虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てしなき温度差。
納得いかんのぉ~~~!の追記。part2

前回までのあらすじ



私がいろんなことを同時に言うと、
フルヤの思考が膠着状態に陥って、話が全然前に進まなくなることが分かったので、
HP改正に関する議論は、後日、別担当とすることにして、
そろそろ本題に・・・・・・・・・・・・・・。

※ちなみに、私の発言は、ブルー字。
 フルヤくんの発言は、グリーン字。

蛤の潮汁


「えぇ~っと、これからが本題だから、ちゃんとメモった方が良いよ、フルヤさん。
ウチの娘の通う○○中学の修学旅行に関して、聞きたいことがあるんですよ」


「はい、・・・ただ、教育委員会としては、
そういう修学旅行に関する問題を扱う部署が無いんです。
修学旅行に関してはですね、各学校に全任されているもんで・・・」


「へぇ~~~、つまり、こういうことですか?
『修学旅行は“教育の一環”ではない』と?
だから、『教育委員会では、教育に関係ないことには口出しできない』と?
『学校が何やらかそうが知ったこっちゃない』と?
『何が起きようが、全ては学校の責任だ』と?」


「いえいえ、違います。修学旅行は“教育の一環”として捉えております。
ただ、教育委員会の中では、修学旅行を取り扱ったことがないんです。
これまでずっと、学校の方で全部対応してきてますから」


「じゃ、ただ単に、『前例のないことには手を出したくない』ということなの?
たまたま、ここに『教育委員会とは何か?』ってことを説明した文言があるから、
耳カッポジってよく聞いといてね。
『教育委員会とは、地方の教育行政を処理する機関。
都道府県および市(特別区を含む)町村などに設置。
教育機関の管理、学校の組織編制、教材の取り扱い、教育課程、
社会教育などに関する事務を扱う』とあるんですよ。
アナタは、今まさに、
『修学旅行は“教育の一環”として捉えております』と言いましたよね?
それなら、この『教育課程、社会教育など』ってとこに、修学旅行が該当するんじゃない?
もし、該当しないと主張するのであれば、その根拠は何なのか?教えて」


「いえ、確かに該当します。・・・分かりました。
で、具体的にはどんな問題でしょうか?」


「ちょっと待ってよぉ~。
アナタ、何すっとぼけた調子で何気にスルーしようとしてるの?
何の根拠もなく責任放棄しようとしといてさぁ・・・。それはないんじゃない~?
本来責任をもって遂行すべき業務であるにも拘らず、つい今しがた、
『修学旅行については、教育委員会には責任は無い』みたいなこと言って、
私のことを騙そうとしてたよね?
だけど、ついに“無い根拠”を示せと言われて、騙し通せないと分かったアナタは、
仕方なく、修学旅行に関する責任放棄を断念せざるを得なくなったわけでしょ?」


「いえ、責任放棄じゃないですよ。
これまでは、そういうお問い合わせがなかっただけです」


サーモンマリネ


「違う、違う~~~! だって、アナタ、最初に言ってたじゃん?
『教育委員会としては、修学旅行に関する問題を扱う部署が無いんです』
『修学旅行に関しては、各学校に全任されている』って。
問い合わせが無かった・・・と言うよりも、問い合わせる部署が無かったんでしょ?
問い合わせを拒絶してただけじゃん?
つまり、それって、遂行すべき任務の不履行じゃないの?」


「そんなことはありません!
今もこうしてお問い合わせに答えようとしています」


「苦しい言い訳だね~。・・・実に情けない!
こんなことだから、教育者と称される人達に対する信頼が瓦解する一方なんだよ。
ま、いいや、私ごときが何を言ったって、
アナタ達の体質改善に繋がるなんてことないんだろうし、
教育料請求したいくらいだよ。トホホ・・・・・」


「いえ、区民の方々からのお声はですね、
真摯に受け止めて行きたいと、常々考えております」


オムレツ


「それじゃ、本題に戻るけど、また不必要なチャチャ入れないでよ。
まず第一点目は、『修学旅行の費用が¥60,000かかるから支払え』という趣旨の、
実に唐突で無礼なペラモンのプリントが突然配られたんだけど、
その明細に関しては、何一つ表記されていないんですよ。
通常の常識があれば、こんな杜撰なことは出来ないと思うんですが、如何でしょう?
本来なら、“コレコレこういうことにコレダケのお金がかかります。
つきましては、ご不明な点等はありませんでしょうか?もしないようでしたら、
お支払いの方をお願いいたします”というのが、
極々当たり前の良識的プロセスじゃないですか?」


「そうですね~。
それでは、明細を出すように校長に話しますので」


「当然、即急に明細は出していただかないといけないよ。
だけど、出したからって、ことが済むという話でもないのは、理解出来ますか?」


「と、申しますと?」

「じゃ、アナタにも分かるように、例え話で教えてあげるけどぉ~、
万引き犯が捕まった後にね、
『幾らだよぉ~?!払ゃ~良いんだろ』って盗んだ商品代金支払ったって、
犯した罪は消えないんですよ。
はたまた、ウッカリ交通事故を起こして、誰かを傷つけたとするよね~、
『賠償金?払えば良いんだろ?』って言って支払ったとしても、
事故を起こして人を傷つけた事実は消えないんですよ。
つまりね、起こしてしまった不祥事に責任を取るということは、
迷惑をかけた相手の心を納得させるような謝罪を行うということなの」


「はい、じゃ、どうしたら良いんでしょうか?」

「そんなことは自分達で考えろ!だからぁ~。
どうして、迷惑被った方の私が、迷惑かけた方の人に、
そこまで手取り足取り丁寧に教えてあげないといけないわけ?」


「そうですね。
その旨、校長の方にも伝えておきますが・・・。
たとえば、ですね、お電話番号をお教えいただけば、校長の方から、
そちらに直接お電話させていただいて謝罪をさせますが?」


「ことの本質がなかなか理解出来ないんだね、アナタ。
これは、私個人の問題では有り得ないでしょう?
こんな無礼千万なプリントが配布された全家庭の親達は、
少なからず私同様の不満を抱いていると思わない?
想像力がないのか?フルヤさん???
というか、自分が私達の立場だったら?・・・とちょっと考えて見てよ。
さっきも言ったように、まず“金額(¥60,000)ありき!”じゃないよね?
まずは明細が提示されて、それからでしょ?
そうした当たり前のプロセスをすっ飛ばされたのは、私だけじゃなく、
配布された家庭の親達全員だからね」


「はい、分かりました。
それでは、月曜日にですね、校長の方から、
保護者様全員にプリントを配るように申し伝えます。
内容は、明細と謝罪と・・・で宜しいでしょうか?」


「さぁ~、自分達で考えてよ、あとは。
だけど、ひとつ言っとくと、
『どうして、そんな至極当たり前のプロセスが踏めなかったのか?』
絶対理由がある筈なんだよ。それを明確にしておいて欲しいね」


「分かりました。
その旨、校長に伝えておきます」


鶏と野菜のポン酢風味


「んじゃ、第2点目にいくよ。
そのプリントなんだけどね、発信元が、“近○日本ツーリスト”になってるの。
不思議じゃない?」


「え、何がですか?」

「だって、私、“近○日本ツーリスト”なんて縁もゆかりもないんだよ。
どうして、そんな見も知らぬ相手から『¥60,000払え』って突然言われなきゃいけないの?」


「修学旅行と明記してあれば、それを担当する旅行会社と分かりますよね?」

「どうして???
私は、学校側から、今の今まで一切、
『“近○日本ツーリスト”が、修学旅行を担当します』なんて知らせ受けてないよ。
不審なプリントだと思ってもおかしくないと思わない?」


「あぁ~、それはそうですが・・・」

「これも、さっきの明細と同様、
事前に保護者達に知らせるべき情報であるにも拘らず、
それを怠った・・・そういうことになると思うよ。
更に言えば、まずは、学校側から、
『“近○日本ツーリスト”が修学旅行を担当することに決まりました。
つきましては、“近○日本ツーリスト”から、こういった趣旨のお知らせが届きます』
って情報が齎されるべきでしょ?」


