言うけど病気じゃないんだもんネ・・・)

・・・で、今日ようやく行くことが出来て結果確認をば。。。
「血液サラサラで、殆ど問題は無いですね。
ただ一点、肝臓が悲鳴を上げていますよ。
お酒の量を少し減らしましょう」
と言われてもぉ~~~たやんけ。。(`□´ノ)ノ ひぇぇぇぇぇー!

「私に、死ねと・・・?!」

ご存知の方々も多いかと思うけど、
私から酒を取り上げたら、何も残らんのよ!!!
・・・っつ~か、私にとっちゃ酒は命に火を灯すガソリンだから!!!
いや、オアシスだから!!!いや、恋人だから!!!

・・・・・と言いつつも、・・・・・仕方ない。
(↑結局、軟弱な私・・・・・)
早速、量を減らしてみたんだけどさ、眠れないんだけどぉ~~~?
朝は、6時半にゃ起きないといけないのにさ、
全く睡魔が襲ってこないんだけどぉ~~~?

これじゃ、逆に睡眠不足で病気になっちゃいそうだよ。


選べない不幸。

「もっと報道すべきことがあるだろっ!?」
と頭に来ちゃうので、(普段から元々あんまりテレビを観る方じゃなかったけど)
ついに最近じゃ、ニュースさえも観たくない。 新聞だって同様だ。

何処の局も、金太郎飴みたいに同じような低レベルネタを
駄々流しにしてるだけ!



とりわけムカつくのは、
どぉ~でも良い芸能人達のどぉ~でも良い近況報告だ。
朝っぱらから見せられるとテンション落ちまくるので、
ついつい、好きでもないNHKにチャンネルを回さざるを得ないじゃないか!

・・・で、考えたんだけど、こういうお子ちゃまネタは、
『芸能ワイドショー』というカテゴリーを別枠で設けて、
『ニュース報道』と同枠で扱わないということにしたら、どぉ~なのか?
同様に、スポーツの話題も『スポーツニュース』って~別枠で、
全く切り離して報道したら良いと思う。
(一部こんな感じで報道してる局もあるにはあるけど、
全てにおいて徹底させるわけ)

だって、その方が、圧倒的に合理的じゃん?
「芸能スキャンダル大好き!」って人は、『芸能ワイドショー』。
「野球の結果は?」「オリンピックは?」って人は、『スポーツニュース』。
純粋に社会情勢とかが気になってる人とかは、『ニュース報道』。
・・・って風に、ピンポイントで番組選択して視聴できるもん。
これで、我慢して観たくもないプログラムを見せられ続けることから
解放される!  ・・・と思ったら、こんな幸せなことはない。



一方、ライブドアネタも似たようなものだ。
何週間も前から繰り返し同じネタをアレンジして見せてるだけで、
よく恥ずかしくないもんだ。 ったく厚顔無恥過ぎるっ!
(というよりも、かつてナチスドイツが行ったプロパガンダ手法を
そのまま忠実に真似してるだけじゃん?)

『嘘を百回言い続けることによって、民衆はそれを真実と思い込む』
『しかし、それだけでは十分ではない』
『更に、1,000回、いや2,000回と言い続けることによって、
民衆はもう、それが嘘だろうが真実だろうがどぉ~でもよくなってしまう』
『そうして、民衆に思考する余地を与えないことこそ、
政府にとって最も好ましい国家と民衆の在り方だ』

こうした報道統制が敷かれてしまって、
一般マスコミが体制側の主導下にある以上、
我々一般民衆は、真実を知ることなど許されないわけで・・・。
だから、そこからちょっとだけスピンアウトしたような異端派マスコミの
情報通と言われている人達のネット上の発言を垣間見ては
自分なりに憶測を巡らせるしかない。



そういう感じで、どのチャンネル回しても、
ニュース報道とは名ばかりで、到底ニュースなんて呼べる代物じゃない、
ステロタイプでバカの一つ覚えの嘘八百ばかり流してるんだったら、
いっそ、全局を1つに纏めちゃった方が早いんじゃないか?
その方が、
(あたかも視聴者に選択の余地があるかのように見せかけて、
チャンネル数だけいっぱい増やしてくれたおかげで、
スッカリ騙された視聴者が
思わず何度もチャンネルを回しちゃう無駄も省けるし)、
断然効率的じゃ~ないか?  ・・・なぁ~んて思ってしまう。

だって、これじゃまるで、共産主義国家や独裁主義国家と同じじゃん?
(そもそも、民主主義国家なんて幻想にしか過ぎないとは分かってるけどね)

・・・とは言っても、読みたい書物さえ読めない中国や、
CIAやFBIがでっち上げた壮大なテロ物語をまだ信じ込まされ続けてる
アメリカみたいに、・・まだなってないだけマシなのか?
(特に、アメリカのオールドマネーに言わせれば、
「マスコミは、様々な意味で、極めて儲けの大きい魅力的な相続財産」
らしいから・・・。
・・・権力者の持ち物という認識じゃ、日本も似たようなモンだけど?)



しかし、こう観たくもない番組ばかりを並べられると、
近所で競合し合ってる量販店を彷彿とさせられてしまう。
・・・1店舗ずつを見ると、イロイロと品揃えは揃ってるんだけど、
競合他店舗との差別化が全く行われていない。
全く同じ販促ツールによる陳列演出、殆ど同じマーチャンダイジング、
大して変わらない価格訴求、相変わらず高いとは思えないスタッフ教育、
・・・特に目新しいユニークさなんて微塵もない。

価格訴求も勿論そうなんだけど、(まずは顧客のウォンツ把握と、
それを的確に反映させる店舗運営コンセプトや最適でタイムリーな)
オペレーションやサービスの質にサプライズが見込めない以上、
何処の店舗に行っても、金太郎飴と同じで退屈なだけだ。


小春日和とはいいません。

スクラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掃き溜めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はさ、ポカポカ暖かくって・・・というよりは、
暑過ぎだろっ! なぁ~んて、ツッコミ入れたくなるような春のような日だった。
・・・のは良いんだけど、
いつもの調子で厚手のコートを着て出かけちゃったから、
荷物になるわ、邪魔だわ、・・・もぉ~~~大迷惑!!!
(↑って、誰の迷惑だよ!・・ハイ、電車で私の隣に座った人のです<m(__)m>)

それは良いのだけど、クライアントのひとつ、
某出版社から、某東京ビッグサイトで開催される
共通チケットを沢山頂いてしまった。
      ↓
『JAPAN SHOP 2006』→http://www.japan-shop.jp/
『建築・建材展 2006』→http://www.ac-materials.jp/
『RETAIL TECH JAPAN 2006』→http://www.retailtech.jp/
『IC CARD WORLD 2006』→http://www.iccard.jp/
『SECURITY SHOW 2006』→http://www.securityshow.jp/
『フランチャイズ・ショー&ビジネス・エキスポ 2006』→http://www.franchiseshow.jp

これは、もぉ~・・・と言うか、いつものように、
家族一同で趣くしかない!
(イベント主催者の立場の時は、首からぶら下げたカードだけでOKだけど)

むぅ~~~、嬉しいんだけど、チケット多過ぎッ!

だけど、今回は、・・・というか、ここ数年はイベントがリダクション気味で、
食傷気味だった私だったけど、最近はどうやら、またまた復活の兆し有り!
・・・みたいだし、気合入れて出向こうと思う。

こういうイベントって、某超~有名な工務店が代理店と癒着してて、
いつもの担当者が出てくることもシバシバだ。
・・・今年はどうなのか???
(たぶん、その担当者達は今回の担当者達の上司になってるか?
はたまた、独立して工務店の仕事分けてもらってるか?
・・・どっちかだと思うけどね)
    ↑
公務員の天下りは絶対に許せないけど、
こういう民間のささやかな助け合いはホンワカ気分になるもんね。(ッテ、エッ?)


