虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏は、やっぱり・・・♪


今日は割りと涼しかったもんで、
「久々に調理に時間かけても良いかなぁ~?」
って思い立ち、今年もまた去り行こうとする夏を惜しんで、
 

カレーェ~~~~~~~♡  


手順は以下の通り。

    ↓

①玉葱を5~6個、バターで飴色になるまで炒めて、
 ニンニク・生姜・青唐辛子の微塵切りを加えて更に炒めておく。

 ★何と言っても、これこそが美味さを決める決定打~!
   だから、決して焦がさぬように、(トイレも我慢してw)
   小一時間かけて付きっ切りで炒め倒すのだぁ=====っ!

飴色の玉葱


    ↓ ↓ ↓

②バターをたっぷり溶かして小麦粉を炒め、小麦色になったとこで、
 ガラムマサラ・ブラックペッパー・サフラン・カルダモン・ターメリック
 ・コリアンダー・クミン・フェンネル・カイエンペッパー・オレガノ などを混ぜて、
 コンソメスープでゆっくりのばしたら、
 ①と(ぶっ潰した)完熟トマト・ウスターソース・梨の擂り卸汁を加える。

 ★スパイスは、お好みで、家にあるモノでOK~!・・・というか、
   好きな感じにお店でブレンドしてもらうと良いかも?
 ★完熟トマトが安く手に入らなかった時は、ホールトマトのカンヅメでも良いかも?
   でもってケチャップをちょいと混ぜ混ぜしてもOK~♪
 ★梨がない時は、林檎の卸汁や野菜ジュースでも良いかも?
   バナナを潰して入れても美味い!

    ↓ ↓ ↓

③玉葱を軽く炒めた後、牛肉を香ばしく焼き、塩コショウして、
 赤ワイン(or料理酒)でフランべ。
 その後、人参、シメジ、じゃが芋などの順番で炒めて、
 ②と市販のハ○ス『ザ・カリー』とブーケガルニを投入。

 ★カレー粉をお好みで入れても良いけど、
   入れる前に、必ず軽くフライパンで煽って、
   練ね練りしといたのを溶き入れる方が香りが、ス・テ・キ~♡
 ★今回はシメジを入れたけど、本当はマシュルームの方がスタンダード。

    ↓ ↓ ↓

④あとは圧力鍋の威力で、カレー完成~♪

 ★この時、「じゃが芋がグチャグチャにならなるんじゃないか?」と
   ご心配な方は、予め、じゃが芋だけレンジでチョイ硬めにチ~ン!しといて、
   後で入れても可!

カレー




ちなみに、ウチはいつも、一気に10人分(以上かな?)くらい作るから、
このくらいの材料は最低でも必要~~~♪
    ↓
玉葱・・・大8~10個
人参・・・4~5本
じゃが芋・・・(幾つだろ?)大量
牛肉・・・800g~
シメジ・・・3パック
完熟トマト・・・3個
梨・・・1個分くらい


※シーフードで作る時は、予め小麦粉塗しといて、
  ヨーグルトとか、コーン(カンヅメ)とか、ブロッコリとか、葉もの野菜とか、
  いろいろと彩りのバラエティーにチャレンジしてみても美味しいかも?


今日は、じゃが芋は大袋で¥100だったし、シメジは1パック¥78だったし、
梨は1個¥88だったので、かなぁ~り経済的に出来ちゃったぁ~~~♡

でもって、メッチャクチャ美味しいのが出来たぁ===============っ!!!

皆、オカワリし放題でぇ~♪・・・当然、私もオカワリしてみたりしてぇ~♪

赤ワイン




・・・しかし~、ガラムマサラ入れ過ぎたぁ========っ!
ハヒフヒ~~~ッ!
面の皮の薄い私は、湯気上げた茹でたての蛸みたいな顔になっちゃったぁ~♪
いやぁ~~~、良い汗かきましたぜ~ぃ!


さっ、も一回シャワー浴びなくっちゃ!



スポンサーサイト
ムフフ・・・、今日は、な・な・なぁ~~~んと、、、
私の誕生日でした~~~♪

果たして、もう何度目なのか?
・・・・・・・・・・・・謎は尽きませんが、
(というか、察しの良い方は既に悪い予感がしているかと思いますが)
またまた18歳になりましたぁ~~~!ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
(今、思いっきり引きましたね、そこのアァ~タ。・・・ん?初心者マーク進呈しませう♪)

いやなにも、熱波のせいで頭がイカレちゃったわけではなくってぇ~、
ハートはいつも18歳なのよね、私。。。ッテカ、(ノ_-;)ハア…

しっかし、今日は、
嬉しいこと山盛りで、胸がキュンキュンして、天国にいるみたいな気分~♪
(お金はなくとも、超~感激ゴクラクHAPPY~になれるのネ~♡)



胸がい~~~っぱいになっちゃうような素敵なメッセージをくださった皆様、
本当にありがとう~~~!
この場を借りまして、心より感謝いたしまぁ~~~す!\(^o^)/