「そうですよね~。分かりました。
それも含めまして、校長の方にはキチンと対応するように言っておきます」


「じゃ、月曜に校長から如何なる対応がなされるか楽しみにしてますよ。
それによって、私の方も、その後の対応を考えさせていただきます」


赤い小さな花



というわけで、教育委員会職員への教育的指導(?)は一旦終了した。w

あぁ~~~、疲れ果てたよ。


この記事に対するコメント
明細を出すと高くなります。
通常、明細を出すとなると、
ドンブリ勘定より高くなるのが世の常です。
しかし、話の行きがかり上、そういうわけにはいかないので、
近〇さんは大変困るでしょうね。
こういうことは情報公開の透明性が求められているので、
当事者がそれに気付かないこと自体が犯罪です。
いわゆる行政の不作為行為です。
【2007/05/03 00:31】 URL | 辺境 #- [ 編集]

ちっ、どいつも、こいつも、って、風車の親分が嘆いていました。

とにかく、このセカンド・レポートで
ゆりかりんの怒り、その意味がよお~くわかりました。

それにしても、学校側の事前説明がないことや、近○日本ツーリストが発信元になっているなど
本当にふざけた話ですね。

それに教育委員会の応答もなっていない。
というか、ランボーがいたら「怒りの鉄拳」が出ていたと思います。

はっきり言います。学校はネコパバしているでしょうね。間違いないと思います。
そんなこと遠山の金さんだって、先刻ご承知でしょう。
近○日本ツーリストが、小判の詰め合わせを赤シャツに渡しているんでしょうね。

水戸のご隠居が生きていたら、こう言ったでしょう。
「助さん、角さん、存分に懲らしめてやりなさい!」ってね。

だけどさ、いろんなウラがわかるだけに、馬鹿らしさが募るよね。

僕なんか、最近、毎日お祈りの時を過ごしています。悪が滅びますようにって!


【2007/05/03 00:58】 URL | テッド #- [ 編集]


<辺境さん、
一番楽しみにしてることは、整合性なんですよ。

・・って言うのも、
そもそもの日記『納得いかんのぉ~~~!』
http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-224.html
にも書いたんですが、
実は既に、たまたまプリントの問合せ先となってた近○日本ツーリストの、
次長に電話して、口頭で明細を聞いてるんですな。

だけど、これって、通常は、学校側から提示されて然るべきものだから、
そこんとこは、ちゃんと正式に筋を通してもらわないとね。
(というよりも、やっぱ、問い合わせないと、明細を公表できない理由が気になりますが・・・)

だもんで、月曜に、校長名で学校側から公表される予定の明細と、
近○日本ツーリストの次長が言ってた明細とが、もし万が一違ってたら、
「ちょっとぉ~、どういうことなんだぁ~?」
ってことになるわけです。

PTAは、全くアテにならないから、
もし信じられないような(?)明細等が公表された場合は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本腰入れるかも?w
【2007/05/03 01:00】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


<テッドさん、
分かっていただけますぅ~~~?
何か嬉しいっす、メッチャクチャ~~~♪

いやはや、心底痛感したのは、
「公務員って、つくづく“責任を取る”ということと乖離されて生かされてる生き物なんだ」
ということです。
(腹中にピンワーム飼ってるみたいなもんですw)

普通に生きてる大人であれば、自分のしたことで誰かに迷惑かけたら、
まず謝罪して、その責任を取るのが当たり前です。

んなことは、ウチのバカ娘共だって、シッカリ心得てます。
「人に迷惑かけたら、まず“ゴメンなさい”って言えないと、人間じゃ~ないよぉ~」
って、つい先日も、(別事件で)叫んでましたから。

にも拘らず、公務員達はどうでしょう?
不祥事を起こしても、誰も責任を取らないのが当たり前になってしまってるから、
その場を取り繕うことには長けていても、
本質的に、その不祥事と対峙しようとは、最後までしません。
(この点で、公務員と一般市民との間に絶対的温度差が発生していることを、
言葉の応酬を交わすたびに明確に実感できます)

だって、責任取る習慣が無いんですもんね。www
(所詮、他人事です)

そのため、きっと、最後まで心から反省して謝罪することは無いでしょう。
(取り繕う言葉はあっても・・・・・)

だから、いつまで経っても、こうした不祥事は起きるし、
逃げ得な連中を再生産するだけなんですね。
【2007/05/03 02:21】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

普通の会社で
こんな出張経費請求したら笑われるねww
保護者を舐めているとしか考えられんわ!!w
【2007/05/03 03:40】 URL | 陽太 #SFo5/nok [ 編集]

噂に聞いていても
なかなか行動に移すことは出来ないですよね。
ゆりかりんさんのパワーに脱帽です。
今後の成り行きに超期待ですね。

修学旅行の話ですけれども
私が仮にその実行委員に選抜されたとしたら

1.先輩(上司)の助言
2.過年度の実績確認
3.業者合見積り

あたりから始めることになると思います。

1.なら「あそこに任せておけばいいんだよ」という気安さに。
2.では新規訪問先の事前チェック作業等の軽減、失敗談による注意事項の確認等
3.一応単独業者指名じゃありませんよという見せかけ

そう、ようするに手抜きなんですよね(想像)。
通常業務(授業、研修)だけで手一杯なのに余計なことしてられるか!みたいな。
多分、業者におんぶに抱っこなのではないでしょうか。
業者も、定期的に受注する大口ですから、手抜きして他社に獲られるような事態は避けたいはず。
それなりの謝礼というか癒着はあると思いますけれども・・・
あ、先生方の費用は学校から一銭も出てないんでしょうかね?
丸ごと生徒から集金していたりして・・・?
【2007/05/03 10:48】 URL | とっち #mQop/nM. [ 編集]


蝶のように舞い、蜂のように刺す!
期待してますよ
【2007/05/03 11:39】 URL | にぃー #mB.BT9Ic [ 編集]


<陽太さん、
ナメてるでしょぉ~~~!
「一般市民は簡単に騙せるもん!」と決めてかかってるよね。w
「あとはスットボケて済まそう!」って根性も・・・。

特に学校関係の雑務を担う保護者側には男不在の場合が多いから、
公務員共が、「女・子供はバカ」と思ってる証拠だね。

本来ならば、そんなバカに対しても、
正しい教育的指針や手本になるような生き方を、分かり易く噛み砕いて理解させるべく、
率先&啓蒙すべき立場の教育者達がこれだからさぁ~~~!

つくづく、日本の将来を背負って立ち次世代を担う子供達が、
如何に間違った方向に突っ走っても、文句言えないよね~?

<とっちさん、
仰る通り、ご提示いただいている3ステップは、最低限必要ですよね。
「どういう経緯で業者を選んだのか?」
という点を特に明確にしてもらいたいですから、その為に是非!

ただでさえ、コンペですからね、表向きにはwww
「いろんな業者から、いろんな(接待や金銭などの)賄賂が渡っているんではないか?」
っていう先生方への根強い疑惑があるわけだから。

しかし、公務員先生方の辞書には、
『李下にて冠を整さず』という詞は無いようですね。
実質的には、瓜田に履を納れまくって、とうとう足が抜けなくなったようですからね。

<にぃ~やん、
うん、・・・でも、もぉ~蝶のように舞うには体重重過ぎだからwww
打たれて、打たれて、・・・・・・・・一瞬「負けるのか?」と思わせておいて、
実は最後には必ず勝つハリー・レイスみたいなら、ナントカできるかも???
【2007/05/03 13:28】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

これ、マジっすか??
そうなら、絶対 許しちゃいかん。

こんないい加減な書類、もらったことないわ

保護者は、誰も学校に言わないの?
【2007/05/05 12:30】 URL | ちゅー #- [ 編集]


<ちゅーさん、
どうなんだろネ~?  <誰も学校に言わないの?
今んとこ、そういう情報は耳に入ってこないけど、
絶対、怒ってる親は多い筈。

過去にPTAや地区委員やった時に分かったんだけど、
地域管轄の警察から犯罪や事故とかの警戒情報が、
まず学校側に下りて来るじゃん?
次にその情報を、学校側からPTA役員や地区委員に流して、
その後、連絡網を使って保護者全員に伝えていくわけだけど、

学校側からPTA役員や地区委員にそうした情報を流す段階で、
「エェ~~~ッ?なんでぇ~~~???」
って不審に思う手順を踏むんだよ。
・・・というのは、学校側にとって不利なこととか、
学校側が流す必要はないと判断した情報は、一切伝わらないようにするわけ。

学校側の独断と偏見でもって、
「保護者達に伝えるべき情報か?そうでないか?」ってことを決定してるのよね。

そういう意味でいえば、怒り狂った保護者達から、
学校に文句の電話が殺到していたとしても、
学校側はそれを隠すだろうね。
【2007/05/05 14:00】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/227-68480839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。