といういわけで、帰宅途中の写真をアップして見ました。(←特に、根拠なし)

 


乙女の思い。

ちょっと、世の中、騒がし過ぎなんだけど?
「なぁ~~~にが、バレンタインだ!」

 

お菓子業界はもとより、飲食業界、服飾業界、保険業界、通信業界、
・・・etc.  全く節操がないっ! っつ~か、
もぉ~~~欲の皮突っ張っちゃって、
「この際、何でもイイからこじつけて儲けちゃった方が勝ち」って感じ???

踊らさせる国民も国民で、実に情けないっ! っつ~か、
見てて、腹立たしいくらいだ。

神聖・・・って、何?

八百万の神の伝統を、(女系天皇問題に関して)
今の社会に反映させることの出来ない国民性が露呈されてる。

神聖・・・は、喪失されたのか?

日本って、つくづく、
(大人になれない大人の)お子ちゃま天国だと思うなぁ・・・。
オマケに平和ボケだし・・・。

jijo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

burauni

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・って思う私に対して、毎年謀反を起こすのは娘達。

今夜は徹夜やかぁ=======っ?
(写真は、チョコブラウニー製作中の次女の後姿
       &焼き上がったばかりのチョコブラウニー)

 


ま、勝手にやってくれ!

消費意欲こそが国家を担うのだから。


この日を忘れない~!

昨日は、「私を幸せイッパイにしてくれている大好きな友人」の、
(極親しい関係の友達主催の)ウェディングパーティー開催日だった。

籍は入れたものの、
「結婚式も披露宴もなぁ~んにもしない」
という友人の言葉を受けて、有志達数人でパーティーを企画したのだ~。

新婦は、キラキラ輝いてて最高に美しかったし、
新郎は、彼女のナイトそのものだった。

ムフフフ...幹事の1人を勤めさせてもらった私が言うのもナンだけど、
もぉ~それはそれは盛り上がっちゃって、大成功だった~~~♪

思い起こせば、もう昨年末辺りからイロイロと企画はしてたんだけど、
参加者の人数とか、予算の都合とか、ナンダカンダ紆余曲折あって、
当初やるつもりだったビンゴゲームも没になっちゃったし、
結局大した企画を組めなかったんだけど、
(だから、パーティーを無事進行出来るのかどうか?かなり心配してた
・・・にしては)中弛みすることもなく、和気藹々と、・・・というか?
特に『新郎新婦に対する質問コーナー』って~のが大ウケしてくれちゃって、
何とかホッと胸を撫で下ろすことが出来た。

この『新郎新婦に対する質問コーナー』というのは、
受付の際、ゲスト全員に質問カードを手渡しといて、
「何でも良いから、新郎新婦に聞きたい事を書いてください」
とお願いして、それをあとで回収して、二つに折って何が書かれているのか?
どこから見ても誰にも分からないようにして、バスケットの中に入れとくのよね。
・・・で、そのコーナーが始まったら、
新郎新婦にバスケットからひとつずつピックアップしてもらって、
司会者がその質問カードを開いて読み上げ、
新郎新婦がそれに答えるという単純な仕掛け。
ただし、新郎新婦には拒否権はなくって、どんな下世話な質問にも
必ず答えなきゃいけないって~のが、ミソ!

つまり、極身近な友人だけのパーティーということもあって、
当然、下ネタ超~~~満載~~~!

だもんで、その余りに過激な質問に対し、
適当に誤魔化そうと必死の新郎新婦の答えには、
たちまちゲスト全員から強烈なBOOINGが巻き起こった。

『茶化したり話題を変えようとして何とか逃げ切ろうとする』新郎新婦
         vs
『納得イカない答えにはシツコク食い下がる』ゲスト達
・・・まさに手に汗握る白熱した攻防戦だった。

というわけで、新郎新婦はイロイロと大変な思いをしたかもしれないけど、
私達幹事も含めて、ゲスト全員が、
幸せいっぱいの2乗くらい幸せになっちゃって、
無事パーティーを終えることが出来た。

改めて、新郎新婦に祝福を・・・。
おめでとぉ~<(゚ー^)ノ^*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆
・・・何だか、まだ余韻が。。。




※このパーティーが大成功した最大の理由は、
 私と一緒に幹事を務めてくれた友人Hの功績以外にないと思う。
 この場を借りて、心から感謝! 
 イロイロと面倒なこと引き受けてもらって、本当にありがとう。


欲がつっぱてる分・・・。

今朝・・・というより、もう既に昼近くになってから起き出して、
リビングへ行ってみると、娘達が、昨夜の残りのグラタンをチ~ン♪して、
ガッツイてるじゃん。

(250g入り)ペンネを3袋も使ったから、12人分くらい作った筈だ。
・・・にも拘らず、残りはあと僅かに!

