FC2ブログ
虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
公立学校への信頼は地に落ちて久いからなぁ・・・。
つい先日、小学校を卒業したばかりの次女が、
数ヶ月前から、もぉ~~~メッチャクチャしつこい!
「ママ、この通り、お願いですから、塾に行かせてよぉ~! 
私、○○高校に行きたいのぉ~~~!
中学校の授業だけじゃ、絶対に入れないんだから・・・」


フン、分ったようなことを抜かしよる・・・。
ガキの分際で生意気な!

「そもそも、んな金がどこにある?!
自慢じゃないが、ウチは超~貧乏なんじゃ!!!」


・・・・・だから~、
同じ小学校の女子のほぼ半数が私立の中学に進学したことを
ブチブチ愚痴られた時だって、
「ウチが貧乏なせいで、私立に行けなかったことがそんなに悔しいなら、
その悔しさをバネに、自力でソイツ等よりも上等な大学に進学して、
んでもって、スッゴイ社会人になって大活躍して、見返してやれば良いんだ」

って言いくるめたし。。。

それでも食い下がってきた時は、
「ママの育った家も超~貧乏だったけど、塾なんて通わなくても、
チャ~ンとそれなりの高校に進学して・・・・・云々かんぬん」

という感じで、私がいつもの説教を始めれば、流石の次女も、
「あぁ~~~、もう分かりましたから~! その話は聞き飽きたぁ~っ!!」
って諦めて、自分の部屋へ逃げ帰ってくれたもんなのだった。

・・・・・っつ~ことで、
これまでは、何とかカンとかお茶を濁してやり過ごしてきたんだが、
ここにきて、毎日私に付きまとうように連呼するので、
好い加減、もぉ~ウンザリ~~~、私の方が、聞き飽きたぁ~!!!
・・・というか、耳のタコにタコが出来た!!!


おまけに、今回は、こんなカードまで切ってきたし・・・。

次女の言葉


「大学までケータイはいりません」
って、どういう意味なのか?・・・と問い質すと、
「ウチが貧乏なのは百も承知だけど、もし塾に行かせてもらえるならば、
中学生になったら持たせてもらう約束だった携帯電話は、
大学生になるまで要りません」

ということらしい。

しかも、
「もし、○○高校に進学できなかった時は、腹を切る覚悟です。
そのくらい真剣です」

ということらしい。



ふぅ~~~ん、費用対効果を100%保証するというのだな?

「・・・仕方ない。。。」



・・・・・というわけで、
結局、次女の要求を飲むことにした私って、
やっぱ、、、バカ? バカ? 親バカァ=============ッ???



おまけに、私がOKした途端、入塾申込書がサッと出て来るところなんざ、
用意周到というか?・・・次女の戦略勝ち???

スポンサーサイト





プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード