虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育者って、・・・なんだっけ?
教育者たちに対する信頼がホトホト失墜している昨今、
連中は、我が身のポジショニングを如何に認識しているんだろうか?

しばしば、
「こいつ等、この期に及んで、マジで頭おかしいんじゃないか?」
とさえ思えることもあった。

ちなみに、私は、2人の娘を産み育ててきた過程で、
実に様々な教育者たちと関わってきた。
(無理やりPTA役員やらされて、
この図太い私でさえも、円形脱毛症で丸禿になったこともあった。
私以外の経験者の中には、胃癌で亡くなったり、胃を3分の1に切り取ったり、
・・・精神的な理由で体調を崩した人達は数知れず)

出来の悪い893の情婦みたいな不貞腐れた英語の女教師や、
責任回避の言葉しか発しない落ち着きのない目の数学教師や、
状況認識が丸でなってなくて謝罪するしか能のない挙動不審な校長とか、
セクハラ教師と仲良くつるんでた教育委員会のバカどもとか、
・・・・・どぉ~したら、
これほどまでに資質の低い人材を教育者として配置できるのか?

まるで、
「こんな人間になっちゃ絶対にダメよっ!」
って典型の人材ばっか。

正直、世の中で教育者と呼ばれる連中で、
まともな人間に出会ったことがない。

(義務教育の教員はもとより)中でも特に、教育委員会の連中は最悪だった。

「教育者どもは腐っとる!」
という事実をコレデモカ~~~ッ!と思い知らされたもんだ。

子供たちが荒れる理由も分からないでもない気がしていたよ。

今では、娘たちも何とか無事に(笑)、
長女は大学、次女は高校へと進学し、
そこそこ自分でイロイロと判断出来るようになってきたので、
連中による被害を受けることも然程なくなってきたが・・・・。


<教師特別研修>「権限乱用」と停止命令 さいたま地裁支部
11月30日21時36分配信 毎日新聞

 生徒のいない教室で模擬授業を週7回行わせるなどの
「特別研修」を受けさせたのは退職強要にあたるとして、
私立昌平高(埼玉県杉戸町)の国語教師、今村寛さん(50)が
同校を経営する学校法人昌平学園(近藤好紀理事長)に研修停止などを求めた仮処分申請で、
さいたま地裁越谷支部(佐藤美穂裁判官)は30日、
「退職強要に利用されている証拠はないが、
現在の研修は権限の乱用」と研修停止を命じる決定を出した。

 申請によると、今村さんは学校側による「授業力確認テスト」や生徒アンケートで
点数が低かったことを理由に、昨年9月から特別研修に入るよう命じられた。
授業から外され、生徒のいない教室での模擬授業や、
席を離れるのに教頭の許可を求められるなどして自律神経失調症にかかったと主張していた。
昌平学園は「研修は教師の問題点を改善する手段。
模擬授業も指導力不足の教員には有効」と反論していた。

 決定は、特別研修が埼玉県の指導力不足教員に対する研修方法などと比べ
「模擬授業に重点を置き過ぎている」と指摘。
体調を崩した今村さんには「別の研修方法も考えられる」とした。

 同校は07年に経営法人が変わり、進学校を目指して方向転換を図っている。
決定後、今村さんは「早く教室に復帰し、受験指導に傾いた学校の方向性を変えたい」と述べた。
昌平学園の城川雅士広報担当は「研修は退職強要ではないと認められた。
裁判所の決定に従い、今村さんの健康や内容に配慮して研修を改善したい」とコメントした。

【平野幸治】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000127-mai-soci



教育者どもが、自らを自浄する能力を持たないという事実が明らかになった今、
彼らに教育界の改革は任せておけないと判断されるのは当然のことで、
それに対して反旗を翻す教育関係者どもは、
「私達の聖域に土足で踏み込まないで!」
と豪語するが、一方で、

「それなりに反省しているけれど、課題も見つけられず、
それゆえに対策を講じることさえ出来ません」

ってバラしてるようなもんでしょ?

まるで、どっかのカルト集団の言い訳のようだわ。

自分たちで解決できない腐ったシステムは、
一旦スクラップにした方が良いくらいなのにさ。

教員の指導すらおぼつかない連中に、
子供たちの教育を正しく行う能力があるとは到底信じがたいわけで、
んな最悪な教育現場を早く正常に戻さなきゃ、
大切な、この国の次世代を担う人材の育成なんて、
いつまで経っても実現できないと思うなぁ~。

この記事に対するコメント

子どもがいないので今の教育がよくわかりませんが
今の子どもは学校よりも学習塾がメインになっている気がします。
それだけ学校の授業が生ぬるいのかもしれません
自分の時を思い返すと学習塾もまったりのんびりしていたので
今とは全然違うのだろうな~と思います
どうしてこんなに変わってしまったのでしょうね…
【2009/12/02 08:32】 URL | おゆき #Oa2f/7z. [ 編集]


子供はほったらかしておいても、
自分なりに善悪の判断をしていきますよね。

何が大事で何が道理に外れたことなのか、
そのセンスさえあれば、
まともな人間に育つと思います。

教師や大人なんて、
はじめから相手にしてないのでは‥。
【2009/12/02 11:42】 URL | コテツ #- [ 編集]


<おゆきちゃん、
うぅ~~~ん、やっぱさぁ~、
教師たちが大きな勘違いをしていることに気づいてないからじゃないかなぁ~?