マジですかぁ~~~っ?????

そういう私の狼狽しきった気配を察して、娘が言った。
「あ、ママ、おはよ! ママも食べる?」

当ったり前だろうがぁ=========っ!

というわけで、何とか朝ご飯・・・というか?
ブランチを確保することに成功した私は、超~ご機嫌で、
「やっぱ、美味いわぁ~♡」
と手前味噌並べつつ、何気に、次女のおデコに手を当ててみた。
(昨日からチョット風邪気味だったのよね)

すると、、、
な、なんじゃ====っ、こりゃぁ====っ!!
メッチャクチャ熱いじゃん!!!

早速、体温を測らせてみると、38.2℃!!!!!
すぐさま、アイスノン宛がって寝かせつけ、
風邪には、何と言っても水分補給が第一! と思った私は、
長女にポカリを買いに走らせ、その間、
とりあえず野菜ジュースをガッバガッバと飲ませてみた。

しっかし、何でさぁ~、
いつもいつも、病院が休みの時に限って熱出すかなぁ~、ウチの子は。

それはまぁ~良いんだけど、数時間後、
「ハラヘッタァ~!」
と(さっきまで熱のせいで熟睡してた)次女が起きてやって来たので、
ソッコォー消化の良い饂飩を作って食べさせてみた。
半熟卵とワカメ入り~♪(葱切らしてたんだよネ・・・ザンネン!)
・・・アッという間もなく、ペロリ。
(そういえば、朝のアノ食欲も見事なもんだったな・・・)
とても、高熱出してる子供とは思えんのだが・・・?

・・・と思いつつも、更に、水分補給もガッバガッバと。。。
そんでもって、熱を測らせてみると、、、38℃。
うぅ~~~ん、ちょっとしか下がってないぞ、こりゃイカン!
なので、市販の風邪薬を飲ませてみた。

だけど、根っからバカだからなのか?
このくらいの熱じゃ、全く憔悴する様子も見せず、
普段と変わらぬハシャギッ振りの次女。・・・が、しかし、、、
「だから、早く寝ろぉ==============っ!」
と鬼の形相で怒鳴った私の声が早いか、飛ぶように布団に戻っていった。

そして、夕方、再度、熱を測ってみると、37.2℃。
・・・ウンウン、まずまずだ。
が、、、ここで気を抜いちゃぁ~元の木阿弥~!
でもって、私達の食事とは別に、餅入りのお粥を作ったら2杯オカワリだから!
・・・そりゃま、イイんだけどね、
すぐに市販の風邪薬を再度服用させたから、
今のところは大人しく寝てる・・・筈。

てなわけで、今日は、ず~~~っと次女を看病してて、
その合間に、イロイロと情報収集して遊んでたのだ。


中でも一番謎だったのは、
「なんで、『安晋会』に、
     どこのマスコミも触れないのか?」

って~こと!

アソコをつつけば、安倍晋三官房長官と、
(その後援団体『安晋会』の理事だった)『エイチ・エス証券』野口副社長との
関係も明らかになるし、殺された所以も露呈されてくるし、
『ライブドア』執行役員副社長の大塚哲也氏が、
実は関西系暴力団組員だったということとか、
(覚醒剤で逮捕された中山諭の)『ダイナシティ』、
(杉田かおると離婚した鮎川純太氏も関わっていると言われる)
インチキ新興宗教まがいの経営コンサルタント会社『慧光塾』、
『ヒューザー』小嶋進社長、『穴吹工務店』、『サイバーファーム』、
『サイオン』、『エアードルフィン』、『インデックス』、『アイ・シー・エフ』、
『サイバーエイジェント』、『光通信』、『USEN』、『楽天』、『サイバード』、
東亜銀行系の『ゲインウェル』(元和光証券)、
ひいては村上世彰氏や、『東京三菱UFJ銀行』、
山口組直参とか稲川会とか会津小鉄会、北朝鮮系組織とか中国系組織、
自民党有力議員達(伊藤は当然だけど武部や竹中とか)まで、
丸裸に出来る可能性も出てくるのに・・・。
・・・というか、
コイツ等の癒着や、我々の血税の注がれてる経緯に関して、
如何に馬鹿げた事態になっちゃってるのか?
 解明できるのに・・・。

