虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験~?
得意先のK氏より、
 「どうしても行くことが出来なくなったので、如何ですか?」
と譲っていただいたチケットを握り締め、
ワクワク&ドキドキしながら、よみうりホールへ。

よみうりホール・・・なんて、これまた初めてなので、
入り口を探しあぐねてウロウロしていると、F氏発見!
彼も入り口が分からなかったらしい。(爆)
(本来、F氏が、K氏と2人でココへ趣く予定で購入したチケットだった)

F氏には、K氏の替わりに私が行くことになった旨を事前に伝えてはいたものの、
「ド素人の私なんかと一緒で良かったのだろうか?」
・・・などとチョッピリ心配しながら、2人して徘徊すること暫く。
ようやく入り口の方向を発見!
(ビッグカメラの中にあるのネ・・・なんとまぁ~分かりづらい! w)

しかし、よみうりホールは、ビッグカメラの7Fにあるので、
そこまでエレベーターで・・・と思ったが、すぐに断念!
余りの人の多さに、いつまで待っても乗れそうにないと判断したからだ。
・・・というわけで、エスカレーターで7Fへ。

そしていざ、よみうりホールに入ってビックリ~!!!
「なんじゃ、この強烈な匂いは???」
って見回すと、な、な、なぁ~~~んとまぁ~、
『正蔵牛丼』・・・?なる物を売ってるじゃん???

gyudon


(正蔵=林家正蔵。前名は林家こぶ平。三代目林家三平の長男)
この日の演目のトリを締めるだけある?

kobuhei


だからって、・・・・・何故、また、牛丼???
しかし、食べてる人、多ぉ~~~!!!
(アッチでも、コッチでも・・・・・立ったまま啜ってるし・・・)

牛丼の匂いで満ち満ちたホール内を縫うように歩き、
その誘惑を断ち切るように、敢えて牛丼は食べず、我々の座席のある2階へ。
「いやぁ~、チケット売り出して即ぴあで購入したつもりなんですが、
こんな席しか取れませんでした。なんてったって、昇太人気が凄いから・・・」
とF氏。
(昇太=春風亭昇太。五代目春風亭柳昇の弟子)

そんなに人気あるのか、昇太???
・・・そういえば、最近、テレビでもよく見かけるようになったなぁ。

shouta


・・・というかぁ~、
いえいえ、とんでもない!
舞台全体を見渡せる素晴らしい席でしたよ。

えぇ~~~、もぉ~、落語をナマで観るなんて生まれて初めての私にとっては、
勿体無くて涙チョチョ切れるくらいド真ん中直球の席でした。
(・・・って、どんな席じゃ?
会場の中にまで牛丼の匂いは目いっぱい立ちこめてはいたけれど・・・)

その名も、
『第19回東西落語研鑽会』。
東西の5人の落語家たちが集い、
それぞれの芸の腕前を披露し合う会とでもいうのかな・・・?



そして、例の如くテンポの良いお囃子が鳴り始め、ついに幕が開き・・・。





いやホントに、よく笑いました。

特に、雀三郎がヨカッタァ~~~♪
(雀三郎=桂雀三郎。2代目桂枝雀の弟子)



いや、正直、天才といわれてた枝雀の時代は、
「本当に落語は面白い!」と思ってよくテレビなどで観てたが、
それ以降は、出てくる若手が「イマイチだな」みたいな印象があって、
いつしか遠のいてしまっていた。

本音を言えば、それほどまでには期待してなかったのよね。

しかし、今も結構才能ある若手が多くて、盛り上がってて、
「なぁ~んだ、落語って、やっぱ面白かったじゃん」
って目から鱗だった!



てな感じで、感動覚めやらぬまま、腹ごしらえにGO=====ッ!
・・・というか、牛丼立ちこめるホールで我慢してたから極限状態だったかも?
それにも増して、早くタバコが吸いたかったぁ===ッ!

そういうわけで、東京~銀座界隈で食事&お酒を。

nanikore?