いやマジで、幾つになっても誕生日というのは有難いもんですネ~♡


血は繋がってないが心が通じ合ってる福井の娘から、
こんな素敵な薔薇の花束が届きました。
りり~、ありがとう~♪
薔薇の花のように心の美しい良い娘を持ったよ、
                   母ちゃんは・・・ウルウル…"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック


りり~から


私の年の数=18本あるのよん~♪

りり~から2



そして、これまた、
血は繋がってないが心が通じ合ってる秋田の倅からは、
こんなにもドッサリあきたこまちが届きました。
あべまっち、ありがとう~♪
炊き立てご飯みたいに暖かい真心を持つ良い倅を持ったよ、
                   母ちゃんは・・・ウルウル…(/_<) ナカセルネェ


あべまっちから



更に、家族からは、こんな感じで・・・。
まぶいシャツ。(仕事着に困ってたのを知ってたのか?)

シャツ


でもって、室内用靴下。(「いつも履いてるのって、ボロボロでしょ?もう捨てなよ」だとさ)

靴下


それから、『ルーブル美術館展』で買って来てくれたファイル。(一緒に行きたかったな)


ルーブル美術館展で




ディナーは、 『ダノイ』西麻布本店で・・・。
       ↓
http://www.danoi.jp/index.html

ダノイ


17年前、東京にやって来た直後、
『家庭画報』(世界文化社)元編集長ご夫妻
(後藤晴彦氏→http://shokupla.co.jp/jfcs/teacher.html
に紹介していただいて、初めて訪れた時から、
スグにこのお店の大ファンになっちゃって、
以来、何かある度にここで食事をするようになっちゃった。w

ちなみに、ここで食事してると、
いろんな有名人達とさり気に隣り合わせることも多いのよね。
(殆どは大御所的食通の方々ばかりだけど・・・)

何といっても、このお店のオーナー・小野シェフの作るトリッパは絶品!
他所ではトリッパを食べられなくなったほど・・・。
この日も、当然いただきました!

「感激ィ~!」
って思わず叫んじゃったのは、事前に伝えてなかったのに、
私のためにシェフが特別に『バースデープレート』を作ってくださって、
「お誕生日、おめでとうございます!」
って、お店のスタッフだけじゃなく、お客様も全員で拍手してお祝いしてくださったから。

バースデープレート


マジ、胸キュン!で、涙腺緩みっぱなし~~~。


最近じゃ、(一度だけ行ったことのある)高輪店の他にも、
名古屋でもお店をオープンしたみたい。
       ↓
http://www.danoi.jp/nagoya/index.html

※興味のある方は、是非、行ってみてネ~~~♪



そう言うわけで、なぁ~んだか、今、ホンワァ~カ身に余る幸せを噛み締めてます。




尊いモノ達。
私って、一度気に入って購入したモノは長ぁ~~~く使い倒す性質。

たとえば、ウチのカーテンなんか、
18歳で親元の倉敷から大阪へ出て一人暮らし始めた時に買ったのを、
いまだに使ってるし。・・・・・既に27年モノだわさ。
(というか、特に買い換えるような支障を感じない・・・程度のクオリティは
辛うじて保ってる・・・と思ってるのは私だけ?)

それに、「ま、その内痩せて、また着れるようになるだろ」
と微かな希望(というか、あぁ~勘違い?)を残しつつ捨てずにいた
(学生時代に買った)衣類も、この年になって尚時々着てるし。
(というより、娘達がしょっちゅう無断で勝手に来てる方が多いし・・・だもんで、
私の箪笥の中は徐々に空きスペース拡大中~!・・・・・着るモンないじゃん?)

鍋だとか俎板だとかの調理用品にしたって、
やっぱ、18歳で一人暮らしし始めた時のをマンマいまだに使ってるもんなぁ・・・。
(つ~か、全然壊れないんだもん!・・・だけど、
流石に年期の入ったイィ~~~色合いになってはきてるけど)

というわけで、物持ちが良い!
・・・といえば、言葉は良いが、極端な貧乏症!?モノに情が移っちゃう性格???




かたや、「コレ要らないっ!」と決断したモノ達に関しては、
全然未練を感じない性質。


たとえば、毛皮。
3年ローンで買ったけど、結局、「私が着ると、マンマ水商売」なので、
その内着なくなっちゃったから、友人にあげちゃった。
(というよりも、日本で毛皮は必要ないっしょ~。←買う前に気づけっ!)

「この鞄良いですね~!どこのブランドですか?」
って言われて、すぐにあげちゃったこともあったな・・・。
「貴女が身につけていると、良い品に見えます」
とか何とか巧いこと言われて、まんまと乗せられちゃったんだよなぁ・・・。
(本当は近所の西友でバーゲン価格・・・たぶん¥1,980くらいで購入したもんだったっけ?)

縁・・・・・も然りかも?
それなりぃ~の表面的お付き合いはあっても、
ハートの部分じゃ既に捨て去ってしまっている縁も多い。
(っていっても、殆どの場合は自然消滅していくし・・・・・仕向けてるかなぁ・・・?)

という感じで、モノに対しての執着が無い!
・・・といえば、言葉は悪いが、そぐわないモノ達とは居られない性格???