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/abe_a30e.html

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-new.htm

ハイハイ、、、だから、報道規制してるのよね、きっと。。。

しかし、、、いいのかなぁ?
こんな犯罪者連中に日本の政治を任せといて・・・???


なぁ~んて、一人ぼやいて呑んだくれるのさ、今夜も。


未開拓地へ・・・。

かつて、私がまだ中学生だった頃、すっごくスィートな女の子を比喩して、
「あの娘は、お砂糖で出来ているのよ」
ってな文章を読んだことがあった。

それで、突然憧れたわけ!
「お砂糖で出来ているような娘になってみたいっ!」・・・と。
甘ぁ~~~くて、まるで絵本に出てくる妖精のような存在???

しかし、案の定、結論から言えば、
「お酒で出来ているような娘(←永久の18歳だから)になってしまった」
おさぁ~んで、まるでオカルト映画に出てくるような魑魅魍魎のような存在???



しかし、(誤解の無いように言い足しときたいんだけど)私は、
もちょっと複雑な生き物であって、
いつか打ち明けたことがあったかもしれないけど、
私は、お酒の次に、淡水化物(←シェアNO.2)でも出来ている。

そう、毎日3度3度食べても全く飽きることのないのは、
ふっくら白ご飯(は、勿論、炊き込みご飯、お寿司、チャーハンetc.)、
麺類(蕎麦、饂飩、焼きそば、マカロニ、スパゲティetc.)、
お餅(カリカリに焼くのが一番だけど、磯辺焼きにゃ目がないぜ!)、
パン(エピみたいなカリカリに弱い私・・・でもフワフワに柔らかいのも好き)
・・・などなど。。。

あぁ~~~、思い浮かべるだけで、もぉ~~~食欲再来襲~~~!
(おかずやトッピングなんて、二の次なのだ・・・きっと)



今朝も、いつものように具沢山の味噌汁&納豆で炊き立てご飯を食べ、
昼は、丸の内にある(大阪では老舗の) 『インディアン』でカレーを食べ、
夜は、三越で『恵方巻き』を買って帰り食べた。
・・・ちゃ~~~んと、家族全員、東南方向を向いてネ~♪
(写真、また撮り忘れたぜ<m(__)m>・・・即ガッツク癖は直らねぇ~)

・・・でもって、「うぅ~~~ん、今日は、麺類が足りないな!」
と、夜食にラーメン食べたりね。。。
(最近は、娘も一緒に食べてる・・・)



良いのだろうか?
・・・・・こういうことで。。。

いや、良いのだ!!!!!!!!!!

だって、幸せなんだもぉ~~~ん♪



だが、、、しかし、かつて、キリストは言った。
「人は、パンのみに生きるに非ず」と。。。

本来、人生におけるベネフィットとは何ぞや?

食うことで満足するだけでは哀し過ぎる!



という訳で、
本日、目出度く目新しいプロジェクトの依頼を請け負うことになった。
私にとっては、全く新分野なのだが、そういうことメロメロ大好き!
・・・なのよね、本能的に。

そもそも、イチから勉強しないといけない事態に
自分を追い込むのがメッチャクチャ大好きなのだ。。。
(だって、世界が、GU=============Nと広がるもんネ~♪)



ということで、新たなプロフィットの起爆剤になり得るか否か?
・・・今後の自分がチョット愉しみな今日この頃。。。


※ちなみに、私は、キリスト教大嫌いの、
  ムシン教ですので、悪しからず!!




プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。