虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾する犯人像。
今回、元厚生省官僚2名宅の殺傷事件で、
犯人として逮捕された小泉容疑者(&その黒幕)の果たした役割は、
本人が知るところなのか否かは別にして、
その目的は、以下のようなことになるだろう。

①(元経団連会長・奥田の発言を布石として)国民の社保庁に対する
国民の不平不満の軽減。
    ↓
②(その社保庁・厚生労働省を発端とし)国土交通省、その他省庁の官僚どもの、
悪辣な生態に対する国民の不平不満の軽減。
    ↓
③そうした官僚どもと60年以上にも渡って癒着し続けてきた自民党政治家どもに対する
国民の不平不満の軽減。
    ↓
④自民党政権の支持率アップ!

つまり、ガス抜き・・・だねw
(国民の敵であった筈の元厚生省職員が殺されたことによる)

自民党による次回の選挙に向けた選挙対策???

その証拠に、、、

①各マスコミは一斉に、社保庁批判を控え、
「我々国民の血税を違法に貪った天下り役人が、
あたかも聖人である」

かのような報道を、連日繰り返し繰り返し、聞き飽きるほど行い続けている。
    ↓
「ウソも百ぺん言えば真実になる」的コメンテーターたちの発言が、
これでもかぁ================っ!・・・みたいな大嘘。。。(もぉ~ウンザリ)
    ↓
③だけど、一方で、その報道を鵜呑みにし、
そして、各省庁に対する心象を、ウッカリ好印象に変えかけている国民が多いのでは・・・・?


プロパガンダの天才と呼ばれたナチス宣伝相のゲッペルスが言った通り、
「何度も何度もメディアによって刷り込まれた国民は、
例え、ソレが嘘だろうが真実だろうが、もうどうでも良くなる」

という手法を模索しているんだろうが、
「政府お抱えの学者や専門家が
幾ら大金貰って発言してるか知らないが、
同じような戦術で、何度も騙されねぇ~ぞ!」

http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/10minnw/048propaganda.html

・・・・と思ってるのは、私だけか???

というか、余りにも不可解で矛盾だらけのこじつけまくったクソへ理屈を、
これ以上何一つ聞きたくもない気分だ。            <マスコミ野郎ども

というか、、あえて、殺害動機を、
「ペットが殺されたから」
ってことで貫いてるのが絶妙・・・・つか、メッチャ稚拙よね。
(「社保庁に対する年金の恨みつらみ」だった場合、
そういう思いに共感する国民って莫大だから、
それに刺激され助長された第2、第3の模倣犯が出て来ると、本末転倒な事態になるから、
社保庁に対する憐憫の情は、そのままに?・・・・・って意図なのね)



この記事に対するコメント
極まるマスコミの腐敗
この犯人はなんで桜田門で自分の名前を「ツヨシ」って
名乗ったの?
催眠術の掛け間違いか?
当初TBSがライブで、容疑者は「コイズミ ツヨシ」って
報道したから、悪い冗談かと思った。

まんず、もうこの頃ね、NEWSや新聞にはうんざりだす。
警察情報や公安情報の垂れ流しばかりで、
踏襲ならぬ腐臭を発してますね。
「その報道や論評が、嘘でも本当でも、もうどうでも良い」って、
まさにナチスばりの仕掛けに、まったり嵌ってます。

しかし、「闇」の勢力は、なんで厚労省OBを殺害したのかね?

「そもそも年金など払う気持ちなどさらさら無い!」という
年金制度設立趣旨が白日のもとに曝け出されたらヤバイ!
そのための予防線を張って、キーマンを沈黙の裡に墓場に
追いやったのかね?

でも、そういう場合、あくまで「××で緊急入院」なりの、
ありていの理由で葬るのがスジというもの。
小渕しかり、橋本しかり・・・・

あからさまにテロったのは、
厚労省内部への恫喝効果をも
考えてなのでしょうかね。

そこが政治家向けと官僚向けの
廃棄物処理方法の違いなのか?
分別処理!

そのうち、「オバカ総理」が緊急入院?
【2008/11/24 23:51】 URL | 辺境 #- [ 編集]


犯人が出頭してきて一応良かったのかな
きることなら計画を全部実行してから出頭してほしかったような…
亡くなった人を悪くいっては申し訳ないけど
その人たちが過去にしてきたことをもっと報道するべき
週末は犯人のことばっかりでうんざりでした
【2008/11/25 10:33】 URL | おゆき #Oa2f/7z. [ 編集]


今朝の朝日新聞に載っていたけど、
小泉君は「図書館で職員名簿を見た」と言ったそうな。
これは、朗報だね。
攻撃リストが市民でも手に入るってことじゃないですか。

マスコミが使う「ターゲットになった高級官僚」に違和感がある。
「高給官僚」の間違いだろwww。
【2008/11/25 13:05】 URL | コテツ #- [ 編集]


<辺境さん、
そうそう、
「秋葉原殺人事件」の無差別殺人と同様の犯罪だ!
って、無理やりこじつけてるマスコミ報道を見るにつけ、

「報道陣として、恥ずかしくないのかなぁ~?」
って思いますな。

だって、これほどまでに不自然な点だらけなのに、
当局の発表したデマとデッチアゲだけを、
ただただ鸚鵡返しのように唱えてるだけなんだもん。

真実を追究しようという意思が全く見られない・・・・・。
(表向きは国民側についてる振りで、その内実は、
権力者側の道具に過ぎないというのが如実ですな)

かすかでも、報道陣としてのプライドはないのかなぁ~?

<おゆきちゃん、
実行犯(の一人?)は捕まったけど、
それを指示して犯行に及ばせ仕向けた司令塔どもが、
まだ闇の中で蠢いているからね。

・・・・・安心な社会とは、到底いえないかも?

そういえば、石井議員だけじゃなく、
松岡利勝前農水相の自殺も、ライブドアの野口氏の事件も、
耐震偽装で自殺した森田設計士も、LD投資組合・大西社長の行方不明事件も、
大阪空港で変死体で見つかった平成設計の大西元社長の事件も、
・・・・・挙げれば限がない未解決事件や、「どう考えても自殺じゃないよなぁ~」って事件が、
メッチャ多いのなんの!

「権力者たちにとって都合が悪い連中の口封じのためなら、なんでも有り!」
そんな国に住んでるのよね。

そして、ますます、国民を欺きながら、国民の知らないところで、
権力者に都合の良い体制が築かれて行こうとしているんだと思うよ。
     ↓
監視国家へ突き進む日本
http://plaza.rakuten.co.jp/31sakura/diary/200711190000/

<コテツさん、
そういうこと知ってる人って、本当にあんまりいないよね~?  <図書館で職員名簿

なんしか、ゴリ押しのこじつけ方が不自然過ぎる材料が多過ぎますな。

といわけで、私的に、今もって、全然釈然と出来ないことを列挙してみました。
     ↓
①容疑者・小泉毅は、何故、わざわざ住民票を持って出頭したのか?
(レンタカーで警視庁へ乗り付けているのだから、運転免許証は持っていた筈。
それがあれば、住民票など必要ない、いや住民票など考えもつかない、
・・・というのが一般大衆)

②「住民票は取り調べのために必要不可欠な書類」
と容疑者・小泉毅が予め知っていたとすれば、一般大衆の予測の範疇外だ。
やはり、そこら辺の手続きに手馴れた何がしかの組織が、用意周到に手筈を?

(土曜日で役所は休みの筈なのにね?
事前に用意していたとすれば、手際が良過ぎ。
・・・というか、暴力団や右翼が傘下組員を自首させるスタイルとそっくりなんだけど?)

③「出頭する要員を飼っておくのは闇世界では至極当り前の事」
だから、容疑者・小泉毅は、(借金の肩代わり等・・・を餌に?)
イザという時に出頭させるために、闇の組織に飼われていたのではないか?

(無職だった筈なのに、アパートの家賃や契約更新料の延滞が一度もなかったのは、謎)

④大柄な小泉毅容疑者は、足のサイズが27センチ。
犯行に使用されたのは25センチのスニーカーだったのは、何故か?

(当局が発表しているのは、
「小泉容疑者が出頭時に所持していたスニーカーの一つは、
東京中野区の事件の現場に残されていた犯人の足跡と、靴底の模様が酷似」
とだけ。
「一致した」
という発表は無い。しかも、あくまで、
「小泉容疑者が履いていた」
とは述べていない。
・・・・が、この辺の些細な事実は、当局側があとで捏造しやすい材料)

⑤小泉容疑者が、血糊がついたままの凶器や制服等を車に入れて、
何日間も持ち歩いていたのは、極めて不審では?

(通常の犯人であれば、「発覚を恐れ、証拠品を廃棄する」筈だが、
本件の場合は、「警察当局に提出することを予定し証拠品を保管していた」。
犯行を決行する以前から自首することが決まっていた?
「全ては、出来合いのシナリオ通りに進められた」かのように・・・)

⑥重傷を負って生還した元次官夫人が目撃した「人が隠れるほどの段ボール」ではなく、
小泉容疑者の出頭した車に積まれていたのが「小さな段ボール」だったことの不思議?


⑦小泉容疑者は、ナイフやスニーカーなど、あらゆる証拠は一切合切携えていたのに、
唯一、犯行に利用した車で出頭しなかったのは、何故か?

(わざわざ違うレンタカーに借り替えて出頭しているのは、
犯罪に利用したレンタカーでは、
マズイ理由「共犯者に辿り着くような証拠が残っていたとか?」でもあったのか?)

⑧小泉容疑者が犯行に使用したといわれている「現場から逃走した黒い車」は、
未だに不明?

