虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無能な自民党外交の功罪。
----------------------------------------------------------------------
年間20億ドル 中国の対外援助 日本ODAの3分の1
2007年10月4日(木)03:55 【ワシントン=古森義久】

米国の対外経済援助研究機関の「グローバル開発センター」が、
日本のODA(政府開発援助)にも大きな意味を有する
中国の対外援助システムについての調査報告書をこのほど発表した。

同報告書は中国の対外援助が年間約20億ドルと、
日本のODA総額の3分の1にも達し、ODAのように一般的な条件をつけず、
台湾との外交的きずなを断つことや日本の国連安保理常任理事国入りに反対することなど、
自国の外交・戦略目的をあらわにすることが特徴だと述べている。

同報告書は「中国の援助システム」と題され、まず中国政府が近年、
アジア、中南米、アフリカなどの諸国への経済援助を増大し始めたことを指摘している。
同報告書は中国側の資料のほか官僚、学者その他の専門家からの聞き取り結果を基に、
中国の対外経済援助の年間総額が、15億ドルから20億ドルだと推算している。

20億ドル(約2300億円)は日本の平成19年度のODA総額の約3分の1に相当する。
日本はいまも中国に年間1000億円程度の援助を供与しており、
中国はその倍以上の額を他国に供与するという奇妙な現象が続いているわけだ。

中国の援助の目的について同報告書は
「信じ難いほどの経済高度成長を支えるのに必要な石油、鉱山資源、
木材などを得ることのほか、自国の外交的、戦略的な利益を追求する手段にすること」
だとして、その自国の利益の実例として、
援助受け取り国が台湾との外交的きずなを断つこと、
あるいは日本の国連安保理常任理事国入りに反対することをあげている。

同報告書はさらに中国の援助が欧米諸国や日本のODAのように、
受け入れ国に政治的透明性、人権尊重、腐敗防止、環境保護、
経済管理の円滑さなどの条件をつけていないことが特徴だとして、
その分、自国側の政治、戦略の狙いをあらわにして追求できる、と述べている。

同報告書は対外経済援助が中国の対外戦略の道具として近年ますます重要となり、
2007年秋の中国共産党第17回全国代表大会に今の援助システムを
より有効に改革する案が提出される、と指摘する一方、現在の状況では
援助システムの実態が国家秘密とされ、実態の把握が難しいことを強調している。

同報告書は中国の援助が「秘密」とされる理由として
(1)中国は開発途上国として貧困を理由に外国からの援助を受け入れてきたため、
対外援助の供与を自国民に知らせたくない
(2)先進諸国からなお援助を受け取っているため自国が援助を供与している事実を
あまり宣伝したくない
(3)多数の省庁が複雑に錯綜(さくそう)してかかわるため、
中国政府の関係官僚自身も全体像をつかんでいない
-などを指摘している。

同報告書は中国の援助システムのその他の特徴として
(1)援助の政策立案は国務院常務会議が主体となり、実施は商務省が主体だが、
外務省、財政省、主要国有企業なども参加する
(2)援助受け入れ国からの要請を基礎とする要請主義や自国企業を利用する
「ひもつき」など、日本の従来の方式を模倣する部分も多い
(3)援助の効果を測定する評価制度がまだ存在しない
-などの諸点をあげている。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/m20071004025.html
----------------------------------------------------------------------


そうなんだよね~、
「中国は日本から、世界でも稀に見るほどの莫大なODAを受けてること、知ってる?」
って聞いても、中国人民の殆どは、
んなわけないだろ?!そんなことより、早く戦後賠償しろっ!」
って答えるらしいからね。

中国政府は、日本政府からの援助を惜しみなく享受しておきながら、
国内的には、そうした事実を悉く人民には伏せているし、
国外的には、日本に感謝するどころか、
逆に日本の足を引っ張ることしか考えてないんだよなぁ~。

(国内的でも日本バッシング、国外でも、特に国連でも日本バッシング・・・・・)

http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-15.html
http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-111.html

あぁ~~~、腹立つぅ~~~!

これは全て、日本政府外交のテイタラクの結果としか言いようがないね。
(戦後ずっと自民党に政権を握らせてきたツケだね。
その独裁の結果、高級官僚どもと共に日本の政治を腐らせてきた)

つい先日の『ミャンマーでの日本人ジャーナリスト殺害事件』にしてもそうだけど、
あんなヘッポコ外交やってるようじゃ全然ダメだわさ。
(ヘボ過ぎて、あれじゃ、諸外国からバカにされても仕方ない)  <高村外務大臣

というか、日本からの援助に感謝しないで、逆に報復してくるような国に対しては、
我々日本国民の血税をムヤミヤタラに注がないで欲しいもんだ

しかも、中国は、日本から貰った多額のODAを横流しして、
ミャンマーにODA援助した見返りに、ミャンマーの潤沢な天然資源を独り占めしてる始末。

だもんで、そのミャンマーの天然資源を手放したくないもんだから、
今回、国連がミャンマー政府に制裁決議を表明しようとしたのに、
中国だけが強烈に反発したんだもんね。

-----------------------------------------------------------------------
<ミャンマー>目立った中国の抵抗 安保理決議
10月12日10時40分配信 毎日新聞

国連安保理は11日、ミャンマー軍政に「強い遺憾」を表明する議長声明を
全会一致で採択したが、内政干渉を強く危惧する中国の姿勢が目立った。
中国は最近「発展途上国の代表者」の姿勢を強調することで、
国際社会での影響力を拡大している。
米国は今後、制裁決議も視野に入れるが、中国が激しく抵抗するのは間違いない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000032-mai-int
-----------------------------------------------------------------------


でさぁ~、今、日本に中国からやって来る観光客連中の言う言葉を知ってる?
「中国で買うより、日本で買った方が欲しい物が安く手に入るのよ」
(コレって、ちょっと前までの日本が中国や途上国に対して抱いてた感性そのままじゃん?)

しかも、その他の国からも、
「お笑い番組だらけの国は、どこか?日本だよ」
「こんな堕落したテレビ界、世界に他ないですよ」
「自国の危機が全く分かってないんだな」
「中国に取って代わられるのも時間の問題なのに、気が知れない」

そんなこと言われてるらしい。

実際に、中国は物凄いスピードで経済発展を遂げていて、
あと10年もすれば、日本と逆転するとさえ言われているくらいだからね。

どうなる?日本?!

それもこれも、外交の無能さに勝るとも劣らず、
内政の方も実に情けないことになってる証拠だよ。

たとえば、日本の子供達の学力低下も然ることながら、
「将来何になりたいか?」という質問に対して、
日本の高校生が、「非常に関心がある」と回答した割合が高かった項目は、
漫画やドラマなどの「大衆文化」(62・1%)、「携帯電話や携帯メール」(50・3%)、
ファッションやショッピングなどの「流行」(40・2%)
など。

「クラスのリーダーになりたい」と思う高校生は、
特にアメリカと比べると6分の1、中国と比べると3分の1と、
「リーダー」になりたくない日本人の意識も浮き彫りにされた。
最も低かったのは会社経営者(2.7%)。リーダーとなって企業をひっぱっていくことを
望まない中・高生の意識を伺うことができる。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20060302ur02.htm
http://www.toshin.com/news/times/0109student/
http://benesse.jp/berd/center/open/report/kodomoseikatu_data/2005/pdf/1kodomoseikatu_data10.pdf

『国家の品格』の著者で数学者の藤原正彦さん(62)は、調査結果について、
「一言で言えば、日本の子どもはバカだということではないか」と論評したらしい。

というか、これって同時に、
「一言で言えば、日本の大人はバカだということではないか」?

だって、ちょっと思い出しただけでも、
バカ丸出しで倫理観の欠落した大人達がイ~~~ッパイだもんね。
たとえば、
“どこまでも平然と嘘をつき通す政治家や公務員達”
“ドロボウしてもバレたら返せばコトは済むと思ってる政治家や公務員達”
“悪いことをしても反省するどころか、引き篭もって現実逃避する力士”
“殺人を犯してるのに隠蔽工作までして、責任逃れする親方”
“仕事サボってストーカーの挙句、拳銃ブッ放して罪も無い女性を射殺する警察官”
“未成年者に淫らな行為を迫る教師達”
“虐めに加担したり放置したりして、教え子を殺しまくる教師達”
“無罪の一般人を冤罪で服役させたくせに、その真偽について隠蔽しようとする裁判官”
“加害者の人権を重要視すると見せかけて、自らの勝手な屁理屈を貫き通したいが故に、
真実を捻じ曲げ、被害者家族を地獄に落としいれようとする弁護士達”


・・・・・そんなバカな大人達を見て育つ子供達が優秀に育つ筈が無いっ!

実際、
「最近の若い連中ときたら・・・・・」
って言うよりも、
「最近の良い年こいた大人ときたら・・・・・」
って問題の方が圧倒的に多いもんね。

そろそろ大人達が、将来を担って立つ子供達に、
毅然として間違ったことを正す姿勢を見せていかないと、
日本は崩壊、間違い無し!



この記事に対するコメント
大人やってるのが恥ずかしい
戦後から今までにかけて今の与党を支持し続けてきた(個人個人はもちろん多様な支持があるが、全体的には与党支持が多数だったという意味)大人の無知は、根深いと思います。
支持してたんならまだ頭使ってるからいいほうで、問題は、政治に無関心、無知で、なんの疑問も抱かずアクションも起こさなかった人たちですね。
「ええ~?政治イ?経済イ?あたし、よくわかんなあ~い」と言い放つ大人。(困ったことに、30や40過ぎてもそう言うやつがいる)
これをまたちゃんと賢い大人に戻すまでには、また50年以上かけないと戻らないかも(涙)
大人がバカじゃ、賢い若者を育てられっこありませんからねえ。
【2007/10/12 21:22】 URL | くのちゃん #- [ 編集]


<くのちゃん、
仰る通り~!    <大人がバカじゃ、賢い若者を育てられっこありませんからねえ

その良い例が、以下の亀親子かも?
      ↓
---------------------------------------------------------------------
亀田父の処分必至=反則指示でJBCが検証へ-WBC世界戦
2007年10月12日(金)19:31

日本ボクシングコミッション(JBC)は12日、
東京・有明コロシアムで11日に行われた世界ボクシング評議会(WBC)
フライ級タイトル戦で、内藤大助(宮田)に敗れた亀田大毅(協栄)のセコンドを務めた

父親の亀田史郎氏が試合中に反則を指示した可能性が高いとして、
15日に倫理委員会を開きビデオ検証することを決めた。

JBCの安河内剛事務局長は「重大な処分になる可能性もある」と、
セコンドライセンスの一定期間停止といった厳罰となることも示唆した。
反則指示で陣営の関係者が処分されるのは異例。

同氏は昨年9月の試合で乱闘騒ぎに加担したとし厳重注意処分を受けている。
亀田大本人、史郎氏とともにセコンドに入った兄の亀田興毅(協栄)、
協栄ジムの金平桂一郎会長にも何らかの処分が下される見込み。

また、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会も15日の理事会で
協栄ジムに戒告などの処分を下す方針。
同協会の北沢鈴春事務局長は「父親が急所を狙えと指示し、
興毅がひじで目を打てと発言したのをビデオで確認した」と明言。
金平会長は12日にJBCと同協会に謝罪している。
[時事通信社]http://news.goo.ne.jp/article/jiji/sports/jiji-12F557.html
---------------------------------------------------------------------


なんの疑問も抱かず>
何にも増して、指摘された通り、このことこそが最も重篤ですな。(我が国日本の大人達)

「マスコミの言ってることが、果たして真実なのか?」
「どうして、そうした経緯を辿る必要があったのか?」
「いち国民として、政治や公務員達をキチンと監視できているか?」
自分自身へのそういう問いかけと、間違っていると思ったら果敢に声を上げて行くことは、
最低限必要な国民としての義務だと思うんだけどねぇ~?

だって、そうじゃなきゃ、次世代を生きる我々日本国民の子孫達に申し訳ないじゃん?!
「将来を生きる日本国民に負の遺産だけを背負わせて、それでも平気なの?」
と言いたい。

「私等、何も難しいことは分かりませんねん。偉い人達が考えてくれたらエエわ」
というのは、その義務を放棄したことと同じ。
「日本がこの先どうなろうが、私等知ったこっちゃない」
と言ってるのと同じこと。

つまり、(年金がもらえないとか)何か問題が起きた時に、文句を言う資格はないと思う。

そういう意味で、盲目的に自民党を支持してる国民に対して疑問を感じるわけです。
【2007/10/12 22:44】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


そもそも大人は年こいでるだけですから、エライとかエラク無いの彼岸で生きてます。
さらに老人は、古いというのだけが取り得なので、もっと彼岸です。そのうちあの世です。
だから、大人が情けないぐらいでは、日本は崩壊しませんから、
心配しなくて大丈夫だと思います。
【2007/10/13 01:34】 URL | σ(^^) 辺境 #- [ 編集]


<辺境さん、
さっすが、無責任男だわ!w

確かに年齢は関係ないが、同じ国に生きる大人として、その国の子供に対する責任はあるでしょ?
・・・・・ないか???

ま、政治家がこの国を滅ぼそうとしてる時に、いち国民が、
アァ~ダコォ~ダ言い合っても仕方ないけどね。
【2007/10/13 01:41】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

馬鹿が、より馬鹿に、逆襲される日。


馬鹿な大人のもとで育った子供が、さらに馬鹿な大人になって、
馬鹿な大人であった老親に、さらに馬鹿な扱いをするようになる。
こんなことがわからないようじゃ、夜も末だねぇ。

年金問題が取り沙汰されているけど、本質はお金の問題だけじゃないよ。

もし動けなくなったとしたら、お金なんて、預金通帳の数字だけになるんだからね。

教育がなぜ重要なのか。

そんなこと議論するまでもないことです。

【2007/10/13 22:53】 URL | テッド #- [ 編集]


<テッドさん、
そうですよね~。

その昔、日本の古き良き大人達は、
様々な局面で、優れた日本人魂や生きる上での美学を教えてくれたものです。
「卑怯な勝ち方をするくらいなら、潔く散った(負けた)方が美しい」
「屁理屈や言い訳をすることほど卑しいものはない。
そんなことをする暇があるなら、まず非を認めて反省を次に生かす努力に励め!」
「温故知新。歴史に学べ!そこに新たな施策・解決策の鍵は必ずある」
「人の振り見て我が振り直せ。他人の行為の善悪を見て、自分の行為を反省し改めよ」
「人に高下なし、心に高下あり。人間の優劣は財産や身分で決まるものではなく、
心の高下によって決まるものである」
「大疑は大悟の基。大いに疑問を起こすことは、やがて大いに悟る基になる」
「能ある鷹は爪を隠す。真に能力がある者は、妄りにそれをひけらかすことはしない」
「良薬、口に苦し。忠言や諫言は聞くのが辛いが、自分のためになる」
「真の強者は、弱い者を守れる者だけだ」
・・・・・・・・・・・etc.


私達の時代は、学校の授業で教えられたというよりも、
親や周囲の大人達に散々言われて自然に覚えてしまった
・・・と言った方が良いかもしれませんが、
最近の大人達は教えているのでしょうか?・・・耳にタコが出来るくらいw

こうした尊い日本文化の価値概念は、
今やとうの昔、資本主義という弱肉強食の無情な政策によって、
踏み躙られて消え去って行ってしまったかのようですね。

あぁ~、嘆かわしいことです。
(早く気づかないと、日本は終わりですよ)
【2007/10/14 00:49】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/278-2381f438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。