虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこが基準?
最近、いろんな局面で活字を見ていて思うことは、
「何でこの言葉を、わざわざひらがなにするかなぁ~?」
ってことだ。

テレビでも新聞でも、はたまた巷に溢れる雑誌等でも・・・・・。

時々、イライラするんだけど?!

だって、中途半端にひらがなで表示することによって、
「え?・・・なんでっかぁ~???」
と何だかトンチンカンな感じになっちゃって、思考が一旦停止しちゃうから、
結果、逆に文章全体の意味するところが理解し難くなることが多いからだ。

たとえば、
「し好」、「し向」、「ゆう恒」、「ちょう度類」、「がん具」、「ぼう張」、「しん義」、
「じん大」、「ちょう番」、「しった激励」、「付和らい同」、「果かん」、「ち県」、
「かん闘」、「しゅ意」、「建りゅう」、「変せん」、「そう曲」、「かん定」、「日より見」、
「よう解」、「癇しゃく」、「一目りょう然」、「唐招だい寺」、「ゆう和」、「そ止」、
「ちゅうちょ」、「弛かん」、「きゅう極」、「執よう」、「かん護」、「せん行」、「模はん」、
「こう久」、「皮かく」、「芳じゅん」、「じゅん沢」、「かい既」、「ざん新」、「振そで」、
「光たく」、「自ちょう」、「滅きゃく」、「ひん度」、「獅子しんちゅうの虫」、「じん頭指揮」、
「ゆう合」、「ぬい包み」、「豪しゃ」、「瓦れき」、「びん腕」、「夕べ」、「干しょう」、
「混だく」、「驚がく」、「悲たん」、「超えつ」、「苦のう」、「ほん訳」、「紺ぺき」、
「縦横むじん」、「常ちゅう」、「きょう受」、「進ちょく」、「どう着」、「四面そ歌」、
「そう明」、「れい明」、「ふん怒」、「老かい」、「恐こう」、「せっ速」、「汚でい」、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc.

私って、変???

はな


★以下、余談★
・・・・・・・・・・・・・・・・某脳機能の研究を行っている人の言葉。
「あのね、漢字が読めない人ってね、
そこに漢字があったことを無かったことにして読んでいくの。
つまり、見なかったことにして、すっ飛ばして、読める字だけを追っていくわけ。
で、最後に、読めた字だけで総括した内容で理解した気になるんですよ」

ということは、漢字が読めない人達に合わせるために、
前述したような紛らわしい作業が行われているのだとしたら、
その施策は明らかに不毛だ。
だって、そもそも漢字なんてすっ飛ばして読んでるわけなんだから、
漢字の一部を平仮名にしたって、無意味じゃん???
(言葉として理解出来ないという意味じゃ・・・)



この記事に対するコメント
困った言葉遊び。
同感ですね。本当にそう思います。なんか、人を小馬鹿にしたような感じですもん。

ゆりかりんのご指摘のように…

漢字の一部を平仮名にしたって、無意味じゃん???
(言葉として理解出来ないという意味じゃ・・・)

…ということです。

どうして、こんな馬鹿げたことをするんでしょうか。理解不能です。
漢字文化への冒涜と言ってもいいでしょうね。
もし、これを親切心のつもりでやっているのだとしたら、勘違いもいいところです。

それと最近の横文字の氾濫ですね。
サラリーマン(ホワイトカラー)・エグゼンプションって言ったって、意味がわかる人たちがどれ程いるでしょうか。
これ直訳すると、「サラリーマン(ホワイトカラー)免除」ということだけど、
正式には「ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度」というものを指す言葉な訳で、
どう考えても、正式な意味には到達しない。
しかも、ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度と聞いても、中身がわからない。

簡単に説明すると、労働時間というものから「定時」という考え方を無くすということです。
これが意図するものは、残業代のカットということなんですね。

つまり、サラリーマン(ホワイトカラー)・エグゼンプション=残業代のカット制度ということです。

そんなら、最初から「残業代のカット制度」と呼ばんかい!

