FC2ブログ
虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
オレオレ詐欺と同じだから!・・・気をつけろおぉ~~~!
“第三者委員会・地方委”『年金支給の申し立て受付』が始まった。

中央委員会は昨年8月からの社保庁の年金特別相談などで、
領収書など保険料支払いの直接の証拠はないが、
本人が保険料を支払ったと主張している283件の内、
資料の整っている36件を先行して審査した。

(※慌てふためいて、とりあえず大急ぎでやってる感じで、
自公の選挙対策の一つってぇ~のが見え見えだよね。
というか、なんで先行するのが、このたった36件なの?・・・根拠不明)

しかし、これまで何度も何度も社会保険庁に足を運んで、
様々な証拠を探しあぐねて持参し、必死に交渉をしてきたけれど、
あぁ~無情にも、余りに理不尽にも、全く支給してもらえる兆しがなかった多くの人々に、
ついに、ついに、光が齎せるのか?!

と思いきや、案外そうでもなさそうだね。
というより、「やっぱりネ~」って感じ?
(安倍の言葉を信じる人々も信じる人々だけど)

今日のテレビのドキュメントを観ていたら、
(取材対象者の一人)A氏も、その一人だった。

A氏は、まず、
(本来なら二度と顔も見たくない筈の窓口担当の連中と、再び向き合うために)
またもや重い腰を上げて社会保険庁の窓口に足を運び、
『年金記録確認“中央第三者委員会”宛の年金支給申し立て申込み用紙』に記入し、
その結果を待った。

そして、首が長ぁ~~~くなった頃、ようやく、
“中央第三者委員会”から待ちに待った連絡が届いた。
「記録訂正が認められた」「年金は支給される」とした旨の連絡が来たら、
ラッキ~~~♪
A氏は、本当に「ラッキ~~~♪」と叫び出したくなるほど天にも昇る思いだった。

「あぁ~~~、これまでの道のりは長かった!
だけど、これでようやくオレの本来貰って然るべき年金が手に入るんだ」

と、A氏はその通知書をシッカと手に握り締め、心ときめかせて、
またもや社会保険庁の窓口に立った。

・・・が、しかし、その途端、A氏の顔色が激変した。

「お問い合わせ以外の期間において、新しく未納とされる記録が出てきましたので、
受け付けることが出来ません」

と窓口担当に撥ね付けられたからだ。

「なんだとぉ====================っ!ふざけるなっ!
“中央第三者委員会”が、『年金支給を受ける資格有り』と宣言してるんだぞ?!
それを、なんで、お前が覆すことが出来るんだ?!」

A氏は、これまで長きに渡って溜まりに溜まっていた怒りを一気に噴出させた。

その怒りは、国民を代表する怒りだ。・・・・・・そう思った。

だが、社会保険庁の担当者は、なかなかその、ことの重大性を理解していないようで、
相変わらず、ノラリクラリと鸚鵡返しのように、念仏を繰り返すだけ。
「何と言われましてもですね、お問い合わせ以外の期間において、
新しく未納とされる記録が出てきましたので、受け付けることが出来ません」

(社会保険庁の職員ってさぁ~、本当に脳味噌ないのね)

つまりは、こういうことなんだろうと思う。(憶測だけどw)
年金記録確認“中央第三者委員会”が年金支給申し立てのあった人達に関して、
審査(ここが一番疑問なんだけど?・・・どんな審査?)の上、
「記録訂正が認められた」か否かが決定したら、
その内容が、各自治体の社会保険庁へと通達される。
同時に、申し立てを行った当事者本人にも通知される。

ところが、実際の年金支給窓口は、
相も変わらず(他に委譲されることはないわけで)、皆さんもよくご存知の通り、
ほら、あの、罪の意識のカケラも無い、下僕意識のカケラも無い、
詐欺集団・社会保険庁だから!(笑)

連中に、与党の、厚生労働省の、いわんや“中央第三者委員会”の、
背水の陣ともいえるような施策の意図なんぞ、全く理解出来るわけないじゃん!

だもんで、安倍が、如何に声高に、
「全ての年金受給資格者に、間違いなく、一人残らず、確かに、
年金を支給いたします!私が言うんだから、間違いはありません!
私は出来ないことは言いません!」

と叫びまくっても、やっぱ、思った通り、実際に出来んもんは出来んのよね。
(だって、所詮、安倍は、選挙のために根拠なき空手形をバラ撒いてるだけなんだから)

だけど、テレビ番組が取材してたからだろうなぁ~。
このA氏に関しては、スッタモンダの挙句、後に年金全額支給という結果が齎された。
A氏、ラッキ~~~♪だよ。テレビで取材してなかったら、ダメだったね、きっと)

kikyou


だけどさぁ~、よく考えてみてよ!

そもそも、社会保険庁の不手際・不祥事のせいで、
国民は、その極めて有得ないような不本意な被害を受けてるわけじゃん?
(というか、明らかに多額の詐欺被害を受けているわけで)

詐欺集団・社会保険庁、お前ら全部死刑だぁ=======っ!
(歴代の社会保険庁長官は勿論、厚生労働省も同罪だぞ========っ!)

ということはよ、この問題の責任は、社会保険庁にあるわけよ。
つまり、この責任の所在が社会保険庁にあるんだから、
この不祥事のケツを拭く義務があるのは、
社会保険庁なわけでしょ?


だから、我々国民が、バタバタ忙しく、ただでさえ少ない可処分時間を削ってまで、
年金支給の申し立てを行うために、何度も何度も社会保険庁の窓口に足を運ぶ必要が、
果たしてあるんだろうか?

これって、本来なら、
     我々国民が全然しなくても良かった行為だよ?


こうした状況を招いた張本人の社会保険庁の職員共が、
冷房のよく利いた官舎で、相変わらず誰も責任に問われることなく、
のうのうと過ごしている時に?

どうして、加害者たる社会保険庁の負うべき責任を、
被害者たる国民が代行してやってやってるわけ?

他国で、同様の不祥事が発覚したら、国民はこうした穏便な(?)対応はしない。
間違いなく、国民総決起の暴動が起きていると思う。
(ハッキリ言って、他国から笑われてるんだよ。
「我が国の国民が、日本国民のようなユルイ国民だったら、
もっと統治しやすかったんだが?」みたいなことを言われちゃってさ)

だから、普通に考えるとね、
被害者たる国民は、ドォ~~~ン!と座して黙ってても貰えて当たり前の年金でなきゃ、
絶対におかしいと思うよ。

で、もしドォ~~~ン!と座してて貰えないという状況に至らしめられたら、
その時は、
その不法行為の責任の追求と損害賠償を社会保険庁に求めれば良いのだと思うけど?
(社会保険庁職員達のポケットマネーを資金に。・・・って、
もともと我々の血税だけどね)

というか、今まで支払った年金全額返せ!



P.S.
(これまでの日記を読んでいただければ分かるように)
小沢とか菅とか鳩山とか嫌いだし、特に民主党を支持してるわけじゃないんだけど、
最近の『ながつま昭』氏の行動には目を見張るものがある。

そもそも、彼がブチ上げなければ、
この一連の年金問題なんて、丸っきり我々の知るところではなかった。

今日も、(新潟県中越沖地震で影が薄くなったけど)記者会見を開いて、
新たな真実を公表している。
(「多くの統合不可能な名前の無い記録が宙に浮いているという事実」
の証拠と、それを認めた自民党の経緯)

“議会制民主主義”を掲げながら、その本質は、“自民党独裁主義”だった我が国の、
腐りきった膿を出す、その突破口を開いたと言えるんじゃないか?

なにせ、『ながつま昭』氏の質問にマトモに答えられる人材は、自公にはないと思う。

実際に、自民党党首の安倍は、国会を延長しておきながら、
彼の質疑を拒否している。
(真っ当に答えられないし、本当のことをシドロモドロで言っちゃうと選挙に負けるしね。
彼の質疑に答えることは、自公にとってマイナスでしかないという見解だったんだろう)
 
『衆議院 決算行政監視委員会 与党の審議拒否で開催されず』
2007年7月4日(水)
本日、ながつま昭は決算行政監視委員会にて、安倍晋三総理大臣に対し、
年金記録問題や久間章生防衛大臣の辞任問題などを質疑をする予定でした。
しかし、与党側が委員会の開催に難色を示し、結局、
与党欠席のまま委員会は流会となってしまいました。
政府・与党には説明責任があります。今回の与党の態度には大いに疑問を感じます。


つまり、彼は、自公にとって、非常に恐るべき存在なわけよね。

そういうわけで、私的には、党派等を超えて(?)、チョット注目している。



この記事に対するコメント

ながつま昭議員はパックインジャーナルに出て、なんかしゃべってましたよ。
年金問題に詳しい方ですね。
今、最も旬の人ですね。小沢よりも民主党の顔みたい。
多分、民主党は気付いていないかも?
安倍はこの人が嫌いみたいです。逃げちゃったらしいですね。
安倍らしいといえば、そうなんですが、一国の首相としてトホホですね。ずるがしこい。
それでいて、今頃になってマスコミにしゃしゃりでて「ボクは正しい」と言われましてもねえ。
そんな折に新潟で地震があって火事場泥棒してる。
ホント、情けない男だね。

柏崎刈羽原発で海水浴でもしてくれたら「男だねえ!安倍ちゃん」てなもんだが。
空手形乱発ばかりでないところを見せるには、いいチャンスだと思うよ。
【2007/07/18 01:45】 URL | σ(^^) 辺境 #- [ 編集]


今度の参議院選挙で「年金党」なんていう党が突然できて、3議席くらい獲得するのではないかと思っていましたが・・・誰も気づかなかったのかなあ。
【2007/07/18 08:43】 URL | マフマフ #- [ 編集]


<辺境さん、
うん、ワシもそう思う!  <小沢よりも民主党の顔みたい <ながつま昭議員

スクラップ&ビルドの先陣を切って、突破口を開いた途端、
バッタバッタと与党の悪人どもを切り捨てながら、
次なるステージに向けてつっ走ってるみたいな感じ?
(木枯らし紋次郎的なキャラかも?w)

生半可な細かい手直し程度じゃ、もうこの国は、
どうにもならない重篤な状況だからね。
(「チョット手直しを・・」てな程度じゃ、しない方がよっぽどマシだしね)
思い切って根幹からドラスティックに変革していかないとね。

そうそう、電力会社の社長さんと一緒に、お手々繋いで、
楽しそうにやってくれたら、少しは見直してやっても良かったんだけどね。
             <柏崎刈羽原発で海水浴でもしてくれたら  <安倍

現実は・・・・・というと、
空撮写真・映像では最初から終始して、たったのワンシーンも、
人っ子一人、敷地内にいないんだよね。  <柏崎刈羽原発
(普通はすぐ、職員達が消火しようとするじゃん?
そうじゃなくても、消防署の連中が消火作業をして様子が写されるじゃん?)

ということはよぉ~、
「危険だから入れねぇ~!」って状況だったって証明してるのと同じじゃない?
(というか、消火作業の現場を誰にも見せたくない意図を感じるんだよね。
凄い重装備で消火してたに違いない)

<マフマフさん、
あぁ~~~ワシも気づかんかったwww  <年金党

と言うよりもぉ~~~、
アメリカの場合、上院議員の定数は各州あたり2名ずつの100名で、任期は6年間。

日本の参議院議員は242名。

「多過ぎなんじゃないのぉ~?
・・・・・・・・・・特に国の面積比(アメリカ:日本)にしたら」   <日本の参議院議員数

かの中国農村部の一部で起きている一大事をバカに出来ないじゃん?!
           ↓          
搾取する側『中国共産党員』(日本で言うところの公務員)と
搾取される側『人民』(日本で言うところの国民)の
人口シェアを比べると、圧倒的に、
搾取する側『中国共産党員』(日本で言うところの公務員)が高いという事態 。
           ↑
これは何故か?・・・と言うと、
昔は、中国国土の・・・というか人民の9割以上が農村部で田畑を耕していて、
農閑期にのみ、都会に出て出稼ぎをしてたんだけど、
今は、全くその状況が変わっちゃって、
貧しい農村部に残って田畑を耕し続けている人民は、激減し始めてるんだよね。
(だって、“農村部で田畑を耕して得られるのは、借金だけ!”・・・だから。
農民は、農作物を作って得られる以上の税金を共産党に納めなくてはいけないから、
田畑を耕せば耕すほど借金だけが溜まっていく構図。
農民達の選択肢は、「自殺か?餓死か?」しかなくなっちゃったのよね)