(しかも、普通犯罪には、盗難車を使うものなのに、
わざわざ足のつきやすいレンタカーを使ったのは、
共犯者=真犯人を突き止められない状況で自主させるシナリオ?)

⑨小泉容疑者が、「小泉ツヨシ」と名乗って出頭(本当は、小泉タケシ)したことの不自然さ?
(普通、自分の名前は間違わないよなぁ~?)

⑩元次官宅襲撃事件の犯人については、当初から当局は、
「遺体の裂傷の位置から右利きだろう」
と発表していたが、小泉容疑者は、
「自分は左利きだ」
と言っている。
・・・・・つじつまが合わないんじゃ???


⑪犯行後、丸4日間、近隣住民は、
「(小泉容疑者を)アパートでは見かけなかった」
と陳述しているから、どこかで過ごしていたのか?

(何者かが小泉容疑者を匿っていた可能性も?)

⑫「34年前、保健所に犬を殺されたから」
という有り得ない動機を、小泉容疑者が言い張らざるを得ない理由はどこにあるのか?

(あれ程までに強烈な殺意を感じさせる殺害行動の動機としては、
余りに無理がある)

⑬百歩譲って、その動機を容認したとしても、
その犬を保健所へ引き渡したのは容疑者の父親だから、
そこまで強く恨む気持ちがあるとすれば、それは父親か、
或いは、その犬を処分した保健所に向けられて当然の筈。

(被害者の元次官2名が、当時、
狂犬病等を扱う旧厚生・健康局結核感染症課に属していたというなら、
まだ少しは理解できるが、同省・年金課に属していたわけだから、
保健所と全く関係がない)

⑭小泉容疑者は、
「元次官の住所は、国立図書館の名簿で調べた」
と供述しているらしいが、通常、一般人は、
国会図書館で各省庁の幹部の住所が調べられるなどとは、まず思いつかないのでは?

(マスコミに登場する専門家やコメンテーターさえ知らなかったようだし)

⑮小泉容疑者が、自主直前に父親に宛てて書いた手紙が、
どういう内容だったのか?すぐに公開されなかったのは、何故か?

(当局によって、真相が口止めされていた可能性が高い)

⑯集中治療室にいるとはいえ、意識もハッキリしている元次官夫人に、
当局が、小泉容疑者の写真等を見せ、
「犯人に間違いないか?否か?」の確認をしないのは、何故か?


⑰元次官2人を知る同省職員が、 口々に、
「2人は国民の誰もが受け取れる基礎年金制度を導入した立役者。
何故狙われているのか見当もつかない」
と憤った・・・ って点に、マスコミがツッ込まないのは、何故か?

(許しがたい発言だろうに???)

血液製剤をばら撒いて、
エイズで数万人 、肝炎で数百万人、
これだけ多くの、何の罪もない人々を、
薬害に陥れ殺害しようとしておきながら・・・・?


さらに、我々の年金を勝手に運用して、
何十兆円もの焦げ付き(損失)を出しておきながら・・・・・?

http://www.the-naguri.com/kita/kita60.html

そして、今日も、殺されている。
     ↓
無年金扱いの93歳女性死亡
社保庁ミス、不支給1千万円超

2008年11月25日(火)17:42

原則25年の公的年金の最低加入期間を満たし受給資格があったのに、
社会保険庁のミスによる記録漏れで受給資格のない無年金者とされた35人のうち、
93歳の女性が総額約1200万円とみられる全額を受け取らずに死亡していたことが25日、
分かった。
同様に無年金者とされた84歳の女性ら3人が既に死亡しており、
死亡者は計4人。
受給できなかった総額が1000万円を超えるとみられるのは初めて。


「オレオレ詐欺」なんかよりも、よっぽど悪質な詐欺集団、
いや、「秋葉原事件」よりも、よっぽど凶悪な無差別殺人集団、
厚生労働省が誰一人処分されないことの方が異常だよね~?!

【2008/11/26 13:26】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


2008年の文書は確定拠出型年金(年金の株式運用)の推奨
        ↓
社会保険庁バッシング(公的年金制度の破壊)
        ↓
公的年金から確定拠出型年金への移行

こういう流れだと思います

米国型 or 欧州型

どちらを国民は本当に選ぶのでしょうか!?

竹崎孜著『なぜスウェーデンは生活大国になったのか』参照

【2008/11/27 07:38】 URL | うずら #- [ 編集]


小泉という男にどんな見返りがあるのか、という線で調べてほしいけど…。
日本にジャーナリズムは期待できないから、まぁ無理ですよね。

「山口たちを殺すのはいいけどさ、わてらのメンツも立ててちょーだいよ」と
警視庁幹部がどなたかフィクサーに相談したのでしょうね。
官僚どもは金とメンツでしか動かんから。
【2008/11/27 12:18】 URL | コテツ #- [ 編集]


<うずらさん、
自民党が政権を握っている以上、
どちらを選ぶにしても、その前に、
「政治がもっとマトモにならなきゃいけない!」と思います。   <米国型 or 欧州型

