FC2ブログ
虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
指導者の主観=正義なのか?!
ニュースを観て思ったこと。

あるアメリカの神父が言った。
「アメリカは、絶対に正しいことしかしていない。
イラクのような悪魔を追放することが国義であることを誇りに思う。
それを、布教することこそが私の使命だ」

この神父が悪魔に見えたのは私だけ?



(ユダヤ系アメリカ人が報道規制してるから、・・・というか、
アメリカの政府を牛耳ってるのはユダヤ系だから)
殆どのマスコミは報道できないけど、
イラクに住む罪もない幼い子供や女達が、連日のように、
まるで取るに足らない蟻の群れのように虐殺されている日々に対して、
この神父は、ソレを正義と言って憚らない。

罪のない人々が殺されることを神は望んでいるとでも・・・・・?



自分の子供が、妻が、同じ目に遭っても、同じ台詞が言えるのか?!



私は宗教が大嫌いだ!
否、正確に言えば、(他の神を否定する)一神教が嫌いだ。

この世から突然、宗教(一神教)が消えたら、
浅ましい阿鼻叫喚の地獄絵図になるような不道徳なエリアもあるだろう。

だけど、宗教(一神教)によって、民意が操作されているのも確かなのよね。

「神がソレを望んだ」
と言ってしまえば終ってしまえる合理性が画期的じゃん?!



そのロジック(マヤカシによる民意の誘導)によって、大儲けして、
(ブッシュをはじめ、ラムズフェルド・・・・etc,みたいに)何世代に渡っても
到底使いきれないほどの財産と権力を手中にする“一部の僅かな”連中と、
働いても働いてもチットモ楽になれない、貧困を更に極める“大多数の”人々の増産とが、
その格差をドンドンと広げ続けているんだけどな?この世界は・・・。

「宗教(一神教)のおかげで生きていける人達は多い」
のは確かだろうが、
「それ以上に悲惨な被害をこの地球上に齎している」
原因も宗教(一神教)であると思う。

さらに、報われて当然の多くの人々が報われない非情な社会システムを作り出している
その悪の根源こそが宗教(一神教)であることを知った方が良いよね、もっと。



あなたの信じる唯一神が、
ラムズフェルド・・・etc.のような極悪人を生かし私腹を肥やさせていることに疑問を持とうよ!

唯一神なんて有りえない!
(唯一神は、今や、政治的民意誘導のツールにしか過ぎない)

この記事に対するコメント

ほんとに、、諸悪の根源はそこらへんにある気がしますね。。
私も宗教がどっちかというときらいです。信じる人のことは、それはそれでいいけど。。
宗教によって人が救われるならわかるけど、滅ぼしに向かってるとしか見えないのですものね。
【2007/03/25 00:15】 URL | しちみ #- [ 編集]

Lonelyな論理。

実はみんなあまり認識されていないようですが、民主主義とか資本主義とかいうものも宗教なんです。
アメリカは、アメリカ型民主主義を世界に広めようとしているわけです。
それが善だと思っているわけです。

冒頭の神父の発言は全くの間違いです。
それは言うまでもなく、アメリカの建国の歴史において、先住民族の大虐殺というのがあるからですね。
キリスト教原理主義の人たちは本当に始末が悪いというか、困ったものです。

自由の女神像の台座にも、昔は「アメリカのキリスト教原理主義者たちへ」といった一文があったそうです。

アメリカという国は多様性を認める国家なのに、こと外国のことになると、それを認めない態度をとるわけです。
その裏側には軍産複合体・ネオコンの存在がある。
キリスト教(民主主義と置き換えても同じですが)を旗印にして、ダーティービジネスを展開しているのです。

自分たちは正しい、だから、私たちの価値観に同意してほしい。
まるで、子供の論理です。
こういう論理を振り回していると、最後には"Lonely"になると思いますけどね…。

【2007/03/25 01:00】 URL | テッド #- [ 編集]


<しちみさん、
宗教によって救われた人達よりも、宗教によって死んじゃった人達の方が多かったら、
ビックリ~~~! 本末転倒!・・・というより、あながちンナモンだったりしてね。w

というか、誰が何を信じようが別に構わないけどさ、
自分の信じる神以外を否定するような一神教は(神は唯一独りだけだから)、
その考え方の延長線上に、他の宗教を排他しようとするがゆえに、
その他の宗教を信じてる人々に対して、
刃の矛先を向けてしまいかねないということなのよね。
(そこら辺に、戦争で儲けようとする連中がツケコムわけだけど・・・)

「自分(私)を認めて欲しければ、まず他を認めよ」的文化の日本人には
「まず自分(私)を認めろ、さもなくば力ずくで納得させるしかない」的文化の連中の
考え方なんて、イマイチ理解出来ない考え方だけど、
今現在のアメリカの政治外交手法を見てると、まさにそのやり方そのものだもんね。

八百万の神の召します我が国は、当然多神教だから、
いろんな意味で大らかな側面があるじゃん?
古代ローマ帝国もそうだけど、あんな大らかな国はなかった。
というか、あんなにまで長く続いた帝国はいまだかつてないもんね。
・・・ソレは、言わずもがな、多神教(征服する属国の宗教を全て認め、
選挙権や、財産権・・・etc.まで守った)ローマの寛大さによるものだと思うけど。
東ローマ帝国が、一神教(キリスト教)になった途端、帝国は滅びちゃったよね。
過去に何も学べない、アングロサクソンの愚かさを実感する今日この頃。

世界は自己崩壊に向ってるかもしれないね、確かに・・・・・。

<テッドさん、
そうそう、、、資源も、人の文化も、・・・・・何もかも搾取しまくって、
最後には大自然破壊、いや地球自体さえも崩壊させようとしている連中に、
正義を語る資格はないと思いますよね、ホント!

話は逸れちゃうけど、アメリカが『京都議定書』にサインしない言い訳に掲げる、
「捕鯨反対で、自然を守ろう~!」(違う方法で自然を保全していくんだ)みたいな
アホっぽいスローガンのせいで、その捕鯨反対団体が寄付金三昧で、
ボロ儲けしてるしね。(で、それがまた政治献金に・・・で、その悪のスパイラルの繰返し)
『捕鯨反対』で鯨が増え過ぎたことを、何が何でも認めようとせず、
科学的根拠のなく、ただただヒステリックに捕鯨反対を貫き通して、
海洋破壊を放置しまくってる間に、南極海をはじめとする海洋生態系は総崩れになって、
秋刀魚や味鰯、トビウオ、その他の多くの魚が、ミンク鯨を筆頭に大型鯨に食われ過ぎて、
物凄く減ってるわけで、だもんで、漁獲量激減しまくってて、魚の値段は上がり放題だし。
というよりも、一旦崩れてしまった海洋生態系を、元に戻すには大変な労力と年月が・・・・・。

そもそも鯨の絶滅危惧を招いたのは、連中の(鯨油欲しさの)大乱獲が原因なのに、
それに変わる代替エネルギーが得られて、自分達に必要じゃなくなってからは、
「断固、捕鯨反対!」って・・・・チョット、オイオイ!って感じですよね。

http://kokueki.sakura.ne.jp/banner/kujira/index.htm
http://tanakanews.com/a0731whale.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%AF%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C

ったくさぁ~、どぉ~責任とるつもりなんだか?  <勘違い傍若無人のアングロサクソン
【2007/03/25 19:24】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/214-e3e8fbd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード