虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他山の意志
先日、朝日ニュースターを観ていたら、
諸外国のジャーナリストたちが集まって、
鳩山政権について言いたい放題語る番組があった。

以下、抜粋&要約。
   ↓
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
『アメリカのオバマは失敗したが、日本の鳩山は成功した』といわれている」
「オバマは、『チェンジ』というスローガンを掲げたにも拘らず、
ブッシュ政権の亡霊が導くままに、前政権の悪しき政策を継承しており、
意外と『変化』に乏しく、人々を失望させている」
「一方、鳩山は、その政権勝利によって、日本国民は初めて、
政治に国民主権を示し、民主主義を獲得することが出来た

「特に、事業仕分けは、民主主義の先進国といわれている欧米でさえ、
未だに出来ずにいる大偉業
だ」
「鳩山政権は、これひとつとっても、 『欧米を超えた民主主義国家・日本』という姿を
世界に示した
点で、非常に高く評価されるべきだ」
「あの事業仕分けは、
フランス革命に匹敵するほどの大レボリューションだという認識が、
日本に無いのが不思議でならない」
「本来なら、日本国民は、諸手を揚げて大絶賛すべきところなのに?」
「日本のマスコミが、そうした正しい評価をせず、闇雲に批判ばかりを繰り返し、
日本国民に対して、鳩山政権の負の部分ばかりを針小棒大に刷り込もうとしている」
「こうした日本のマスコミの偏った主張が、日本国民の総意であるとは信じたくない
「日本のマスコミは、ちょっとおかしいね」
「例えば、アメリカ軍基地の辺野古移転問題でも、アメリカでは殆ど報道されていない
つまり、アメリカでは誰も気に止めていないということだ」
「この問題を知っているアメリカ人もごく僅かいるが、
その多くの良識人は日本の方に好意的意見だ」
「そもそも外交とは、どちらかの意見を一方的に受け入れることじゃない」
「鳩山さんのやり方は、これまでの自民党政権のやり方とは違うかもしれないが、
政権が変わったのだから、当たり前のことだ」
「いや、鳩山さんは、結構上手にやっていると思う。アメリカから譲歩を引き出せるかもしれない」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

そもそも、『日米合意』は、あくまで合意であり条約でもなんでもない。
状況が変わった場合、双方の意見調整ができれば、
内容変更できる可能性もあるという認識が日本国民になされていない。

『日本で下野した自民党』と仲の良い『アメリカで下野した共和党』の連中等が結託して、
「アメリカは怒ってるぞ!」
と蚊帳の外から的外れに恫喝しているに過ぎないわけで、
それをあたかもアメリカ政権の総意であるといわんばかりに報道するマスコミって、
マジで売国機関だ!

というかさぁ~、
十数年も前から、アメリカとしては、そのグローバルな覇権構想に則り、
日本(沖縄)からトットと軍を引き上げて、グアムに移転したかったのに、
アメリカ軍を駐留させていることで私腹を肥やしてきた自民党の族議員や天下りどもが、
無理やり引き留めた形なのよね。

軍隊としては要を成さないヘリ基地(施設のみ)みたいなのを、辺野古に招致することで、
5,000億円もの税金を自在に使えるように自民党の族議員や天下りどもが仕組んで、
以後も私腹を肥やし続けようと企んだ結果でしかないのよね。

だから、この期に及んで、
「民主党は、アメリカを怒らせてしまった。大変だぁ~!」
「アメリカに居て貰って、守ってもらわないと、日本はおしまいだぁ~!」
「アメリカのご機嫌を損ねるようなことをする政権は、もう支持できない」

と騒ぎ立ててる人達も多いけど、辺野古に施設だけのヘリ基地があっても、
中身の軍隊はグアムに行っちゃうわけだから、
守ってもらおうにも守ってもらえるわけが無いのにね?

というか、未だにアメリカが自国の覇権構想やメリットを無視しても、
日本を無条件に守ってくれるなんて、本当に信じている人たちがいるとしたら、
これこそ大笑い!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★『Easy Resistance』
普天間決着を急かすアメリカの真意

http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/10/post_1a05.html

パックインジャーナル10月24日放送分視聴しました、
普天間基地移転問題で軍事評論家、田岡俊次氏の分かり易い解説がありました。


岡田外務大臣が言い出した嘉手納への統合案が実は
最も現実的な解決策であるようなのですが、
嘉手納町議会は全面的な対決に出たようです。

辺野古へ移転する案が出たのは他でもない、
新規に造成施設するならかなりの規模の公共事業です、
ゼネコンの利権のために
自民党族議員が暗躍して辺野古に決めたというのが現実
の話のようです。

普天間は周知の通り危機が切迫していますので早期の移転が望まれるところです、
嘉手納への統合をアメリカ側から発案されたこともあったそうですが、
その時は日本側からこれを断っていました、理由は前述の「利権」
です。

嘉手納ならすでに用地に余裕があり、早期の移転が可能で費用も一切かからない、
ゼネコンはそれでは困るわけです。

米国は現行案に拘っているわけではありません、
財政的な事情でグアム移転そのものが危機に瀕しているようで、
予め布石を打っているということのようです。

つまり移転費用が全体で1兆円、米軍負担分の4000億円が
議会で承認されない恐れが出てきたそうで、
これをそのまま米国側の都合で移転しないことにすれば、
負担させるはずだった6000億円をみすみす失うことになってしまう、
「日本側が約束を反故にしたせいでグアム移転は中止」
ということにすればその分妥協なり代償を引き出すことができる
。 

この問題でも我々の認識がまずおかしいことを自覚しなければいけません。

「守られている」とか「戦後復興はアメリカのお陰」というのは幻想です。

まずゲーツ長官が言っていることは筋が通っていないことに注目しなければいけません。

毎日新聞が米国の思惑通り長々と提灯記事を書いています。アメリカの回し者です。

グアムへの移転は
元々ラムズフェルドの政治主導による再編計画で全くアメリカの都合によるものです。

アメリカが沖縄に駐留する理由は周辺有事の際の邦人救出のための布陣でしかない、
中国と友好関係を深めたアメリカに沖縄に戦略的な価値はありません。

かつてのソ連、今のロシアを想定してもし日本を守るつもりなら、
沖縄ではなく北海道にいるはずではありませんか?

駐留には意味がありません。

なぜ駐留するか?金を払わなくていいからです
それに加えさらに何かと資金を引き出すことができる。


世界中で駐留米軍に無償で土地を提供し、駐留費用まで負担しているのは日本だけです
それだけ異常なことなんですが、それを解説する報道は一切ありません。 

つまりゲーツが言っているのは、人の家に居座ってみかじめ料を取っているヤクザが、
移転するから金を払えと言い、移転することが都合悪くなると、
お前らが約束を反故にしたから移転もしてやらんと嘯く


沖縄住民の感情と日本政府の援助を量りにかけさせる汚いやり方だ。

早期決着というわざと実現不可能な要求を突きつける、そうそうヤクザの「因縁をつける」それです。

アメリカ側には移転を急ぐ理由は無いわけですよね、
代替地が決まらなければ堂々と普天間に居座ればいいわけです。

再編の全体、グアム移転解消を引き合いに出してまで、その決断を急がせるのはなぜか、
そこが説明されていない。

もう少し北沢防衛大臣は質問をしてみては如何だったのでしょう?

こんな重大なことで肝心な理由が説明されないのですから、

「代替地は決まっていないが先に普天間は明け渡せ」と言っているわけではありません。

毎日はその理由に11月のオバマ訪問までというタイムスケジュールを挙げていますが、
それは急ぐ理由にはなりません。

グアムへ移転するかどうかはアメリカ国家の計画です、
それを引き合いに出して普天間代替地の選定を急ぐ理由がオバマ訪問って、
本末転倒の典型のような話です。

もう一つゲーツの発言で「議会の承認には具体的な進展が必要」というのがありますが、
これは日本がどこを代替地に差し出すかという話です。

玉突きと言いますが、すでにこれは普天間をどこに移すかという具体的な話で

日本は主権国家でその国の中で責任を負っているわけです、
移転費用も6割を負担しようという、その一点が模索されているというだけで、
議会で承認が得られないなら他に理由があるからです。

「財政難」当然ですよね経済危機ですから、
海外に基地があるなら当然撤退縮小がセオリーです、それが逆に中止になるとすれば、
理由は日本がお金を出しているからです、まぁ実にあべこべな。

分かった!
思いやり予算を廃止しましょう、
基地の土地使用料もいただきたいところ

日本も大変な財政難ですし、アメリカが駐留する理由を無くしてやればいい、
そうすれば逆に移転してくれるかもしれませんよ、一石二鳥

笑わせるのが、沖縄住民の要望とその話をリンクさせることです。

普天間基地周辺住民への配慮?世界中で無辜の民を殺しまくりながら?

アメリカは日本を守っていないし、軍の再編は自国の都合です。

この後北沢防衛大臣は「辺野古移転はマニフェストに矛盾をしない」
と言い出したそうですが、もう少しお考えになった方がいいようです。

これはどこよりも外務省がびびって騒いでいるようで、
内閣、官邸はどっしりと構えた方がいい、前政権が言われるまま全てを差し出して、
交渉のテーブルにさえ付けなかった教訓は生かさないと、

外交の鉄則は自国の利益です、脅かせばいくらでも貢ぐ相手は脅かすし、
馬鹿にされても怒らない相手にはしたいことをする。 

アメリカは財政難のためにグアム移転を反故にしたい。

理由を示さず嘉手納統合をゲーツが拒絶するのはそのためです。

日本国民はここを読み違えてはいけない
今回の騒動はアメリカが意図して起こしたものです、そして日本は属国ではありません

腹を割って事情を説明しない政府を厚遇するわけにはいかない。

過去今までの日本政府の対応のせいです。

犬のように批判せず理不尽な行いにも声を上げない、
尊敬されない政府にまともな対応があるわけがない。

出て行ってもらいましょう、元々守られていないんです。

散々厚遇しているのに、
当のアメリカは日本の問題を解決する協力はできないと言っているんです


そう言えばいい、約束が反故にされるなら「日本政府は米軍進駐費用を負担しない」と。

絶対にアメリカは撤退しない、手の平を返すように嘉手納統合に協力的になるはずです。

米軍再編問題もそうです、全くジャーナリズムが機能していません
毎日新聞の精緻な提灯記事は外務省からのレクチャーではないでしょうか、
まるで現実とは反対のアメリカの都合通りの内容です。

ここでも報道は日本人をコントロールして権力者、今回はアメリカ軍の利益を確保する、
その形の歪さ異常なほどです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★『普天間基地のグァム移転の可能性について』
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html



日本国民は本当のことを教えてもらえないまま、
マスコミが持て囃すまやかしの論調だけに踊らされていることに気づくべきだ。

日本国民に上記のような真実が知られれば知られるほど、巨悪にとって損なのね、きっと。




♥関連記事
植草一秀の『知られざる真実』 小沢一郎氏の正論を批判する低劣なメディア
ブログ版『ヘンリー・オーツの独り言』 何が【正論】か!?何も書けない惨経馬鹿記者が御用学者に助け舟!
『カナダde日本語』 習近平国家副主席と天皇会見:安倍晋三はこれ以上恥を晒すな。




この記事に対するコメント

事業仕分けは確かに画期的でしたね。
直接予算を決めているのではないのだから、小規模にして一年中やっていてもいいんじゃないかと思いました。
【2009/12/16 08:34】 URL | マフマフ #- [ 編集]

あぁ、すっきりした!
日本が世界に向けて、日本は変わったぞというメッセージを発信するにはどうすればいいか。

天皇制の廃止です。これしかありません。

せっかく政権交代したのだから、思い切ってやってください。

そして、平和国家としての新しい道を歩みだす…、これしかないね。

だから、基地・基地・バンバンには Get out here! と声を大にして、世界の中心で叫ぶ。

また、国賊磔刑法を制定し、小泉やら竹中やら財界の悪者たち、悪徳官僚を片っ端から捕まえて、

皇居前の石畳に並べて、東京観光に来た人たちに石を投げさせる。

それでも死ななかったシブトイ奴は、舞鶴から船に乗せて、北朝鮮に送る。

そういう日本になったら、いいだろうな、楽しいだろうな、夢があるなぁ…。

ここまで書いてきたら、少し元気がでてきました。

サンキュー、ベイビー、また書くぜぃ!

辺境さん、新年会で盛り上がって、アナキストの床屋に一緒に行きましょうね。

【2009/12/16 09:04】 URL | テッド #- [ 編集]


平和呆けは勘弁願いたい。
憲法改正して核の脅威を排除してからなら分かりますが。

人間が人間である限り武力闘争は無くならないでしょう。
ペンは銃より弱し。
武力拡大路線は勘弁願いたいが、支那や露助の属国になるのはまっぴらです。


>テッド氏
天皇制は日本国民による優れた感情統治方法であって
数千年の歴史あるものです。
遙か昔から実質象徴天皇制であって、陛下御自ら権力を振るうことはないのです。
実権は全て時の政府が握っています。
そして地球上で最も長く続いている王家としてギネスブック級(失礼ですが)の価値があります。
【2009/12/16 17:20】 URL | とっち #- [ 編集]

とっちさんへ
返信ありがとうございました。

とっちさんの日本人としてのプライドみたいなことは僕も充分に理解しています。

そして、これは僕がとっちさんの書き込みを読んで感じたことなので、

間違っていたらごめんなさい。

さて、天皇制についてですが、

その前に、少し僕の考えていること、思っていることをお話しします。

僕は日本に生まれた日本人ですから、日本という国をとても愛していますし、大好きです。

でも、それは僕という人間が日本に生まれたからだという思いもあります。

スペインに、あるいはインドに、もしかして、北朝鮮だったら…なんてことになっていたら

いったい、どうなるのでしょうか。

僕の基本スタンスは、日本人であるけれども、国際人でいたいということなんですね。

ほら、宇宙飛行士が言っていたじゃないですか、

地図で見たら国境線はあったけど、宇宙から見た地球には国境線はなかったよ…って。

国境があるから、国益という話になりがちだけど、

本来は「人類益」や「地球益」という考え方にならなければいけないと思うのです。

平和ボケと言われてしまえば、それまでの話かもしれないのですが…。

そこで、また天皇の話になりますが、天皇制というのはあくまでも制度です。

それは天皇機関説を云々するまでもなく、国家が作り出したものです。

価値があると言えばあるし、無いと言えばないという、幻想のようなものだと思うのですね。

天皇と私たちは、どこが違うのだろう。素朴な疑問ですが、僕はそう考えてしまいます。

ですから、天皇を高貴なお方として捉え、それ以外は平民というような価値観には組しません。

どちらも、切れば赤い血が流れる人間なんです。(不謹慎な物言いですみません)

もし、優生学上で天皇家の血は特別なんだという証明でもあれば、

話は違ってくるのでしょうけど…。

人類の祖先はひとつなのですから、あまり意味のあることとは思えません。

結論から言えば、天皇制には根拠がないというのが僕の考えです。

ただ、天皇制を護持することに意味があるとすれば、それは感情統治ということではなく、

徳川家の復権を阻止するという暫定的措置においてということになるでしょう。

リチャード・コシミズさんが海の向こうばかりでなく、

日本のロックフェラーである徳川家の実体にも迫ってくれないものかと

思っているのですがねぇ。

あるとすれば

【2009/12/16 22:47】 URL | テッド #- [ 編集]

算数無知のなれの果て
天皇制が数千年の歴史って、
神武天皇は1000年ぐらい生きてたのか?

太平洋戦争最中の戦中教育ですら紀元は2600年って歌ってたもんだ。
計算したらこの時点で神武は400歳!
だんだんインフレになるのか?
ありがたい話だもんだ。
戦後教育の荒廃ってやつか?
【2009/12/16 23:20】 URL | 辺境 #- [ 編集]


>テッド氏
このコメント欄で論争するのは不毛なので止めておきますが
私は天皇陛下が現人神とか神格的存在と考えている訳ではありませんよ。
勿論、大変な努力をされている方だと尊敬しておりますけれども・・・
統治論とか偶像崇拝とか英雄論とかそういう類の話になります、多分。
あとは日本らしさとは何か? ということにも考えを馳せてみて欲しいですね。
勿論色々な考え方があって良いと思います。
ただ、昔からあるものというのは、それなりに都合が良かったり良いものだったりすることが多いということも知って欲しい。
丁度、近所の国がなんでもかんでも破壊しまくってますから、その辺りを良くご覧になって。。。


>辺境
数百年じゃないから数千年、皇紀2669年でも皇紀1829年でもいいですけどね。。。
勝手に曲解しないで頂きたい。
というか、エントリーに対するコメントはないのかね?
【2009/12/17 02:19】 URL | とっち #mQop/nM. [ 編集]


<マフマフさん、
そうでしょぉ~~~♪
なのにさぁ~、批判ばっかしてるマスコミって、
マジで馬鹿じゃん?!

そうやって、情報貧困大衆をだまくらかして、
まんまと巨悪権力(アメリカ資本)の思惑の通りに操ろうとしてるのが見え見え。

テレビや新聞で刷り込まれる大嘘を信じてる大衆って、
本当に哀れだよ。

<テッドさん、
ハハハ・・・、新年会楽しみですね~♪

民主党も、呆けた渡部恒三みたいな旧態依然な不要人員はとっとと削除して、
新しいレボリューションにもっともっとドラスティックに邁進して欲しいものですね。
(党内で足を引っ張りまくってる連中が多過ぎ!)

アメリカが裏で如何に汚らしい手を使って、
日本を忠犬ハチ公のままに温存しとこうとしているかという真実を、
ジャーナリストももっと声を大にして伝えるべきだと思うんですが・・・?

最近は、テレビを観るにつけ実に腹立たしさを覚える日々を送っています。

誰かカリスマ的な牽引者が現れて、
こうしたマスコミの大嘘をバッサリ切りまくってくれると嬉しいですよね~。

<とっちさん、
武力による戦争を行うことで、国益になるとか、権力の覇権を遂行出来ると、
そんなことを妄想している人たちの時代は終わろうとしていると思いますよ。

情報も然ることながら、
経済がこれほどまでにグローバルな規模でしか語られなくなった今、
武力による戦争の無意味さや国家経済的な大打撃を、
多くの人々は認知し始めています。

アメリカのような悪の帝国が、
地球上のあらゆる富をその手中にしようと躍起になった挙句、
戦争を起こしては、国家的に疲弊し尽くし、
諸外国からは疎まれるような風潮が世界中に蔓延しています。

戦争はしないと公言している日本に対して、
戦争を始めることで、その国に一体何の利益があるでしょうか?

日本なんて守る気のないアメリカ軍は、やはり必要ないです。
(思いやり予算もね)

<辺境さん、
アメリカによって特権が奪われただの人になった筈なのに、
国民の象徴として国益に散々利用されまくってきた天皇の人生は、
ある意味哀れだよね。

というかさぁ~、憲法の意味を知らない人が多過ぎだから、
この際、アメリカGHQと極東委員会によって作られた憲法を、
我々日本人の手で作り直す良い機会かも?

もう戦後とは呼べないんだしね~♪
【2009/12/20 15:18】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


<masaさん、
コメント、ありがとうございます。
ブログを読ませていただいて、とても共感を得るものだと感じました。

私も、テレビ報道を観るにつけ、連中のプロ意識の低さには辟易しつくしていますが、
田岡氏の主張は賛同する部分が極めて大きいのです。

aobadaiさんのブログにも似たような記述がありましたが、
天皇の政治利用に関する田岡氏のコメントで、
「純然たる国交親善行事を、30日前なら政治利用ではなく、30日を数日きった途端、
“政治利用である!”と主張する、その根拠を羽毛田信吾宮内庁長官は示していない」

というのがあります。

まさに、田岡氏の言う通りで、2~3日ずれ込んだ途端、
いつもやっている親善行事が、急に政治利用になるという、
どう考えてもシッチャカメッチャカな判断しか宮内庁に出来ないのであれば、
それは罵倒されても仕方ないことで、小沢氏の言うことの方が断然正しいわけです。

しかし、マスゴミは、そうした報道を行わない。

加えていえば、小泉進次郎衆議院議員(小泉純一郎の馬鹿息子)がやらされた、
基地内部や護衛艦内の見学する「海上自衛隊横須賀基地見学ツアー」の方が、
圧倒的に政治的犯罪としては重篤で、同氏もこう語っています。
「自衛隊法は自衛隊員に許される政治的行為を「選挙権行使」に限っていて(同法61条)、
自衛隊法施行令87条には禁止される政治的行為の一つとして
『政治的目的のために国の庁舎、施設、資材又は資金を利用し、
又は利用させること』が挙げられている。
その「政治的目的」の定義(同86条)には『特定の政党その他の政治団体を支持し、
又はこれに反対すること』が含まれている。
小泉氏は「自民党再生のために」この見学会を企画した、と語っているから、
自衛隊の庁舎、施設、資材を政治的目的に使った疑いがあり、
利用させた責任者は外形的には自衛隊法違反として
『3年以下の懲役又は禁錮』にあたる可能性がある。
演説については「艦の見学と厚生センターでの昼食、休憩を許可、案内しただけで、
政治演説をするとは思わなかった」と故意を否定することはできようが、
演説がなくても政党が党勢拡大のために自衛隊を利用すること、
それを許すこと自体に問題がある。
国会議員が自衛隊施設を視察するのは当然だし、一般国民の見学もなるべく認めるべきだが、
国会議員が支持者を連れて入るのに協力することは自衛隊の政治的中立性を疑わせる。
野党にそれを許せば与党にも認めないと中立ではなくなる」


自衛隊が政治利用されないために中立であることの重要性は、
戦後散々語られてきた大命題の筈なのに、
マスゴミは、そうした国民にとって最も重要な情報に関して、
オチャラけた報道しかなさない。

それどころか、ツアーの同行取材をさせなかった海自の対応に、
小泉氏の「民主党からの「横やり」だ」とする、テンで政治家としては失格な発言を
擁護しマンマ報道するするマスゴミこそ、
アメリカ前政権&自民党の政権政党に肩入れ&捏造
共犯者日本国民の敵としか考えられない。

・・・とココまで書いて、長すぎちゃったので、
後は新たにアップすることに決めました。(ちょっと熱くなり過ぎちゃったかも?)
【2009/12/24 03:35】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/324-9bd05709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。