が、しかし、
「確定給付型」から「確定拠出型」に変えるということは、
「税金方式」から「保険方式」に変えるということですよね。

スウェーデンの場合、保険料は賦課部分と積立部分に明確に分けたことで、
世代間の不公平感を解消することに成功したんですよね。
つまり、「高齢化リスクは、現役世代が負う」という考え方を改め、
「大部分のリスクは、高齢者本人がその現役期間に負う」という自己責任的な考え方に
移行したわけですよね。
http://eri.netty.ne.jp/honmanote/kyozai/economy/015/4.htm

確かに、賦課方式をとった場合、積立不足の問題は生じないというメリットはありますよね。
(スウェーデンだけでなく、イギリス、イタリア、オランダなどがこういう方式だったっけ?)

しかし、、、日本の場合、そうした方式に改革しようとすると、
現状の政治システムでは、あまりに無理が有り過ぎる気もします。

なぜなら、国民は、「私腹を肥やすことばかりに専念してる政治家や官僚」
丸っきり信用してませんからね。

つまり、
「どうせ、国から金を徴収されても、政治家や官僚の人生を潤すだけで、
国民のために効率的に運用されることなんて期待できない」

と思ってるから。・・・というか、
「不透明な金の流れは全くなく、
我々国民から集めたお金を、我々国民の納得行く形でしか利用しない」

という大前提がない。

そうした重要な年金方式を新たに再構築しようと思えば、
まず、「政治家や官僚の給料をもっと良心的安さまで引き下げ」、
(ヨーロッパの多くの国じゃ、「公務員=ボランティア」って感覚だしね)
さらに、「民間も顔負けなくらい効率的システムにする!」
(本当に頭の良いエリート集団なら出来るんじゃないのぉ~?)

それが可能にならない限りは、国民は、
「また、どうせ無駄に使用されるだけで、無意味だ」
って不満しか感じないと思いますよ。

というか、ヨーロッパでは、「国民と政府の信頼関係」が出来てるのに、
どうして日本は出来ないのか?!

大臣をのぞいた一般議員は定職に就いていて、
議会が開かれるたびに仕事を休んでかけつける。
そのため、「議員の身分と利権は無縁」であり、どこかボランティア活動に似ている。
当然、贈収賄らしき汚点は殆ど前例がないスウェーデンでは、
国民医療費にGNPの7.5%が投入されている。
米国は14.2%となっていて、高齢者が遥かに多いにも拘らず、
国民医療費は大きいとはいえない。


そうしてみていくと、
「高齢者は医療費を食い物にする」との通説は、
どうやら、日本の政治家のでっち上げた妄想でしかないのかも?

日本では、年金不信によって保険料の滞納が増え続けていますが、
これはひとえに、年金制度=政府が、国民から信頼されていないから!

その証拠に、スウェーデンだけでなく、ヨーロッパでは保険料の滞納は殆どないから、
やっぱ、年金制度=政府に対する信頼の問題は、絶対に大きい。

また、年金だけじゃなく、税金の制度にしても、
ヨーロッパの税金は高いですが、福祉国家としてのサービスが充実していますよね。
(イギリスやフランスなどは特に)
「一人暮らしができなくなると老人ホームに入ることになるが、国の施設なら無料」
「老後の面倒を見るのは、(その子供や家族ではなく)国家の仕事と考えている」
「医療費は完全無料(を目指している)」
「六十歳になると同時に、鉄道、地下鉄、バス代が無料になるパスカードがもらえて
公共の乗り物は乗り放題(或いは低料金)」
等々・・・・・。

そして、不透明な金の流れ(公務員の私腹を肥やす行為)に対しては、
民間の監視システムがシッカリと機能しているから、殆ど有り得ない。

・・・というよりも、ヨーロッパでは、
「そうした公務員や政治家の不正が殆どないから、国民が政府を信頼している」
といえるんでしょうけど。

「政治の透明性」
それこそが、「我々国民の利益=権利を守る第一歩!」・・・という気がしますし、
まずそういうことが出来てはじめて、いろんな制度が生かされる国になるんだと思います。
【2008/11/27 14:24】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


<コテツさん、
私もそう思いますね。  <わてらのメンツも立ててちょーだいよ

「当初設定した以上の大騒ぎになったから」
とか、
「当初目的を逸脱しそうな情勢に陥りそうだから」
とか、
「予想しなかったアクシデントが起きたから」
とか、
・・・・・そうした事情で、権力者たちが申し合わせを行い、
その結果、シナリオは急遽書き換えられ、
慌てて小泉容疑者を自首させた。

そんな胡散臭い匂いがします。

なので、
(小泉一人を犯人としてデッチあげる)証拠品にもイロイロと不備が生じたり、
元次官夫人に(口裏を合わせるための時間がかかり過ぎていて)面通しが遅れてたり、
父親に届いた手紙の内容の公表にも時間がかかったり、
・・・・・様々な辻褄の合わない事態を生んでしまったんでしょうね。

やっぱ、一番知りたいのは、この事件によって、
「最も得をするのは誰か?」
そして、
「小泉容疑者の見返りは何か?」
ってことですよね。

石井議員の時は、彼の死によって、
「不透明な不正金の流れ」が解明できなかったおかげで、
お縄にならず、その後ものうのうと血税を貪るシステムを享受し続けている
国交省をはじめとする各省庁の高級官僚や、
その恩恵にあずかる悪徳政治家どもが、
一番得をしたわけだけどね。
【2008/11/27 14:45】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


政治が職業化しているのは日本だけでしょう!?
政治の透明性と国家財政の透明性(一般会計+特別会計)が担保されなければ、国民は増税などには納得できないでしょう
地方分権(県単位の税源移譲:地方7、中央3)をして、市民オンブズマン制度を充実させないとダメですね
欧州諸国のいい前例があるのに、なぜ、この国は英米しか見ないのでしょうか!?
要望書によって国自体ががんじがらめになっているのでしょうか!?

【2008/11/27 18:01】 URL | うずら #- [ 編集]

追加
こっちの問題もなんとかしないと・・・・
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
【2008/11/27 18:25】 URL | うずら #- [ 編集]


<うずらさん、
それって、やっぱ、『年次改革要望書』が存在する限り、
「日本は、アメリカの植民地」と化しているわけで、
アメリカの思うがままの政治をせざるを得ないというところで、
思考能力を失った政治家と国民が辿らざるを得ない道だったのかも知れませんねぇ・・・・・(哀

(注)・・・・・『年次改革要望書』とは?
    ↓
日本政府と米国政府が両国の経済発展のために
改善が必要と考える相手国の規制や制度の問題点についてまとめた文書で、
毎年日米両政府間で交換される。
「成長のための日米経済パートナーシップ」の一環としてなされる
「日米規制改革および競争政策イニシアティブ」に基づきまとめられる書類であり、
正式には「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書」
(The U.S.-Japan Regulatory Reform and Competition Policy Initiative)という。


・・・・らしいけど、それはあくまで表向きの理屈であって、
その内実は、
「アメリカの国益の追求という点で一貫しており、
その中には日本の国益に反するものが多く含まれている」

たとえば、
「郵政民営化は郵便貯金や簡易保険などの国民の財産を外資に売り渡す行為」
ってことは周知の事実だし、
「医療改革は、外資系保険を利することが目的となる一方で、
患者の医療費負担増大や医療報酬減額が医療崩壊に繋がっている」

そして、今一番問題になっている「不正規雇用」・・・という点では、
「1999年の労働者派遣法改正により、
日雇い派遣が原則解禁となったが、これがワンコールワーカーの出現など、
労働環境の不安定化という社会問題を生み出した」


挙げたら限ないですが、
『アメリカの利益誘導主体=日本の国益の甚だしい損失』
というスタンスだから、このまま行くと、
日本はアメリカに食い潰されるのは言うまでもないんですよね。

だけど、誰も、・・・というか、日本国民の殆どは、その真実を知らされていない。

自民党の犯した犯罪の中で、最も大きな犯罪かもしれませんねぇ~。

どっちにしても、日本が何か国益に即した行為を行おうとするにつけ、
アメリカは逐一それを阻止し潰しにかかってきた歴史があるわけで、
「戦後、日本には二度と軍備増強を成さしめない」=「核を持たせない」
ってコンセンサスが、欧米で成されてしまったからねぇ~)

「羹に懲りて、膾を吹く」
じゃないけど、それ以後、日本がちょっとでも国家体力をつけるにつけ、
欧米&アジア各国からのバッシングは異常だから。

まぁ~、自民党政権が続く以上は、
アメリカべったりの「忠犬ハチ公的・日本」のままだろうから、
ヨーロッパ型の優れた政治体制を模索できる日は、
永久に来ないでしょうね。

だけど、それでもなお、日本国民が、自民党を支持するのであれば、
それはそれで仕方ないかもしれません。

だって、「日本国民は、愚かだった」=「日本の政治家は愚かだった」って構図でしょ?

「このままでは、絶望に向かって邁進するだけだ」
という真実が、日本国民には理解できなかった
・・・・・・・・・・・ということで終わるんでしょう。

しかし、ぶっ潰したいね!

【2008/11/27 20:37】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


要望書については
関岡英之著『拒否できない日本』『奪われる日本』参照
ビル・トッテン著『愛国者の流儀』参照
ビル・トッテンコラム
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/index.html
森永卓郎著『騙されないための経済学』参照
森永卓郎コラム
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/
森田実著『崩壊前夜*日本の危機―アメリカ発世界恐慌で岐路に立つ日本』参照
森田実コラム
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/
これらを見比べるのもおもしろいかもです
【2008/11/27 21:21】 URL | うずら #- [ 編集]


<うずらさん、
イロイロと参考になるサイトのご紹介、ありがとうございます。

いずれにしても、多くの国民がこの事実を知らされていないことによって、
・・・というか、戦後長きに渡って、
自民党独裁政権が、国民にこの事実を知らさずにいたことによって、
「日本は、立派な独立国家だ」
と大多数の国民が思い込まされている点に、大きな問題がありますね。

しかし、その内実は、
『年次改革要望書』という名のアメリカからの恫喝によって、
日本は、戦後ずっと長きに渡って、『アメリカの属州(植民地)』として、
特に『アメリカの財布役(収益源)』としてしか存在してこなかった。

たとえば、アメリカに、
「アメリカの農産物を買え」とか、「アメリカの国債を買え」とか、
「アメリカの肉を買え」とか、「アメリカのために郵便局を引き渡せ」とか、
・・・・イロイロと脅され命じられるたびに、二つ返事で応じてきたのは、
あえてココで言うまでもない事実ですからね。

マスコミも、そういう意味では、報道の役割を忘れ去り、
国民サイドに立つことをやめ、国家政権サイドに立ち続け、
この事実の隠蔽に加担してきた罪は重いと思います。

国民が、この事実を早く認知し、
そして、一日も早く、アメリカ従属主義をやめ、
アメリカ(猿真似)的国家からの脱却
を果たさない限り、
日本の、日本国民の今後は、悲惨を極める事態になるでしょうね。
【2008/11/30 16:32】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


持続可能な社会(共生社会)とは!?
【2008/11/30 22:38】 URL | うずら #- [ 編集]


<うずらさん、
まず、いろんな意味で、近視眼的に見ることはやめた方が良いでしょうね。

たとえば、アメリカ帝国の建国以後の歴史なんて、
たかが2~300年でしょう?
(だから、何事も合理的に済ませようとするアメリカ人に、
歴史の深さだけが醸し出す『様式美』は、到底通用しないし理解できないw)

しかし、中国はもとより、ヨーロッパや日本、その他の諸外国の歴史は、
それに比べて非常に長く深い。

更に言えば、古代ローマ帝国が、キリスト教一神教に乗っ取られるまでの歴史は、
歴史上、前代未聞で非常に長く、しかも周辺諸国も非常に豊かだった。
(最近成り上がったばっかのちんぴら国家アメリカなんかとは、比較のしようもないです)

なぜなら、昨今、戦争の重要な根拠となっている宗教が、
今のように一神教ではなく、多神教だった点も大きい。
八百万の神の召します日本に匹敵するほど、
古代ローマ帝国で存在した神は多かったといわれていますから)

というか、古代ローマ帝国は、統治はしても、支配しなかったんですよね。
税制はシッカリしていましたが、搾取はしなかった。

奴隷から元老院(アメリカでいう上院議員)に上り詰める人々も珍しくなく、
兵役はあっても、その土地ならではの文化は守られ、自由闊達だった。

たとえ、どんな宗教を信じようが、誰を神と信じようが、
どんな生活様式を重んじようが・・・・・誰も迫害されず、
全てのリージョナルカルチャーは束縛されなかった。

その反面、(昨今のような)一神教の致命的な点は、
「神は唯一(自分が信じる)一人だけ!」
「その他の神は存在し得ない」
「だから、偽りの神を名乗る宗教は許せない」
「当然、そういうまやかしの神を信じる宗教は、排除しなければならない」

・・・・という論拠にあります。

戦争をおっ始めるモチベーションにはもってこいです。
一神教崇拝者たちは、神のためには、我が命も惜しみませんからね=聖戦=ジハード

そうやって、何かにつけ、アメリカは、(その歴史の浅さをコンプレックスに)
諸外国に負けたくない一心で、
心の豊かさや人間として最も大事なものを置き去りにして、
「権力さえあれば良いんだ!」
みたいな(まるで覚醒する前のタイガーマスクみたいに)、
非常に稚拙な根性で国家を牛耳ってきたんです。

http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-140.html
http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-214.html

・・・えぇ~、いろんな国の利権を搾取するために戦争ばっかやらかして。
そして、アメリカ独自の文化と宗教を押し付けようとして。

だから、今もなお、自国も含めて、周辺他諸外国にも、その不幸を振りまき続けている。

そんなバカ帝国を、
「お前ら、バカか!?」
と皆が自由に糾弾でき、そして、その声が生かされるような社会になると、
きっと、素晴らしい~~~♪

【2008/11/30 23:39】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]

ガス抜き説に同意。
私も、元厚生省事務次官家族への殺傷事件は、国民へのガス抜き目的だと感じてしまいます。これも、延命を謀る既得権益による、選挙対策の一環にでもなるのでしょうか?
「年金批判のマスコミを黙らせる方法は他にもある」と厚労懇で、
フライング気味に発言してしまったオクダさんが、何かを知っているのかも知れませんね。

今週の時事放談でも、瀬戸内寂聴さんも、野中広務 さんも、
常識的には、背後関係があるだろうって述べられていました。

事件数日前に、容疑者と一緒に、スッポン料理を食べた、ベンツに乗った若い女のことを、どうしてNHKは全く放送しないの? 返って不自然ですよ。
そこには触れたくない誰かの意志を感じさせます。
朝日放送は、その事実を、お昼の番組で、1回だけ?しか放送しませんでした。
圧力があったのでしょうか?
犯罪の専門家は、一連の容疑者の行動は、ヒットマンの様式と同じだと述べていました。

これまで音信不通だった父に宛てた手紙に「チロの敵を取った」だけの内容?
何の意味があるの?これにも不自然さを感じます。
これって、準備された国民向けの犯行動機強調メッセージでしょう。
そんなことする必要がどこにあるのでしょう。

情報操作された記者クラブ経由の報道では、真実に到達できそうにありません。

私には、容疑者の映像から、恨みを晴らした達成感は感じられません。
むしろ、何か秘密を背負っていく、固い意志を感じさせる表情にしか思えません。

誰かの意志で、謀殺されたと思われるご家族に合掌。
【2008/12/02 11:53】 URL | scotti #4SSKmKVw [ 編集]


<scotti さん、
本当に、つくづくそう思いますね~。
     >情報操作された記者クラブ経由の報道では、真実に到達できそうにありません。

たとえば、小泉容疑者の背後に、
犯人として自首することを依頼した黒幕がいたとしたら、
(小泉容疑者にとっては、非常に助かる、或いは、この上なく喜ばしい?)
・・・・「殺人犯となっても良い」と小泉容疑者に決意させるだけの『納得できる条件』を、
その黒幕は飲んでいる筈。

とすると、小泉容疑者が、その人生と引替えに得たものの内のひとつが、
『スッポン女』との一夜だった?!     >スッポン料理を食べた、ベンツに乗った若い女

小泉容疑者に対して、出頭前に大金を握らせても、
そのままトンヅラされてしまう危険性は高いから、
「それよりも、女だ!」
と、黒幕が考えたとしても不思議じゃない。
(当然、黒幕の払った代償が、これだけだとは思えないけど)

したがって、この『スッポン女』のことを殆ど報道しないのは、
「この女の存在を明らかにしてしまうことによって、
背後組織の存在を肯定することになりかねない」

と危ぶんだ黒幕が、マスコミに圧力をかけた・・・・・という見方も出来ますね。
                                     >ヒットマンの様式と同じだ
この『スッポン女』は、目撃者談によれば、
「若くて、素人には見えない、きれいな女だった」
「女が、全額支払っていた」

らしいですな。

図らずも、・・・・あ、違った、、、黒幕の思惑通り(?)、
途端に、マスコミは年金問題に言及しなくなりましたからね。
                     >「年金批判のマスコミを黙らせる方法は他にもある」
                     >と厚労懇で、フライング気味に発言してしまったオクダ

その代わりに、殺傷された次官達のことを、
「何の罪もないのに、如何に可愛そうか?!」
って報道ばっかですもんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・開いた口が、まだ塞がりませんよw

というか、野中氏は、どの面下げて、そんな発言を???
                            >常識的には、背後関係があるだろう
(随分前の日記ですがw↓)
http://yurikalin.blog58.fc2.com/blog-entry-256.html

小泉元首相が総理就任前より、
「自民党をぶっ壊す」
と豪語していたのは有名な話ですが、これは、
「自民党をぶっ壊す」「経世会=橋本派(=野中)をぶっ壊す」
ということでもあったわけです。(現在の政界を見れば一目瞭然)
その結果、小泉純一郎に、
見事なまでに橋本派(=野中)の派閥は滅茶苦茶にブチ壊され、
ある者は自民党を去ることになり、また、ある者は1億円の小切手を受け取った(疑惑)で、
政界引退。
※後者は、いわずもがな、
  郵政事業懇話会の会長を務め、「郵政族のドン」としても知られ、
  特定郵便局長会に強い影響力を持っていた野中氏のこと。

野中氏のために、命を失ったり、人生をメチャクチャにされた人たちは、
実に多いわけです。
(小泉純一郎も、最悪の売国奴だけど)

かたや、田母神発言でも、
通常なら、一気に日本バッシングを開始する筈の中国や北朝鮮が、
今回ばかりはおとなし過ぎる。
・・・・・なんか気持ち悪いな。。。

対中擁護派で『朝鮮族議員』とも呼ばれている野中氏が、
何らかのアクションを起こしたのじゃないか?
・・・・・そう思っていたので、ちょっと調べてみたら。
     ↓
神戸中華総商会は20日、神戸市中央区で「9・18中日友好の集い」を開き、
元自民党幹事長の野中広務さん(82)が講演。
98年、政府高官・自民党幹部として初めて訪れた
中国南京市の南京大虐殺記念館の様子を紹介し、
「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」
と語った。

1925年、京都府園部町(現南丹市)に生まれた野中さんは
「自宅近くの山の斜面に兵器工場が疎開してきた。
中国や朝鮮半島から連行されてきた人たちが働いていた」
と明かした。将来は友好を深め、日本は
「中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともにEU(欧州連合)のような
国づくりを描かなければならない」
と述べた。

http://yawanews.blog82.fc2.com/blog-entry-795.html
http://www.bjreview.cn/JP/2002-17/week17-3.htm
http://japanese.cri.cn/151/2008/04/17/1@116162.htm

野中氏は、胡錦涛副主席と相当仲良しみたいだから、
(憶測だけど)今回の田母神発言の直後にも、何がしかの仲介をした・・・・・かも?

いずれにしても、もう自民党は、グジャグジャみたいっすね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E4%B8%AD%E5%BA%83%E5%8B%99
【2008/12/02 15:48】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


竹崎孜著『貧困にあえぐ国ニッポンと貧困をなくした国スウェーデン』参照
スウェーデンと比較して読むと我が国が欠陥だらけであることが解りますね
【2008/12/03 06:55】 URL | うずら #- [ 編集]


<うずらさん、
本当に、その通りですね。

しかし、日本国民が、
「どこで」「何によって」「如何に」「どんな目的で」骨抜きにされたか?
と考えますと、
・・・やっぱ、アメリカの骨髄を注入された敗戦直後から・・・なんだろうと思っています。

つまり、日本国民が、
(そもそも、お役所主体の封建国家だったので、より助長されたのでしょうが)
「難しいことはお役人が考えれば良いこと」=「自分の意思で物事を考えなくなった」
のは、日本政府(&お役人)=自民党が、
「アメリカ追随をこの上なく良きこと」であるかのごとく、
国民に強力にインプレスし続けた結果だと思います。

「何でもかんでも、アメリカの真似をしていれば、その内良くなる・・・・」みたいな???
(日本国民は、何の疑問もなく、そういうことを刷り込まれ続けてきたんでしょう)

何にせよ、政治家にとって、最も良い環境といえば、
「国民が政治に無関心で、国政を自分(悪徳権力者)たちに丸投げしてくれる国家」
です。
(文句を言わない国民ほど、扱いやすいものはありません。
国民を騙して搾取し放題だからw)

日本国民は、この微温湯の中の、真綿で首を絞められる状況に、
いつしか慣れてしまっています。
・・・で、いつしか、搾取されることに慣れ親しんでしまった?・・・かのようですね。

「いつかは、きっと、良くなるさぁ~」
とでも思っているのかも?

しかし、世界情勢は、そんな平和ボケ日本人を踏みしだいて進んでいきます。

現実は、非常に厳しいんですよね。

「これまで任せ切って来た政治への支持が、丸っきり間違いだった!」
と日本国民は気づくことが出来るでしょうか?

それこそが、重要なんですよね。

国民の認知理解無しには、国政の方向は真っ暗闇へと進むしかない。
・・・そういう自覚が、
・・・というか、「民主主義の何たるか?」を、国民が認知することが果たしてできるのか?

そして更に、国政に責任を持って問題意識を提示することが出来るか?

そういうことにかかっていると思いますね。
・・・崇高な理論よりも何よりも。          <今後の日本


【2008/12/04 00:07】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


はじめまして
植草先生のブログのリンクから来ました。
こちらのエントリーの主旨には、共感するのですが
スッポンを共に食した女について自分がニュースやワイドショーで見た証言は
水商売風では無いポチャポチャとした と形容されていたり
27、8~9歳と言いつつ中年と目撃した店員が言っていたりしたので
27、8でも中年ぽい感じの人なのかなと思っておりました。
証言した人は、普通の人だった、水商売風では無かった、とも
こういうの書くとしたら、正しく書かないと、突っ込まれる原因になるのでは無いかと思ったもので。
【2008/12/05 18:00】 URL | リンクから来た者 #viyDT38w [ 編集]


<リンクから来た者 さん、
そういう報道がありましたか。
貴重な情報、ありがとうございます。

私の初耳情報も多いです。
         >水商売風では無い
         >ポチャポチャとした 
         >27、8~9歳
         >中年

いずれにしても、極めて数少ない情報源では、
・・・というか、この「スッポン女」に関しては、
“一貫して全く報道しない姿勢”のマスコミから得られる情報だけでは、
真相は(このまま永久に)分からないままですよね。

そもそも当局が、この「スッポン女」に関する捜査を全く行っていないのではないか?
・・・というよりも、捜査をすること自体を拒否しているかのような、
情報遮断を行っている点が非常に気になります。

当局もマスコミも共に、その職務の大命題を忘れ去って久しいですよね。

国民は、今回もまた、こうした権力による隠蔽によって、
真実から遠ざけられてしまうのでしょうか?

本当に正確な情報が知りたいですね。
【2008/12/05 20:22】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/303-2f13176c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。