虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の犯罪者は・・・。

今朝の新聞の片隅に、その気になる投稿はあった。

 

「給食費を支払ってるんだから、

   ウチの子供には、

      『いただきます』なんて

        言わせないで欲しい」

というPTAがいるらしい。

また、

「『おはよう』とか、『こんにちは』とか、

      言ったって意味ないじゃん」

と生徒達に言われ、

「それもそうねぇ~」

と答えた教師がいるらしい。

 

バカじゃないのかぁ=====っ?!

 

『いただきます』

って言葉はなぁ~、

日本の文化の原点なんだよぉ~!!

雨の日も雪の日も嵐の日も、
来る日も来る日もお天道様に手を合わせ、
泥まみれになって農作業をしてくれる
生産者(お百姓さん達)がいるからこそ、
作物は立派に美味しく実るんだ。

そして、それ等を指定先にきちんと搬出・納入してくれる
様々な形でのディストリビューター
(仲介者・流通関係者)がいるからこそ、
作物は新鮮なままスピーディーにリテイルされるんだ。

そして、
それらの作物を栄養バランス良く安心して食べられるように、
献立を考え調理してくれるサプライヤーがいるからこそ、
初めてその食事を口にすることが出来るんだ。

更に言えば、
農作物をより安全・効率的に収穫すべく、
農機具等を開発してくれるメーカーやその技術者達。

より良い品質の物を、よりリーズナブルに供給するために、
物流の精度を向上させてきたロジスティクスのプロ達。

・・・言い出したら限がないが。。。

そうした目に見えない多くの人々のおかげで、
私達は飢えることもなく生かされているんだ。

そうした数え切れない労働に携わった一人一人に対して、
手を合わせ感謝することが、日本の文化の根底にあった筈。

 

「代金は支払ってるんだから、
アンタ達に『いただきます』なんて謙って言う必要ないわ」
なんて口の利き方をするPTAは、大きな勘違いも甚だしい。

こんな親に育てられたんじゃ~、
まともな人間に育つ筈がないわね~。

 


かたや、

『おはよう』、『こんにちは』

・・・って挨拶してこそ意味があるんだ!

その日々変わる声色によって、相手の心理的・身体的状況は、
ある程度推し量ることが出来るのよ。

今日が元気ないけど、どうしたのかな?
とか、
スッゴク明るい声だけど、何か良いことでもあったのかな?
とか・・・。

そこから自然と会話は広がるもんなんだよ。

相手を思いやり、声をかける。
すると、相手の思いも伝わってくる。
そうして、自分の思いを伝える。
そんな他愛ないやり取りの中で、お互いの関係性が構築されていく。

いわゆる、

挨拶は、コミュニケーションの原点だ。

 

「それもそうねぇ~」って答えた教師は、即刻首にすべき!
教育者としての資質に極めて甚大な欠落が見受けられる。

こんな教師に教育された日にゃ~、
健全な精神なんて宿るわけがないわね~。

 

 

・・・ったく、ふざけてる!


この記事に対するコメント

全く 同感です!
挨拶は基本中の基本!!
この地球上のどの国でも
挨拶からコミュニケーションは始まるのです。
「いただきます。」
感謝の気持ちが込められてる大事な言葉です。
そういう言葉の美しさや、大切さを理解できない教師は 失格です。
【2005/11/14 19:38】 URL | tobby #79D/WHSg [ 編集]


いだだきますとは、
命を頂きますと言う意味だそうです。
つまり、魚や肉、野菜の命を頂くと言う意味です。
【2005/11/14 21:29】 URL | あべま #79D/WHSg [ 編集]


そうなのよ~!!!
美しい日本文化が、バカ共の歩調に合わせて、
エログロに・・・。
・・・あまりに哀し過ぎる・・・、
が、、、現実なのよね。
(やっぱ、少年犯罪者の両親の顔写真&プロフィールは、
公開すべきだわさ)
<あべまっち、
そうそう、そうだったぁ======っ!!!
 それが一番大切なんだった。。。(書き忘れたぁ~~~っ!)
命を貰うんだもんね。
「生きたいよぉ~!」って叫ぶものを殺傷して、
自らの命に代えるんだもんね。
   ↑
ウチの次女に話したらさ、
「バッカじゃないのぉ~?
お魚でも野菜でも生きたいのに、
私のために死んでくれてるんだよぉ~!」
って。
この頃のPTAは、小学生よりも常識ないのかな?
【2005/11/14 22:16】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