大学出て即、世間知らずんのまんま、突然周囲から、
「先生!先生!」
って呼ばれるようになっちゃうと、
チットモ偉くないのに、傲慢な気分になっちゃうんじゃないの?

だから、何の努力もしない。

そうなっちゃうと、やっぱ公務員だからさぁ~、
保身しか頭になくなっちゃうんだろうね。

だから、本来なら大命題の筈の子供のことは、二の次、三の次~♪

何か問題が起きても、取り繕ったり、隠蔽したりすることしか頭になくて、
子供たちが真っ直ぐに成長するためにはどうしたら良いかなんて、
コレッポッチも考えなくなる。

下手に努力して問題起こして自分の経歴に傷がつくよりは、
事なかれ主義を貫いて出世した方が圧倒的にお得だもんね。

そういう教師たちを、子供たちは実によく見ているんだよね。
だから、教師たちを尊敬できない。

我が子が慕わない教師を親が慕えるわけもなく、
そうやって、親も学校を信頼しなくなってるんだと思う。

<コテツさん、
そうだね~、確かに!

私みたいにチャランポランな親に育てられても、
ウチの娘たちは、まぁ~何とか今んとこは、
真っ直ぐ素直に育っていると思う。(←親バカ丸出し!w

というか、学校の先生よりも、塾の先生の方を信頼して、
塾に行かなくなった今も尚、親しくしているみたい。
(娘たちの通ってた塾は、彼女たちが探してきて行かせて欲しいと言ったとこなんだけど、
勉強だけじゃなくて、いろんな悩みとかも親身に聞いてくれるような
家庭的な場所だったんだよね)

あわせて、公立校の教師は、競争の原理で動いてないけど、
塾の先生の方は、スグに効果測定できちゃう実績を問われ続けている
という差があるからかもしれないけど?

案外、自分のために本当にいろんな意味で親身になってくれる大人を、
子供たちは、その鋭い嗅覚でシッカリ嗅ぎ分けているのかも?

やっぱ、公立校の教師たちは、もっともっと厳しい状況下で、
ガンガン鍛えられないといけないと思うなぁ~。
【2009/12/02 22:30】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


ホーレンゲキョでは、なるべくPTAの役員をヤレッ!っていう指導があるっちゅ~噂を
聞いたことがあります。
げに、おそろしい。

一方、教師の方は、石原都政の下、職員会議で多数決したらダメ。
とかいう方針に対して、当時現職の都立三鷹高校の校長が異議を唱えて、
早期退職に追いこまれました。

どちらも不愉快な話です。
まともじゃないですね。

しかし、いまだかつて「まとも」な時があったのか?
といわれれば、そんなものがあるはずもなく・・・・・・・・
私の場合、
高校の入学式では、ヘルメットが登場。(悲しいかな革マル派)
卒業式はボイコットした。
大学の入学式は粉砕されていて(学長が熱海に逃亡)
卒業式は粉砕した。
そのついでに、入学式も粉砕した。
これって、まともじゃなかったけれど、ストイックで楽しかった。

楽しけりゃ、ええんとちゃいまっか。
反動勢力が凝り固まったら、それをぶっ壊せば良いだけのこと。
話し合いや民主主義を標榜すると疲れるし、時間がかかってあきません。
こういうときは、「早く正常化したい」と彼らに思わせるような、
無茶苦茶な状態が星火燎原のごとく広がれば良いわけです。
【2009/12/04 23:53】 URL | 辺境 #- [ 編集]


<辺境さん、
アァ~タの時代はさぁ~、過激だったから良かったかもしれないけども、
今の時代はさぁ~、『メス化する自然』(レイチェル・カーソン著)みたく、
覇気ないじゃん?

「おかしいな?」
と思うことがあっても、声を上げることなく、
大きな権力の意図のまま左右されてる方が楽チン~♪
・・・みたいな?

で、問題があっても、
文句は散々言うけれども、自分たちを当事者とすることなく、
いつも誰かのせいにしちゃ~、不満ばっか言ってるわけよ。

つまり、当事者意識ゼロだから、
アァ~タの時代みたいに、自分たちで国の政治を変えようなんて輩は、
殆どいないわけよ。

真剣に課題に向かうことなく、
何か不具合が生じたら、その当事者たちを罵倒して、
憂さ晴らし・・・・。

・・・実に哀しい時代だ。

一体全体、こんな日本に誰がした?
【2009/12/06 22:48】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/322-4e077569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。