財界とズブズブ関係にある権力側の姑息な言い回しというわけです。

なにが、説明責任じゃ、単純な誤摩化しやないか。

東大出て、こんな言葉遊びばっかりしている、したり顔の官僚がおるんやろうね。
こいつら、みんなまとめて、鎖つけて、東京湾にでも沈めたろかいな…。
【2007/05/12 01:10】 URL | テッド #- [ 編集]

こういうこってすか?
こうちょうはやまなかおんせんでふくじょうし。
         ↓
校長は病ま中 温泉で拭く上司。

泣けるねぇ・・・・・
【2007/05/12 03:41】 URL | 辺境 #- [ 編集]

当然の結果
何日か前にニュースで小学生の漢字の正答率が悪いと出ていましたね。

ゆりかりんさんの指摘されてる活字媒体の現状やパソコンの普及で字を書かなくなっていることも合わせて考えると、小学生のみならず国民全体の漢字に対する能力が衰えているのは、なるべくしてなっていると思われます。

かく言う私も上記の例でいくつも書けないのがありました。

…ってそれはもともとバカだから?!
【2007/05/13 12:29】 URL | 流雲 漂 #- [ 編集]


<テッドさん、
そうですよね~。  <横文字の氾濫
これって、いろんな局面で国民の認知を高める上では、非効率的ですもんね。
・・・つまり、国民に理解してもらうなんてことは前提にしてないというか?
いわば、
「ナンでもカンでも小難しい横文字にしてしまえば、
馬鹿な国民には何のことか分からないまま、いろんな法案スイスイ通せるぜ~!」
「横文字を理解出来ないようなヤツラには、文句も言えんだろ」
みたいな感じで、甚だしく国民を馬鹿にし切った、
高圧的で身勝手な政府・マスコミの思惑さえ感じますね。

ちなみに、CHO、CEO、CFO、CIO、CRO、CSR、ガバナンス、コンプライアンス、
ステークホルダー、マテリアルバランス、サクセッション・プラン、・・・・・・・・・・etc.
最近頻繁に使用されているこうした言葉も、国民の一体何%が理解出来ているのか?
こういう横文字見ただけでも拒絶反応示す人達も多いだろうなぁ・・・と考えると、
国民にとって親切で為になるやり方とは全く言い難いですね。

一方、ホワイトカラー・エグゼンプションですが、
1938年に米国で導入された際には、
一定の要件を満たした3つの高所得者に限られた職種
(管理職、運営職、専門職)が対象だったけど、
現在はファストフードの副店長クラスにまで適用が広がっているのを考えると、
どんなに政府が言い訳してみたって、
「どうせ、いずれは全ての職種に適応する気なんだろ」
ってことが見え見えですよね。

「経済界の希望としては年収400万円位のラインなのだろうが、
さすがにこれでは支持を得られないと思った厚労省が、
慌てて年収900万円以上と試算して対象を絞った。
対象を絞っておいて導入しやすくし、
導入されてからその適用範囲を広げていこうという魂胆だ」
と語る専門家もいますからね。

結局は格差を一層広げるだけの弱者虐めの施策でしかないですよね。

<辺境さん、
シツコイ男は嫌われます。
・・・・・・というか、よっぽど気に入っていらっしゃるようで。  <寝ずの番

ご指摘いただいたようなことがあるか否か?については定かではありませんが、
とりあえず、校長のここまでの対応には満足できないので、
今水面下にて作戦は着々と進行中です。

<流雲 漂さん、
私も、突然「書け!」と言われると、
「・・・・・えぇ~~~っと、何だったっけ~~~?」って感じですよ。www
「ほら、アレ、アレじゃん、・・・アノ、ほら、こんな感じの・・・」って、
結局思い出せないことも・・・。(爆)

だけど、一応読むことはある程度出来るじゃないっすか?
でもって、書かれた漢字の意味から、その言葉の意味するところを推し測ることも出来ますよね?
そういうことの繰返しでもって再学習していくことも出来るわけで・・・。

やっぱ、日本語の素晴らしさや日本ならではの文字表現の美しさとかを知る上では、
無理やり漢字を平仮名にしてしまうことには反対ですなぁ・・・。
【2007/05/13 16:23】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/230-eb462fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。