FC2ブログ
虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
責任を取ろうよ!
年金が支払われるケースの例・・・・・だとさ。
        ↓
「特に不合理な理由も無く、一応確からしい場合」

ピーマン


って、「一体全体、どんな例なのか?!」
(ムッチャ分かりにくいんだけど?
・・・というか、「何となく~」みたいな感じ???)



というか、逆に、「どういう例が弾かれるのか?!」
(ソッチを明確にしてくれよ!)



サッパリ分からん!!!

スタッフドピーマン


最終的に、何の証拠もなかった場合、
「人柄で判断」
????????????????するらしいよ。

笑っちゃうんだけど?



連中に何を見極める力量があるって言うの?

かの『リサイクル法』の時もそうだったけどさ、
“芸術品”を理解出来なかったような連中だよ?   <役人共

今回だって、
(あくまで血税詐欺集団でしかなく)人間以下としか思えないような連中に、
国民一人一人のその“人となり”なんて判断できる能力があるとは、
到底信じ難い!

従って、「人柄・・・・・云々」って如何にも曖昧至極な根拠で、
連中の極めて主観的な独断と偏見に満ち満ちた判断によって、
我々国民の大事な年金の支払いを認めるか否かを決定するなんてこと自体が、
荒唐無稽過ぎる!

ある日の夕食


だけど、こんなシッチャカメッチャカなことを平気でやっちゃう
国政を牛耳る党に、多くの国民は、またまた一票を投じるんだろうな。



これまで情報システムに支払ってきた経費総額は、
67年度からの合計で1兆4000億円だけど。
(内訳はNTTデータ関連1兆632億円、日立関連に3558億円・・・)
※ここ数年、単年度では1000億円以上のコストがかかっているとされるが、
この数字は1989年ごろには400億円程度だったから、
十数年の間に2.5倍に膨れ上がったことになる。

で、問題は、今後導入されようとしている新システムにかかるコスト。
聞くところによると、700億とも言われてるみたいじゃん?!
(責任の所在は厚生労働省・社会保険庁にあるにも拘らず、
連中は何ら、役職としての責任も賠償責任も負わないままなのに、
どうして、被害者である国民が、これを血税でカバーしてやらなきゃイカンのか?!)

・・・というか、大枚はたいて、こういうことをすることに、果たして意味があるのか???



民間じゃ、例え如何なる理由があるにせよ、
泥棒が無罪放免になることはまずない。
さらに、その後、泥棒した奴を救ってやるために、
被害者が身銭を切ってまで追加の見舞い金、
それも半端じゃない大金をくれてやるケースはまず無い!

だけど、公務員・政治家という詐欺集団に関しては、
連中の誰一人として、然るべき罪状を追求されぬまま、
誰も然るべき責任を取らなくても良くて、実質上無罪放免。
しかも、搾取された被害者である筈の国民は、その後もまたまた騙されて、
その国家的詐欺集団のために莫大な血税(血と汗と涙の結晶)を見舞ってやるわけね。



“政治家や公務員達が責任を取らなくても済む”
なんて、とんでもないシステムを作ったのは、間違いなく国民だ。

これは、つまり、国民自身が、自分達の生活に責任を持てない証拠の反映だ!





スポンサーサイト





プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード