FC2ブログ
虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
ナメてる?放射能被害を。
北陸電力が志賀原発の臨界事故隠す、制御棒外れ15分
2007年3月15日(木)12:18

北陸電力志賀原子力発電所1号機(石川県志賀町)で、
1999年6月18日、定期検査のために停止していた原子炉から突然、
出力を制御するため下方から炉心に挿入していた「制御棒」89本のうち3本が外れ、原子炉が再稼働状態に入る事故が起きていたことが、15日わかった。
原子炉は緊急停止せず、この状態は15分続いたが、
北陸電力は当時、十分な原因調査を行わなかったうえ、
記録を残さず国にも報告していなかった。
経済産業省原子力安全・保安院は、臨界事故にあたるとみており、
原子炉等規制法に基づく報告義務違反にあたる可能性を含め事実関係を把握し、
安全が確認できるまで1号機の運転を停止するよう15日午後、指示する。


http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20070315it04-yol.html



不思議でならない!

だって、どうして第一面トップじゃないの?・・・新聞。
しかも、どのニュース番組見たって、トップで報道してないよ。


これってさぁ~~、『臨界事故』なんだよ?
つまり、『プチ・チェルノブイリ事故』なんだよ???
ってぇ~ことは~、超~~~大事件なんだよぉ~~~~~?!


しかも、この事故が起きたのは、1999年6月18日。
ハッキリ言って、甚大な被害を齎す可能性が極めて高い、
とんでもなく物凄い大事故にも拘らず、隠蔽してたわけよ?????
・・・・・・・・・・・・・・・今まで8年近くもの間。


「電力会社が、如何に、
都合の悪い不祥事や事故を隠蔽する体質なのか?!」

ということが明確になったことはもとより、
「そんな無責任極まりない電力会社を
信頼できるわけがない!」

ということにが浮き彫りになったと思う。


怖いなぁ~~~、もぉ~~~~!


それに、未来永劫、大きく歴史に残るような、
膨大な人命に関わる大事故になるかもしれなかった、
そんな大失態を引き起こしておきながら、
またもやウヤムヤニして終わらせようとしてる向きが、
今からもぉ~既に見え見えだよね。

きっと、今回もまた、
誰ひとりとして然るべき責任を取らないんだろうな。

(で、また、これまでと何も変わらない同じような無責任なお役所システムのまま、
世にも恐ろしい事態は放置され続けて行くのね・・・・・)


というかさぁ~、どうして、各マスコミは、
 「こうした大事故を、
普通の一般ニュースと同等に扱うのか?」
 


なんだか釈然としないよ、ったく!!!



この記事に対するコメント
本当に。。。
 臨界事故が起きた茨城県民としてもそれ以前に起きていたなんて言葉もありません。。。
もし、この事故が報告されていたなら、事故は無かったかもと思ってしまう自分がいます。

しかし、いい加減にして欲しいですね。
【2007/03/17 06:57】 URL | 僚 #- [ 編集]


<僚さん、
そうですよね~~~、
一度起きてしまったら取り返しの付かない極めて重篤な事態を招くわけで、
「そういう責任重大な業務に携わっている」
という認識に甚だしく欠けているとしか言いようがないですね。

我々国民が、そうした好い加減な連中に対する責任を、
もっと追求できる世の中にならないとダメですね。
【2007/03/18 01:09】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

まったく・・・・
大人がこんな事で、子供にまっとうに、正直に生きろとは言えんわなぁ~
【2007/03/23 02:27】 URL | 陽太 #SFo5/nok [ 編集]


<陽太さん、
本当だよね~!
大人達が都合の悪いことを隠して、しかも責任も取らないようじゃ、
子供達だって、「ふぅ~ん、好い加減なことしてても責任取らなくて良いんだ」って
思っちゃうよね。

というか、「正直に生きたら馬鹿を見る」的発想になっちゃうと困るしね~。

本来なら人としての生き方の手本になるべき大人達が、
ズルイことばっかりやってる世の中じゃ、優秀な人材育成なんて出来る筈ないよね。
【2007/03/23 15:21】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/212-4b9de5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード