虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党独裁の果てに見えてきたもの。
というわけでぇ~(って突然どういうわけぇ~?)、
今年も徐々に全開モードに向けて、とりあえず、
第一弾をば、おっ始めてみようか?・・・とw

ではでは、早速。。。。

おでん


この前テレビを見てたらさ、ある食品関連の専門家が言った。
「これは、日本に対するテロだっ!」
(犯人が誰であれ・・・)

私も激しく同感した。

えぇ~、今話題騒然の、あの『中国毒餃子事件』のこと。

アスパラの豚巻


もう2年半以上前になるかなぁ~?
ココに書いた日記で、
   ↓
http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-33.html

「日本人を一掃するには、武器なんて要らない。
農薬さえあれば、簡単さ!」

と公言していたアメリカ農夫達の発言を取り上げたことがあった。

余談だが、このアメリカ農夫達は、この時、
「これらはあなた方も食べるのか?」
とレポーターに質問され、
「食べるもんかっ! まだ死にたくないからな。
これはあくまでも日本向けだよ」

と笑いながら答えていたことを思い出した。

同時に、アメリカ同様、輸入依存大国・日本の大手の取引先
(というか、一向に自給率を高める手段を講じられないで、
他国の生産食物にしか頼れないでいる日本の頼みの綱)
とも言える中国からの、
劣悪極まりない輸入品に関する批判も述べた。

これもついでの余談だが、当時の中国の輸出関係者達の言葉を借りれば、
「検疫の厳しいヨーロッパならいざ知らず、日本は検疫は無いも同然だから、
やりたい放題さ」

という風潮があったのも思い出した。

ガンモとチンゲン菜とユリネの煮もの


数年前と何も変わってないのよね。


たとえば、今回、中国・河北省の『天洋食品』工場では、
事件発覚後、すぐに中国当局によって、
日本やその他のマスコミ排除(一切立ち入らせない)策がとられた。

事件関連の施設周辺は全て閉鎖されたのだ。

その時、マスコミ達は、
「ダメです!ここ(立ち入り禁止のテープ)から中には入れない状況です。
取材も一切禁止されています」

といった内容のコメントを放映した。

あぁ~あ、また中国共産党お得意のご都合主義的“隠蔽工作”が行使され、
これまた中国共産党お得意の根拠なき“捏造対策”が講じられるのか?!

・・・・私はすぐそう思った。

しかし、数日後、中国当局は、
「全面的に日本政府と共に事件解明に対して尽力する」
というコメントを発表した。

そして、直後、『天洋食品』工場周辺の取材も解禁された。

事件発覚から中国当局のこのコメントまでの僅かな間に、
一体全体どういう“奇策への布石”が展開されたのか?

それは定かじゃない。

韮とモヤシ炒め&いり卵


だがしかし、ひとつだけハッキリしてることは、
“日本人の被害者が甚大だろうが何だろうが、
福田が何を言おうが、日本国民がどう喚こうが、
『北京オリンピック』を大成功に導くために、
その障害となるものは一切合財何だろうが悉く根絶する”

という中国当局の姿勢だ。



そういうわけだろうから、
当然のように、“日本人によるインサイダー疑惑”とか、
“日本製品ボイコット運動”とか、・・・・いろいろと出てくる出てくる。。。



だけど、ただひとつ言えることは、
“日本をヤルには、武器は要らない! 農薬ひとつあれば済む”
ということが証明された

 ・・・・・・・・・・・・・・・・ということだね。

毒?


日本の公務員どもが鼻ほじくりながら胡坐をかいている間に、
日本国民を大量殺戮できるだけの劇薬をタンマリ塗した食物が、
その横をこともなげにすり抜けて、アッという間に我々の口に入り、

・・・・・・・気がつけば、日本国民の殆どは死に絶えていた。


そういうとんでもない悪巧みが、我が国日本じゃ、いとも簡単に可能なのだ!

ということを、この事件は証明して見せたわけだからね。



この記事に対するコメント
さあ!
今からでも遅くない! 農家に転向しよう!自給率を高めよう!
【2008/02/05 05:25】 URL | ごろう #KKPYpXfA [ 編集]


<ごろうちゃん、
おぉ~~~っ、V(○⌒∇⌒○)! 共に土を耕そう~~~♪

・・・・・・と言いたいとこだけどさw、

後継者不足と耕作放棄農地を大量に作ってきた張本人・自民党政権のもとじゃ、
今後も農業はこれまで以上に切り捨てられ続けるから、余程の大規模農場じゃなきゃ、
到底食ってけないかもよぉ~?w

それに漁業の方も、隣国の密猟を野放し放題にしてるから、大変そうだしねぇ~。

取り急ぎ、、、、以前は日本並みに自給率の低かったイギリスが、
ここ十数年の間に80%を超えるまでになった所以を勉強させてもらった方が良いかもね~?
【2008/02/05 06:58】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

なんとイギリスが!!
なかなか先読みの出来る国じゃありませんか。
ユーロに参加していないところから、
そういうところを目指しているような気はしましたが。
【2008/02/05 12:49】 URL | とっち #mQop/nM. [ 編集]


NHKのクローズアップ現代で毒ギョーザの話をしていましたが、ゲストが「食料自給率を高めましょう」とは言わないのでちょっと驚きました。コメントに制限が課せられているのかと思ったのですが、食料自給率を向上させるのは不可能なくらい農業が衰退しているかなあ。
【2008/02/05 12:52】 URL | マフマフ #- [ 編集]


食糧自給率って30%ぐらいだっけ?
エネルギー自給率は4パーセントだし、
他国から売ってもらうしかないですねぇ、この国は。

あぶないよね、食糧とエネルギーの両方を
他国に頼っているのは。


【2008/02/05 13:32】 URL | コテツ #- [ 編集]


<とっちさん、
そうなのよね~。

イギリスは、戦後、農業の大々的改革(国内農業奨励・保護政策etc.)を断行して、
田園環境の保全だとか計画的管理を一大政策化して取り組んできたのよね。

その結果、とくに1970年代以降は、
イギリス国民は好んで農村・田園部に住むようになって、
農村・田園部の人口が増加(都市部では減少)。
ハワードの主張した「都市と農村の結婚」が、一田園都市レベルではなく、
国土レベルでしだいに実現されてきているらしい。(=「田園国家の形成」と呼ぶんだとさ)

なんでも、イギリスって、人口が日本の半分弱であるのに対して、
農用地面積は日本の3.4倍!(=農用地面積が国土の約7割)
国家政策による土地条件に恵まれた環境ってことも大きいよねぇ~。

・・・とはいえ、悉く民族性も環境も異なるイギリスの猿真似をしても、
お役所天国・日本じゃかなり無理があるかもしれないけどねぇ~?

<マフマフさん、
自民党の手先だからw  <NHK

戦後の自民党農政(=大失政)が、
小麦、大豆等、アメリカの余剰農産物を野放図に受け入れる一方で、
財界言いなりで、国民の命を支える食料生産や農業のことを、
本気になって取り組んでこなかったから、いまや、
1960年に1400万人いた農業就業者が今では300万人にまで減少してるし。

その一因として、減反政策が30年に渡って続けられたことも大きいよね。
挙句、水田の4割にあたる100万ヘクタールの水田が減らされたわけで・・・。

しかも、農林水産関係の予算は総額2兆9672億円だけど、
この内の44%にあたる1兆3124億円が農道整備や土地改良事業などの土木事業に使われてて、
僅か23%にあたる6755億円しか食料安定供給関係費に費やされてないのよね。

たぶん、(社会保険庁や国土交通省等と同様に)天下り先財団に、
湯水の如く無駄遣いされてきたことを突っ込まれたくなかったんじゃないのぉ~?
                                         <コメントに制限

巨額の税金を予算計上しておきながら、その実は、
殆どが高級官僚達の天下り先に無秩序に注がれているだけで、
本来費やすべき使途には殆ど活用されていない。
・・・・・そういう自民党独裁社会とは、もう好い加減にバイバイしたいね。

<コテツさん、
えぇ~っとね、たぶん、
現在の日本の“カロリーベース”(国民が国産食物でとれてるエネルギー)だと、
39%だと思うよ。
ちなみに、フランスが130%、アメリカ119%、ドイツ91%、イギリス74%。
かたや“穀物自給率”だと(北朝鮮や韓国よりも低いらしい?)、
28%だったかな?
ちなみに、フランスが191%、アメリカ133%、ドイツ126%、イギリス112%。

・・・・・というわけで、
他の先進諸国に比べると極端に自給率が低くて異様な国ということになる(?)。

結局、自民党ドンクサイ・・・じゃなかった、独裁政権が生んだものって、
国民を甚だしくバカにして置き去りにした挙句の、
政治家と高級官僚の蜜月が織り成す『私腹肥やし放題天国』
・・・ってシステムだけだったって気がするなぁ。
【2008/02/05 15:34】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


★おまけ★
ココでいう“ハワード”って、こういう人。
     ↓
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%A8%A5%D9%A5%CD%A5%B6%A1%BC%A1%A6%A5%CF%A5%EF%A1%BC%A5%C9/detail.html?from=websearch
【2008/02/05 15:43】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

人民中毒
中国の農家も大変だと思うよ~。
日本の農家も負けずに農薬まみれだと思うけれど・・・・
イトーヨーカドーに出荷しようと思ったら、
曲った野菜やダンボール箱の規格に合わない
自然に育ったヤツは排除されるからね。

ここらへん、
どこかの国の教育システムと良く似ている。

農薬ばっか撒いていると、
害虫もウルトラになって、
それでもって、もっともっともっと・・・と、きつ~い農薬を
使わざるを得なくなる。

そうこうしているうちに、中国の害虫が世界最強になって、
北京オリンピックで金メダルを受賞するわけだ。
中国のハエ 金メダル
大阪市役所 銀メダル
杉並区和田中学のボランティア 銅メダル
ってな調子だす。
【2008/02/05 21:56】 URL | 辺境 #- [ 編集]


<辺境さん、
曲がった胡瓜、傷あり林檎、不揃いなじゃが芋、虫食いホウレン草、etc.
・・・・・全然OKだと思うんだけどねぇ~?
(ヘソの曲がった傷だらけの・・・どこから見ても規格外の私的には、
ソッチの方が断然美味そうに感じるんだが?)

というか、流通段階でもっと工夫して、
安全・安心な食の提供のために、そして食資源を無駄なくリーズナブルに供給するために、
もっともっと努力改善すべきことは山ほどあると思うけど?
(“顧客最優先主義”なんて口先だけじゃん?!)

「まずは規格ありき!」
じゃ話は全然前に進まないもんね?
・・・どうせ現実にそぐわない“絵に描いた餅”的マニュアルでしかないんだからさぁ~。

だから、ツケ込まれるんだよ。

最近、中国じゃ無知無学無教養の貧困層が、
雇用主を逆恨みしたり、犬猿の中の商売相手に嫉妬したり、
・・・・・その挙句に農薬を盛る(殺人・殺傷)事件が多発してるらしいけど、
そういう国を商売相手にしてるってぇ~認識が日本メーカーサイドにあったのかねぇ~?

(今回の事件だって、『天洋食品』は、
大量にリストラされた元従業員達から、かなりの恨みをかってたらしいしね)

余りに杜撰すぎる!

供給する責任を担う側の日本メーカーや小売店も、
危機管理チェックを徹底行使して然るべき筈の厚生労働省や農林水産省も。

(全ての物がキレイサッパリ撤去されて掃除された後の『天洋食品』工場内に、
ど素人のメーカー担当者だけで査察に行っても、何にもならんだろっ!?
・・・・証拠は全て隠滅された後なんだから。
本来なら、何も持ち出せないような従業員を足止めにした状態で、
即、警察機関を同行した政府の査察官達が踏み込むべきじゃなかったのぉ~?)

国民の生命と健康を担う食品を扱うという重大な責任がある!
・・・ってぇ~業務本来の原理原則、大命題を全く無視した結果になっちゃったわけだから、
業務上過失傷害罪が適用されて重罪に問われても良いくらいだ。

というわけで、今後、『中国の害虫vs日本の害虫』の結末の行方や如何に?

【2008/02/06 15:28】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

難しい事はわからんけど
英国の自給率80%は称賛に値するね。 日本は偉そうな事言ってても、「アジアらしい」面が丸見え。。
「売れればいい、売るためには何をも犠牲にする、だって売れなかったら困るじゃない、モラルなんてとっくの昔にどこかに捨て去った・・・」って感じかな。
自分たちが「豊かになりたい」と思うんだけど「ゆたか」っていろいろ意味があるよね。
【2008/02/08 08:46】 URL | ごろう #KKPYpXfA [ 編集]


<ごろうちゃん、
うん、“資本主義”って、まんま“資本”=銭=財を最優先にする主義だからねぇ~。
ウダウダ奇麗事並べて飾り立てたって、その実は汚らしいに決まってるさ。

その主義主張を取り入れた途端、日本古来の「武士は食わねど高楊枝」的美学は、
キレイサッパリ捨て去られちまったね。

汚いことしてまで満腹になったって、
卑怯なことしてまで他人よりも権力持ったって、
貧しい者から奪い取ってまで金持ちになったって、
・・・・・ちっとも美しくないんだけどねぇ~?

美しく生きることこそ真の豊かさだったとしたら、
・・・・・明治以前の日本人って本当に豊かだったかもしれないね。
【2008/02/09 00:46】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/284-f17b7fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エルメス

サイト作りの参考サイトを回ってます。また読ませてもらいます。 エルメス【2008/04/07 08:51】

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。