全く同感です。
消費者はどこからきて、どこへいくのでしょうかね?『お客様は神様でふ』のスローガンの下、神様と言われ続けて、トチ狂った方々なんでしょうね。
きっと親子二代にわたって家庭で本来やってきた家事の出来る限りをアウトソーシングしまくって、自由な可処分時間を増やしては潰してきたのでしょう。それで、さて、あとは育児を外注だ?となった時、下々の神様は悩んだわけでしょうね。
育児の外注、それはそれはお高くつきますから一般的神様の可処分所得内では発注できませんからー。
発注できなかった不幸は、確実に子供に押し付けられますね。不幸を背負った「神様」のすることです。「『いただきます』なんて言わせないで欲しい」ぐらいの発言は、その不幸の捌け口として立派な金字塔を打建てただけのことです。
世も末症候群は、日々加速しております。ゆりかりんさん、お身体をお大事にして、もっと怒ってくださいネ。
【2005/11/15 00:52】 URL | くらふと #79D/WHSg [ 編集]


<くらふとさん、
かなり前ですが、某有名食品メーカーの市場調査データを見たらね、
「少年犯罪者の家庭の母親は、有職主婦の場合より、
専業主婦の場合の方が圧倒的に多い」という結果が出てました。
当時の常識を覆す結果でビックリしましたけど。。。
(その頃、仕事を持つ身の私としては、近所の専業主婦達に
よくいびられていたもんなんですよ。
「小さい子供を置いて、良くも平気で出かけられるわね」とか何とか・・・)
一方、最近、(また別の)某食品メーカーの市場調査データを見たら、
「外食、中食(惣菜等を購入)を利用している家庭は、
専業主婦の方が有職主婦の場合よりも高い」という結果でしたよ。
一体全体、暇を持て余してる筈の専業主婦達って、
一日中何やってるのかなぁ~?
・・・何もしないから脳細胞のシナプスが死滅の一途を辿って、
阿保になってしまうのかなぁ~?
【2005/11/15 13:43】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


そんな親や教師、サイテーですね。
どんな親に育てられたのか、みてみたい!
あ、でも食い気が先立って
うっかり「いただきます」言う前にがっついちゃうこと
たまにあります(爆)(_ _ )/ハンセイ
私も専業主婦にイヤミ言われてました。
フルタイムで働くほど 体力がないので
それほど稼いではいませんが。。。w
働いてるからこそ 出来る範囲でしっかり
やってきたと思う。
少年犯罪、母親が有職者だと 少々強調し報道されてませんか?
【2005/11/15 20:15】 URL | 美月 #79D/WHSg [ 編集]


<美月さん、
仰る通り~! 根拠のないバッシングに耐えてきたよね~!!!
有職主婦ってさ、負い目(なんて背負わなくても良い筈なんだが)
なぜか?批判の的になっちゃうんだよね。
・・・だからこそ、自分の睡眠時間を削っても、
我が子の為に安全で美味しい物を食べさせようと必死で母親が働いてる。
子供が負い目を追わないように必死で教育して・・・。
実際問題、如何に教育すべきか?なんて事に関しては、
比較にならんくらい有職主婦の方が高いという結論に至るだと思うんだけども。
当の社会は・・・そして、専業主婦達は、
というと、消費することだけに意味を成しているとしか見えない。
60年代にアメリカから輸入された『ベビーブーマー』のせいかな~?
どんな社会においてもね、人類が歴史を築いてきた中では、
専業主婦なんて、ごく一部の特権階級以外に存在しなかった社会の悪なのにね!
【2005/11/15 22:39】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/19 20:19】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/100-9f368a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。