虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーだよね?

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20051101/K2005110104200.html

 

ついに、ここまで来たかぁ~?!
・・・って感じですな。

別に、特に驚いたわけじゃないんだけどね。

 

私も、子供時代に、父親に半殺しの目に遭うたび、
(特に肋骨折られた時は)
「いつか殺してやるぅ~ッ!」
って思ったもんだけども、
終には行動に移せなかったけどね。

それって、やっぱ、
「こんなツマラン奴のために、
自分の人生を棒に振るのはゴメンだ!」
って気持ちと同時に、
「そんなことしたら、こんな奴等と同様の
低レベルな土俵に立っちまうことになる」
って思いがあったからなのよね、きっと。

 

現代の子供達って、
「これをこうしたら、
自分がどういう状況に立つことになるのか?」
ってロジックが認識できないのかな?
・・・っつ~か、そこまで考えが及ばないのかな?

 

一見、頭良さそうな子ほど、自分の論理に酔ってる・・・みたいな?

『夢か?現か?』
・・・判別し難い ・・・みたいな世界で生きているのか???

 

それとも、現実の世界で、本当に痛い目に遭ってないから・・・???

怒られもせず、打たれもせず、責められもせず、
只々、自分のためにだけ生きていられるような環境があったから、
その痛みを知ることなく、体だけが成長して、
精神的には、幼児時代の世界観のまま生きている・・・と言うか?

いわゆる、 『一人称だけ』・・・の世界観。。。

自分と他の人々との関係性はどうなってるか?
取り巻く世界の中で自分の立っているシチュエーションは如何なるものなのか?
・・・とかいう概念が欠落してるような気がするなぁ~。

 

やっぱ、それって、親の責任の範疇だと思うね。
(脳に特別な傷がない限り・・・)

 

つくづく、ウチの子は阿保でヨカッタ・・・と思う今日この頃。。。

私の調子がちょっとでも悪いと、飯食うのも忘れて、
そりゃもぉ~~~
( 「もぉ~、エェ===ッ!」っちゅ~くらい?)
甲斐甲斐しく世話してくれるし・・・。


この記事に対するコメント

この事件、びっくりでした。
そういう気持ちからそうなるのか、不可解。
一人称思考の子ども、最近 多いです。
(今、かなり実感・・・)
周りの空気を読むという癖、親に言われないと意識できない子どもは多いですね。
(姪っ子も そのくちだったし・・・)
この女子高生、猫も毒殺してたとか。
命の重み、全く理解できてない。
これも、学習障害?
【2005/11/02 13:13】 URL | tobby #79D/WHSg [ 編集]


基本的に、自分以外の2人称以上と何らかの関わりを持っていくと考えた時、
★「自分が傷つけられると哀しい。それは相手も同じことだ」    
    ↓
★「自分がして欲しくないことは、相手にもしてはいけない」
とか、
★「悲しい時は誰かに判って欲しいものだ」
    ↓
★「相手を理解してあげることが出来ればよいのに・・・?」
・・・etc.
って感じで、自分以外の他を思いやる方向に、精神はいろんな刺激を受けて成長していくもんなんだけどね。
「(それが如何に稚拙極まりないことであろうが)
自己の欲求を満たすためなら、他を犠牲にしても構わない」
と取られてもおかしくないくらい精神的に未熟だったんだろうね。
もし、これが露見しなかったら、この母親は、
何事もなかったように死んでいったろうね。
そうしたら、第2、第3の被害者も出していたかもしれないね。
【2005/11/02 21:31】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


相手の気持ちを思いやるって、人間として大事ですよね。
自分もできてるかどうかわからないし、子供はまだいないけど、どうやって教えていったらわかってくれるのかわからない。。同僚とか上司とかでも、このケースまではいかなくても、「ひとの気持ちがわからないな、無神経だな」と思うことはあるし。。。人を育てることは化学反応より難しいと思います。この子も、化学に興味があるのならば、もっとほかの反応もみれるようになればよかったのにね。
【2005/11/03 00:06】 URL | きむ #79D/WHSg [ 編集]


<きむさん、
本当に、どういう思考回路だったのかなぁ~?
仰る通り、人間は概ね自分の言動を振り返っては社会とのあり方に照らし、「あぁ~でもない、こぉ~でもない」と反省&反芻する作業を繰り返すわけですが・・・。そうした能力が育たなかったのかなぁ~?
だけどね、子供を育てることに対して難しく考えなくて良いと思いますよ。(私みたいな好い加減な人間でさえソコソコやれてるわけで・・・)逆に、こういうレアケースを見て子育てを敬遠する人達が増えるのは哀し過ぎる?
子育てって楽しいもんだよ。一緒に遊んで食べてネンネして、いっぱい抱っこして・・・。(←って、野性そのものやんけ?)私は仕事との両立とか男社会で厳しい洗礼を受けた世代だけど、それでも本当に心から子供を産んで育ててヨカッタ!って思います。(そうしない道を選んだ場合と比較して)遥かに豊か・・・という思いに至る今日この頃です。
【2005/11/03 00:36】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/107-8eec479e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。