実に充実した夜でしたね。
(帰宅後は、バタンQ~~~!でした)


この記事に対するコメント
ありがとうございました
Fです。落語会当日はありがとうございました。
アフター落語も楽しかったです。
当日のトリ、正蔵の「双蝶々」は昨日のスポニチ芸能欄で絶賛されてましたよ。
人情噺なので笑いは少なかったですけど、たしかに引き込まれました。
転勤半年ではや懐かしくなっている上方落語が2席聴けた上に、
東京の人気者・ベテラン3席で大満足のラインナップ。いい会でした。
個人的には、昇太の古典って面白いやん!というのが一番の発見でした。
ぜひぜひまた、行きましょう。
【2006/09/19 09:44】 URL | F #- [ 編集]

落語バージン
ゆりかりんさんは今回初めてだったようですが、私はまだ生落語未経験です。

勉強に行ってこようかな…話にオチをつけるのが下手なんで!
【2006/09/19 12:01】 URL | 流雲 漂 #- [ 編集]


<Fさん、
こちらこそ、いろいろと教えてくださって、ありがとうございました。
アフターの鶏肉も、最高に美味しかったですネ~。
(次はお好み焼き行きますか~?w)
いろんな意味で、人生の喜びを満喫できたひとときでした。
(舞乃海にサインもらえなくて残念でしたが・・・w)

正蔵の「双蝶々」は昨日のスポニチ芸能欄で絶賛>
そうだったんですか?
確かに、ズン!・・・って引き込まれましたよね。
襲名したことで、その才能にも一段と磨きがかかったのかな?

次回のお誘いも期待しています~♪

<流雲 漂さん、
アフターの〆に伺ったから、きっと、2人とも興奮冷めやらぬまま
・・・って感じだったでしょ?
いやぁ~実に楽しかったんですよ。
是非是非、一緒にお勉強しましょ~(^_-)-☆

F氏は、男前で素敵な人でしょ?
20年近いお付き合いになるけれど、彼はチットモ変わりません。
(それに引きかえ、私ときたらメッキリ・・・・・自爆)
【2006/09/19 19:55】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


落語はよく解りませんが、
最近の笑点は面白いと思います。
円楽さんには悪いですが、歌丸さんの方が
司会が巧いんじゃないかと・・・。
【2006/09/19 20:14】 URL | あべま #- [ 編集]


<あべまっち、
そうなのかぁ~。
・・・というか、歌丸さんって年感じさせないくらい頭の回転速いもんね。

この日行った落語でも、歌丸さんが出てたけど、
かなぁ~りジックリ聞かせる演目だったよ。
相当上手くないと出来ない(って、当たり前だけどw)年期の入ったワザ・・・?

秋田に落語家さんが来たら、是非行ってみるべし!

【2006/09/19 21:00】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

ようこそ落語の世界へ〜
どもー!
またF氏さんともども
お江戸の落語情報をお教えくださいね。いや、お楽しみくださいまし〜

一昨日は新鋭上方落語会に行って来ました。
ホール落語だったのですが前の席だったので楽しめましたよ。
次代を担う笑福亭仁智、桂梅團治、笑福亭鶴二、桂雀々、笑福亭三喬、桂つく枝の
30代後半以上の中堅どころ。

そうそう、春團治一門の梅團治さんは倉敷出身だったよ。4,5歳上だけど。
まくら話で、福田第一小学校の話になって、カミキリ虫をつかまえた話など
めちゃローカルだったけど、ウケてました。
実際に映像が浮かんだのは、会場内で私ぐらいしかいなかったかもしれないのに。

では、また機会があれば梅團治さんを聴いてみてね。

【2006/09/20 11:40】 URL | danny #x8Q4Q49E [ 編集]


<danny ちゃん、
こちらこそ~、いろいろと教えてもらわねばっ!<m(__)m>
だって~無知無学無教養なんだもぉ~ん~♪(笑)

本当に面白いことになってきてるね~。
もっと早く気がつくべきだったかも?w

梅團治>
名前も知らなかった~。
ローカルネタって、自信ないと出来ないよね~?w
茶屋町編て~のがあると、またまた受けるかもね???
是非機会あれば、観てみたいと思います~♪

今度会う時までは、ちょっと成長した私でありたいと思うので、
いろいろと教えてネ~♡
【2006/09/20 20:48】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/171-0eb71376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

落語のワザオギ

落語のワザオギをオーディション越後屋がオーディションしました。落語ファンは最高の一時をてにいれるチャンスです。「落語のワザオギ」は、厳選した演者、厳選した演目、厳選した録音だけを お届けする落語専門レーベルです。古典落語・新作落語を問わず オーディション越後屋@情報商店街【2006/10/13 00:20】

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。