なぁ~~~んていうと、私ってモノ物持ちが良いのか?
はたまた、モノに執着しないのか?
サッパリ分からないかもしれない。・・・自分でもよく分からんから仕方ないか。

たぶん、、、シンプルに生きることが好きなのよね~、きっと。。。
自分に似合う最低限のモノしか要らない
・・・みたいな。(カッコ良く言い過ぎ?)

自分が生きていく上で、邪魔にしかならないような余計なモノは一切要らないんだけど、
自分の人生上、絶対に欠かせない必需品はメッチャクチャ大事に使うのだ。
(極めて主観的に生きてるわけネ・・・w)

だから、全く興味の持てないブランドなんかとは縁もゆかりも無い生活してるけど、
そのくせ、ボロボロになった安鞄をずっと何十年も使ってる・・・とか。



そういえば、産まれてから小学校に上がるまでずっと、
今は亡き祖母と熊本で2人暮らししてたんだけど、
近所の友達は皆、リカちゃん人形だとか、
いろいろと可愛らしい人形を沢山買ってもらってて自慢しまくり合ってた傍らで、
(んなモノ到底買ってもらえるわけない)貧乏な私は型紙で出来た着せ替え人形を、
一人大事に大事に抱きかかえて悦に入り誰にも触らせなかった。
(って、型紙で出来た着せ替え人形って、知ってる人少ないか・・・w
ぬり絵とかの最後のページに、よく付いてたオマケみたいなもので、
服やアクセサリーも当然型紙で出来てて、いろいろと着せ替えさせて遊べるのだ)

いまだにリカちゃん人形のどこが良いのか?、サッパリ分からん!
・・・・・というか、それくらい、その紙人形を愛してたのよね。マジで。。。

ところが、従兄弟の意地悪で、
その紙人形の首が折れて、いつもお辞儀してるみたいになっちゃって、
ついには千切れちゃって、・・・その時の悲しさと言ったら。。。
(号泣したのを今でも覚えてる・・・w)
だけど、祖母にセロテープでくっつけて貰って、その後も大事にしてたっけ。。。

その紙人形が行方不明になったのは、両親が私を引き取りに来て、
「これからは、家族4人で倉敷で暮らすぞぉ~!」
と言われるがまま、それまでずっと一緒にいた祖母と別れて、
急遽遠い見も知らない土地に引っ越すことになった時。

哀しかったなぁ・・・。
大好きだった祖母と離れ離れになったことも、
紙人形がどこを探しても見つからなかったことも・・・。



エ~~~ット、何の話だったっけ?
ま、そんなわけで、
一般の人達が認めてる価値基準と、自分自身の中にある価値基準って、
私の場合大きな開きがあるのかも・・・?


世間の大多数の人達が「欲しい~!欲しい~!」と騒ぎ立ててるモノに関して、
丸っきり興味が無いもんね。(ある意味、これはこれで困ったことか?)

ブランド品も、話題の新製品も、庭付き一戸建ても、名車も、ジャグジーも、
有名エステのチケットも、ボジョレーヌーボーも、名誉も、出世も、権力も、・・・・・etc.

そんじゃ、私が「欲しい~!」モノって、何だろ?
愛する人達と自分の心身共の健康、気の置けない仲間や家族と過ごす心地良い時間、
大自然の中で過ごす緩やかなひととき、海辺の温泉旅行、といえば獲れたての海の幸(特に鮑)、
安全安心な自然食、それには何てったってキレイな水と空気、美味い酒、
喫煙コーナー、辛ラーメン一年分、美味い激辛キムチの詰め合わせ、ついでに牛タン、
各駅停車の旅、ときたら美味い駅弁、子供のいる家庭に対する免税措置、
当たりの宝くじ(出来れば3億円!)、均整の取れた肉体(というより脂肪吸引手術の方が早い?)、
美味しい仕事、才能、自信、勇気、体力、忍耐力、知性、理性、信頼、思いやり、・・・・・etc.

結構イッパイあるなぁ・・・。(爆)
・・・というか、しみったれてるのばっかだな。。。



死んだ後、
「あぁ~~~、あの人は本当に不幸だったね~。
お金にも縁がなかったし、男運もなかったし、一生苦労が絶えなくって・・・」

と思われそうだ。(笑)

だけど、どぉ~なの?
「あの人は幸せだったよね。
お金は有り余るほど持ってたし、ありとあらゆる贅沢をし尽くしたんだから・・・」
って思われてた人が、実は案外そうでもなかった。実は精神的に満たされず不幸だった。
な~~~んてことはよく聞く話で。。。

本人が「心底幸せだった」と思えれば、それが一番なわけで、
世間が決めるもんじゃない。
傍目にどうのこうの言われたって、その当事者の人生なんだから、
本人が「幸せだった」と思えなきゃ、それまでだ。

やっぱ、私の人生の目標は、
「如何に幸せな最期を遂げるか!?」だなぁ~。

「人生に苦労は付き物だけど、その分、家族に愛され、
信頼できる友が出来、かけがえの無い素晴らしい時間を共有することが出来た。
皆、ありがとう~♪」
そう言って死ねるように、今日もガンバル私なのだ。




プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。