虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志の無意味。
『プレジデント』に、
長女の通う大学の教授が面白いことを書いていた。
NHKの『試してガッテン』「脳に待った! 衝動買いドキドキ心理学」
という特集を監修した際の話だそうだ。
(↓以下、記事抜粋)

アフリカのサバンナで何万年にもわたって狩猟採集生活を行ってきた人類は、
この環境に適応した期間が莫大な長さになるのに、
ここ数百年の環境があまりにも急激に変わりすぎて、
人間の脳や頭が適応しきれない状況ができているようだ。
ストレスやその他、精神疾患などの病気も、こんなところに、
そもそもの原因があるといわれている。
現代人の多くは甘い物や脂っぽい食べ物を嗜好するが、
決して現代生活に適しているとはいえない。
だからこそ多くの人がダイエットに迫られ、しかも大抵うまくいかない。

アフリカのサバンナでは「甘く、脂肪を好む」種が生き抜いて代々子孫を残してきた。
甘い物、脂っこい食べ物はカロリーも高いのだから、当然といえば当然。
そうした嗜好を持たない者は数万年にわたって淘汰されてきた。
些細な情報に左右される衝動買いや限定品買いといった行動も、
目の前にあるものをすぐに食べるのが生存競争では必須であり、
なおかつ合理的であったことに由来する。
そうした思考ないし行動の持ち主が代々子孫を残した。
そうでなければ淘汰にさらされる。
些細な情報に振り回されるというのも、
考えてみれば原始人類は100~150人程度の限定した集団で生活していた。
その内部の情報を疑う必要もなかったので、
情報が入ってくればすぐに行動するのが当時としては合理的であった。
そうした反応が現在にいたるまで身についている。
そういった集団内の常識に縛られ、合理的な行動を起こすことをためらうのだ。


つまり、アレね、私がいつも言ってる、
「♪~分かっちゃ~いるけどぉ~、やめられなぁ~い♪」
ってヤツね。

どうしてもやめられないタバコも、
食べたい時に好きなだけ食べちゃう食い意地も、
ついつい度が過ぎちゃう呑んだくれ生活も、

体が求めているモノを精神では縛れない。

そういうことなのか?



だからさぁ~、大衆は、煽動されやすいんだな。



一体全体、DNAはどこへ向かおうとしているのか?
スポンサーサイト
魂まで持ってかれて、それで良いの?
こうした捏造データに、踊らされない国民になろうよ~♪
     ↓
内閣支持率、54.4%に低下=半数「政治主導と思わず」-時事世論調査
11月13日15時14分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000109-jij-pol

今、CIAは、日本民主党にかなぁ~り強烈なプレッシャーをかけて、
アメリカ主導(=日本国民の大事な血税をアメリカが貪り続ける方針)
必死こいて巻き戻そうとしてるんだからさぁ~。

また再び、自民党政権のように、
アメリカに言われるがままに血税を差し出す国に戻るわけ?


もう、マスコミの言うことを丸のマンマ鵜呑みにして、
我々日本国民の望むビジョンを見誤るのはやめよう~♪

だってさぁ~、今までマスコミが言ってきたことに、
本当に真実があったの?
    ↓
贅沢と浪費の日本、「食料自給率41%」は低いのか? 
11月8日18時40分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000551-san-bus_all

小麦の収穫作業。茶色く色づいた麦畑の奥には、緑色の水田が広がる=6月、
栃木県小山市(矢島康弘撮影)(写真:産経新聞)

【日本の議論】
41%―。
農林水産省が今年8月に発表した平成20年度の日本の食料自給率(カロリーベース)だ。
農水省は食料安全保障の立場から、自給率アップの必要性を説き、
「50%以上が望ましい」との目標を掲げている。
「食料安保」という言葉から「飢餓」や「飢え」という言葉が連想されるが、
果たして食料自給率41%という数値は低いのだろうか。
そもそもカロリーベースの食料自給率は「食料安保」の指標としていいのだろうか―。

「カロリーベースの食料自給率は何も意味していない」と断言するのは、
東京大学大学院農学生命科学研究科の川島博之准教授だ。
農水省の農業環境技術研究所で9年間にわたり食料問題を研究してきた川島准教授は、
世界の食料危機自体を否定している。

川島准教授は今年3月に出版した「『食料危機』をあおってはいけない」(文藝春秋)で、
これまで世間でいわれてきた食料危機説のさまざまな根拠に反論しているが、
その主張は明快だ。

「世界に食料は余っている。人口の増加などにより、将来的に需要は増えるだろうが、
予想されているほどではなく、生産量も増える。日本列島を封鎖することはできない。
だから、日本が食料不足による食料危機に陥ることはない」

各論は同書に譲るとして、川島准教授は食料自給率について、このような見解を披露する。

「カロリーベースの食料自給率は、農水省が国民の危機感をあおり、
税金から補助金を出させるために作り出した道具にすぎない」

農水省の資料によると、食料自給率とは
「国内の食料消費が国産でどの程度賄えているかを示す指標」だ。
この説明を聞くと、川島准教授の指摘は的外れのように見える。

だが、「カロリーベースの食料自給率は
(国民の)生命・健康維持にかかわる安全保障度を示している」(同課)という視点に立ち、
食料自給率の算出の仕方をよく見てみると、意外な事実が分かる。

■“摂取”か“消費”か
カロリーベースの食糧自給率は
「1人1日当たり国産供給熱量」を「1人1日当たり供給熱量」で割った数値だ。
20年度の「1人1日当たり国産供給熱量」は1012キロカロリー、
「1人1日当たり供給熱量」は2473キロカロリーだ。
1012を分子とし、2473を分母として求めたのが、
同年度のカロリーベース食料自給率である41%だ。

しかし、ここで言う「供給」とは“消費”であり、“摂取”ではないことを見逃してはならない。
つまり、農水省が算出した2473キロカロリーという数字は、
日本人1人が1日間に“摂取”した食料の熱量ではなく、
市場で商品として“消費”された食料の熱量を意味しているのだ。

■「贅沢と浪費」の自給率
2473キロカロリーには、家庭や飲食店まで渡ったものの、
調理されずに廃棄されたり、食べられずに残飯となったりした食料も含まれている。
さらに、必要以上に摂取され肥満をもたらした食料や、
フォアグラのような高カロリーの贅沢品も含まれている。

「贅沢で浪費をしている現代日本の食生活を前提としている」
と政府が発表しているカロリーベースの食料自給率の計算式に疑問を呈するのは、
NHK元解説委員で農業評論家の加倉井弘氏だ。
「たくさん浪費し、贅沢な食生活の中で、国産の食料は41%だといっているにすぎない。
食糧安保の話をするとき、われわれは贅沢三昧の生活を保障しろとはいっていない」
と指摘し、飢えを意識させる食料安保の指標とすることに反対する。

ちなみに、厚生労働省は毎年、国民生活基礎調査を実施し、
「国民1人当たり摂取カロリー」を算出している。
それによると、昨年12月に発表された19年の数字は1898キロカロリーだった。

■2000キロカロリーを分母にすべき?
それでは、食料安保の指標を算出するための分母は、何にするべきか。

農水省が18年に改正発表した「不測時の食料安全保障マニュアル」では、
「国民が最低限度必要とする熱量」として1人1日当たり2000キロカロリーの供給が
必要としている。

また、同マニュアルでは「不測時」をレベル0から2まで設定しているが、
最も深刻な事態であるレベル2は、
「1人1日当たりの供給熱量がこの2000キロカロリーを下回ると予測される場合を目安」
としている。

そこで、食料安保上、1人1日当たりに必要な熱量を2000キロカロリーとし、
これを分母にして昨年度の自給率を計算し直すと、食料自給率は50・6%となる。

農水省は「27年度に45%」「50%以上が望ましい」とし、
与党民主党は政策集INDEX2009で「10年後に50%、20年後に60%」を目指しているが、
両者の当面の目標はほぼ達成されてしまう。

農水省安全保障課も「現在公表されているカロリーベースの食料自給率は、
平常時の指標。
不測時には食生活の状況も変化するので指標として十分とはいえない面もある」
と認めている。

一方で、50%以上の自給率という目標については、
分母が2500キロカロリーの前提で出されたものであることから、
2000キロカロリーを分母にする場合、「新たな算式の下で望ましい水準がどの程度なのか、
改めて議論する必要がある」ともしている。

■「100%がいいわけではない」
カロリーベースの自給率を算出しているのは、同課が知る限りでも、日本と韓国しかない。
他国の数値は、日本の農水省が国連食糧農業機関(FAO)の資料に基づき、
独自に算出したものだ。

世界のカロリーベースの食料自給率(15年分)を見てみると、
先進国ではオーストラリアの237%を筆頭に、
カナダ145%、アメリカ128%と100%を超える。
低い方からみると、韓国46%、スイス49%。確かに、日本は先進国中、
最低水準になっている。

しかし、他国との安易な比較についても、加倉井氏は異を唱える。
日本生活協同組合連合会編による「食料自給率のはなし」への特別寄稿では
「食料自給率を100%にすることは絶対不可能(中略)現在輸入している食料を
国内で生産するには、日本列島があと3つ必要になる」とし、
日本人の食生活が欧米化し、日本の国土条件と乖離(かいり)してしまったことに
根本的な問題があると主張する。

また、川島准教授は安易な「100%自給」にも疑問符を付ける。
「日本の食料自給率が100%だったのは、太平洋戦争中や江戸時代。
その当時の食生活は望ましいものなのか」

「100%自給」については、同課も同様の考えを持っており、
「国内が大不作になったら(急に輸入ルートを確保できない可能性があるため)困りますから」
としている。

加倉井氏も「いざというときに生きながらえるための農業を維持することは大事」とした上で
「より広い地域で助け合う方がいい」とし、
自給率の数値よりも多様な食料輸入ルートの確保が安定供給のカギであると考えている。

■国民は60~80%で「安心」
20年に内閣府が実施したアンケート調査によると、
当時40%だった食料自給率について、回答者の79.2%が「低い」と考えており、
93.2%が「高めるべきだ」と答えた。

また、将来の食料輸入について計約93.4%が「非常に不安」「ある程度不安」と答えた。
18年の前回調査の約77%から16ポイントも増えている。

20年の調査では設問がなかったが、18年調査では、
自給率がどれくらいあれば配給制や飢えの心配がなくなるかとの問いに対し、
「60~80%」が49.0%、「50%前後」が20.4%だった。

分母を2000キロカロリーとした場合でも、
半数が「飢えの心配がなくなる」と考える60%には、まだ足りないことになる。

農水省の立場もある。同課は「天候不順による不作や政情不安など、
いざとなったときの備えが必要。国民に安定的に食料を供給する立場から、
慎重にならざるを得ない」とした上で、「食料自給率の目標達成に向けて、
農地の確保や担い手の育成、
農業技術水準の向上などを図ることは、不測時の食料安保につながる」と位置づけ、
食料自給率アップの意義を強調する。

農水省では今後も、自給率アップのための施策を実現していく方針だ。

民主党がマニフェストに盛り込んだ農家の戸別所得補償による
農業の担い手の確保・育成を図るほか、大豆や小麦など
自給率の低い食料の生産量を増やすための品質向上をサポート。
自給率の高い米から作られる米粉を原料とした食品の開発、
それに適した品種開発・技術開発を進めていく。

国民に対しては、地産地消や食育などを利用した国産食品の消費を促す
啓発活動を継続していくという。


薬は安全か?
抗鬱薬は、鬱を助長するかも?

・・・というか、最近でしょ?

しょぉ~~~もないことでも、
「眠れない」「仕事に行く気がしない」「出かける気がしない」「何もしたくない」「死にたい」
みたいな問題で、処方されるようになったのは。

もしかしたら、その処方薬こそが、病気を作っているんじゃ?

抗鬱薬は、その症状の重篤さに準じて、
より強力なものになり、処方頻度や処方量も増えていく。

「薬を飲まないと不安なんですよね~」
「薬を飲むと情緒が安定するんですよね~」
「薬を増やしてもらわないと生きていけないんですよね~」


しかし、その安全性は、どうなのか?

ある意味、麻薬的な意味合いも強いんじゃないの?

これとは別に、
「一生飲み続けないと治らない」
と医者に言われたことを機に、抗鬱薬をやめ、
“抗鬱薬を使わない鬱病治療”を掲げるクリニックに通うようになった人たちは、
僅か1年ほどで、回復している。

抗鬱薬の代わりに、食生活を変えただけだ。

そのクリニックでは、栄養バランスによる体内のあらゆる数値を検討した結果、
偏った食生活をやめさせることで、大方の鬱病に回復を齎してきた。

病院としては、薬をバンバカ青天井で処方することによって、
或いは、頻繁に通院させることによって、
その儲けを維持することに躍起になっているのかもしれない。

しかし、薬が人を助けるとは限らない

本当に人を助けるのは、正しい情報だ。
『ヘンリー・オーツの独り言』http://henrryd6.blog24.fc2.com/
のヘンリー氏に敬意を表して)

1963年、スティーブンソンという挿絵家が、
レイチェル・カーソンが買わないものは私に売らないでね!」
という作品を出して話題になったらしいが、
本当に真実を伝えようとする人々が、もっともっとフューチャーされる世の中になって欲しいもんだ。
レイチェル・カーソン
  =ウィキメディア
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%
  『沈黙の春』は、ぜひとも必読~♪
羹に懲りて膾を吹く。
インフルエンザに限らず、様々な予防接種において、
その接種の過程で、副作用&重複作用は必ず発生するものらしい。

しかしながら、それをむやみに怖れて、
接種をしないとすると、大昔の無知無学無教養の時代に帰って、
大量の死者が出るらしい。

当然だけど、鼠講的に感染するものだからね。

しかし、接種することによって、
多くの人々は感染を免れたり重症化することなく、その命は救われる。
そして、その感染は最小限に抑えられる。

・・・というのは周知の事実。

ところが、マスコミは、・・・というと、
その副作用や重複作用、
つまり、痙攣を起こしたとか、おかしな行動を起こして死んでしまったとか、
ということばかりを大きく報道し過ぎる傾向がある。

少なくとも、その効果効能の齎した絶大な成果よりも。

そうやって、国民の恐怖を「これでもかぁ~!」と煽った一方で、
その効果効能が齎す絶大な成果に関する報道に関しては正確に啓蒙しないままだから、
国民は不安になって、
「本当に予防接種は有効なのか?」
と右往左往する羽目になっている。

これだけ見ても、国民は、
マスコミの発信するその情報の信憑性に関して、
一つ一つ吟味していかないと、生活の困窮どころか、
唯一無二の命さえも奪われかねない。

テレビや新聞の発信する情報だけでは、
本当のことなんて分からない!

※最近の画像アップしようと思ったけど、
気が遠くなるような鈍い反応に、大揺れの船底で本読んでるような、
なんとも言えない気持ち悪い悪寒と共に吐きそうな気分になって、
断腸の思いで断念しました。


プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。