「農民に他に何がある?家があっても帰れず、半分以上の大人は長いこと出稼ぎだ。
田んぼがあっても耕そうとしないのは、耕したら耕しただけ損をするからだ。
親があっても親孝行は出来ない。子供があってもちゃんと育てられない。
一生苦労しても、あんたら幹部や悪徳商人たちを養ってやるだけのことさ。
それなのに、あんたたちと来たら、農民を人間とみなさないんだ。
この世に生きてきて、農民は何の幸せも見出せない。本当に死にたくなるさ」
「そういえば、彼のお父さんが亡くなった時に、棺桶を担ぐ人間も残っていなかった」
(↑『中国農村崩壊』李昌平著より引用)

だもんで、(出稼ぎじゃなくて、身をそがれる思いで)生まれ育った農村を捨てて、
都会で生業を立てる農民達が圧倒的に増えてるんだよ。
(だから、農村部に残ってるのは病人と老人と子供だけ・・・みたいな農村も数知れず)

だから、以前は農村だった土地は、今や広大な荒地と化して、
そこから得られる筈だった税金が得られなくなっちゃった共産党幹部達は、
食いッパグレちゃって困っちゃって、思い切った施策を打ったんだよね。

『農村部で頑張る男には、北朝鮮から美しくてかわゆいお嫁さんを、プレゼント~♡』
(って、どっかで聞いたことのあるような施策でしょ?w)

だけど、その効果は芳しくなくて、
まだその“農村部→湾岸都市部への人口流出”はやんでない。
(知ってるとは思うけど、中国で金持ちのシェアって、1割弱くらいだから。
その殆どは湾岸部に暮らしてるんだよね。残りの9割は殆ど超~~~貧困層)

たしかさぁ~、私の記憶が間違ってなかったとしたら、
中国は共産党政権だけど、日本は議会制民主主義だったよね?

だけど、この非常に類似した現象をどう説明するのだろうか?

【2007/07/18 23:36】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

社会保険を飯のネタにしてます・・・
もう少しで第三者委員会のメンバーに入れられそうになったが、他のエライさんが「ワシがする」って取り上げてしまったのでホッとしています・・・・

まあ、社会保険・労働保険の手続を飯のネタにしている私としましては、いつか大問題になる、ってな感じでありまして・・・

昔、地元の社会保険事務所に行ったときのこと、顔見知りの調査官が机の整理をしていた。

何をしているかと聞いたら、明日本庁からエライさんがくるという・・・

「こんなときにこそ、本庁の官僚に、末端の社会保険事務所はがんばっているんだ、と訴えたらどうかね。」

と聞いたところ

「かつて、そんなことを言った先輩がいましたが『虫けらは余計なことを言うな。』と言われて左遷されてしまいました。」

との返事・・・・

すると、その虫けらを相手に商売している我々は虫けら以下ということで・・・・
【2007/07/19 14:29】 URL | sr-ta3 #- [ 編集]


<sr-ta3さん、
良かったね~~~!
んなもんに選ばれた日にゃ~、大所帯抱えてんのにさ、
おまんまの食いあげになっちゃうじゃんね?
          <もう少しで第三者委員会のメンバーに入れられそうになった

本当の虫けらは、日本国民を欺いて大金を盗み続けてきたことを棚に上げて、
何ら罪の意識も無いまま、その腐ったシステムと根性を改善しようとしなかった連中だよね。
                                     <虫けらは余計なことを言うな

sr-ta3は、我々国民の味方じゃん~♪
今後とも、その分野の難しいことをいろいろと教えてちょ~~~♡
【2007/07/20 11:49】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/249-cad43f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード