虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬り去るべきは、アメリカの犬ども。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国家公安委員長「リーク記事しか書かない」
1月22日20時15分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00001158-yom-soci

中井国家公安委員長は22日の閣議後記者会見で、
再審公判が行われている栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された
足利事件に関連して、
「今の自白中心の捜査と捜査当局から一方的にリークされる記事しか書かない
マスコミという中では、冤罪被害はこれからも出ると思う」
と述べた。
リークがあるとする具体的な根拠は示さなかった。

警察庁を管理する立場である国家公安委員会の委員長が、
捜査機関によるマスコミへのリークがあると言及するのは極めて異例。

中井委員長は会見で発言を問いただされると、
「リークされたことばかり書くマスコミと言ったんだ」
と繰り返した。
「今もリークがあると思っているのか」
との質問に対しては、途中で
「ずっとそうだ」
と遮り、
「お互い気をつけてほしいものだと申し上げている」
と声を荒らげた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


・・・てな記事にも呆れ果てて開いた口が塞がらなかった。

ebi

が、、、どうやら、検察は自分達を、
「無敵だ!」と、いや、「神だ!」とでも思っているらしい?!

何でも自分達の都合の良いように作りだすし、
マスコミ等と結託して自在に操作する。

今もまた、民主党・小沢氏の犯罪も作り出され操作されている。

西松の件でも検察側の証人の総務部長が、
「ダミーとの認識はなく、そのように説明した」
と当該事件の根本を覆すような事を証言したのに、全く報道されなかった。

そもそも検察の前身は、1947年(昭和22年)「隠退蔵物資事件」 を契機に、
戦後隠された旧日本軍の軍需物資をGHQが収奪するために作られた
(アメリカ)CIA傘下の組織。
つまり、地検特捜部とは日本の検察が独自に作ったものでは全くなくて、
単なる『米国の出先機関』であったわけで。

そのため、
これまでも“米国にとって都合の悪い人々”
(=日本にとっては正義の味方)
は、
事あるごとに有無を言わさず逮捕され政治的に抹殺されてきた。

或いは、一般人にしてみれば“意味不明&理解不能”でしかない
“摩訶不思議&奇奇怪怪な事件”に見せかけて、
永久にこの世から葬り去られた人々も数知れない。

buridaikon

ニュース報道の有様をみていると、
植草さんの言われている『悪徳ペンタゴン』の意味がよく分かる。

重箱の隅をつつき倒して、どうでも良いことを針小棒大に騒ぎ立て、
本来突き詰めるべき重要事案の本質から、国民の目を逸らさせることに必死の
コメンテータどもの脳天気でプロ意識の欠片もない発言の数々・・・。

国民が本来もっとも知るべき真実や、知りたい重要事案等に関して、
マスコミは背を向け続け、一体全体どっちを向いているのか?

それは、到底、民意の延長線上にあるとは言い難く、
国民が本当に望むビジョンとは真逆方向に煽動するためだけの暴挙でしかない。

・・・国民不在です。

そこにあるのは、
アメリカの国益のために、或いはアメリカの巨悪権力の行使のために、
そのコマンドとして機能するだけの歯車。

日本の検察の筈なのに、その実は、
日本の国益を無視し、日本国民の切なる思いを置き去りにして・・・?

例えば、国会。

多くの善良な国民の真意は、様々なアンケート等を見ても、
「国民の生活が良くなるように早く予算を決定して欲しい」
「疑惑も良いが、景気が良くなるような議論を国会で最優先すべきだ」
「国会が権力闘争の場にしかならないで、我々国民が置き去りだ」

・・・なのに?!

自民党は、バカの一つ覚えみたいに、
「小沢氏は説明責任を果たせ!」
「鳩山首相は、責任を取って辞任しろ!」

ばっか。

これでは、いつまで経っても、折角政権が変わっても、
国民の望む方向に政治が動いていかない。

他国では、政権交代を機に、一気に政権政党にその権力は集中するが、
日本の場合、民主主義がまだヨチヨチ歩きなせいか?
マスコミを筆頭にその権力移行の実効性が顕著に現れずにいる。

実に不思議な国だよ、日本!

そもそも、国会議員は通常、
不逮捕特権(国会の会期中は現行犯や逮捕許諾請求が所属議院で
可決されない限りは逮捕できない)のため、
国会議員は国会開催中は. 所属する院が認めない限り逮捕されないのに?

・・・にも拘らず、
・・・・・・・従来の永き慣習をぶち破って、
「政治資金の不記載、(という微罪)で、、、?逮捕」
とは?????

従来なら、この程度の微罪じゃ逮捕なんかしないよ。

国会開催中にも拘らず、検察の政治介入がここまで来ると、
「オイオイ、やりすぎだよ」
って笑って済まされることじゃない!

虚偽記載ごときで、国会召集直前に現職議員を逮捕するというのは、
あまりに強引で異様過ぎる。

しかも、検察はこの異例の逮捕の理由をきちんと説明すべきにも拘らず、
それを行わず、それどころか、
小沢氏や石川氏に関する事実か否か不明なままのリークをマスコミに垂れ流し、
マスコミも検察からのリークをそのまま何の検証もせず報道する。
そして、国民の怒りをかき立て、連日のように鸚鵡返しで煽動し、
検察にとって捜査がやりやすい環境を作り出そうとしている、
・・・・・のが、見え見えだ。

「石川は小沢の指示でウソの記載をしたと言ってるよ」
と検察に都合の良い情報をマスコミに流し、
それがあたかも本当の事であるかのように印象操作をしている。
それで国民の多くに、
「小沢は悪い!」
と深く刷り込めれば、それで良し!
・・・実際にそれが本当の事かどうかなんて、どうでも良いのよね。

それじゃ、検察側の一方的な主張だけが、真実であり正義なのか?

これは、まさに日本の民主主義の重篤な危機だ!

大体、国会は国権の最高機関なわけだから、
検察がそれよりも権力を行使して良い筈がない!

・・・ってこそすら、誰も論じない。
いや、論じている人々もいるかもしれないが、
一番先頭を切って糾弾すべき立場である筈のマスコミはそれを頑なに封じ込めている。

ikayaki

民主党が与党になっても、権力はいまだ下野した筈の自民党に有りってこと?!
(もっと言えば、アメリカ寄りの売国奴=CIAコネクション的自民党議員等の
思惑のままに、日本政治が操られようとしている?)


以下、『杉並からの情報発信です』さんのブログより、抜粋。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

我々が「1.15検察クーデター」を許せば
日本の未来は無くなる!

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/1f05b7c56bdc686907182e3133fcb422

自民党は、敗戦直後GHQ・CIAが岸信介、児玉誉志夫、笹川良一らA級戦犯を
CIAエージェントと引き換えに死刑執行停止・釈放して作らせた
対米売国・反共右翼政党だった。

1960年に「日米安保条約」を強行採決で成立させた岸信介首相は
CIAのエージェントだった。(米国公文書に明記)

東京地検特捜部は、CIAエージェントであった対米従属の岸信介を源流に持つ
「清和会」政治家の金権疑惑には一切手を付けず、
反米独立の田中角栄を源流とする「経世会」政治家へは「国策捜査」を
連発して逮捕・起訴・失脚させてきた。

CIAと米軍が現地の親米極右軍人を使って合法政権を転覆させた例は
いくつもありますが、典型的な例は1973年9月11日に
「チリ・アジェンデ社会主義政権」を転覆させたピノシェット将軍による
「軍事クーデター」です。

ピノシェット独裁政権は反対派を弾圧・虐殺しました。
米国発の「新自由主義経済政策」を強行した結果、
チリの市場は米国資本に独占され最後には自国産業が壊滅したのです。

* チリの「軍事クーデター」と今回の日本の「検察クーデター」との比較

1) 実行部隊:

チリ CIA、米軍、親米極右軍人 

日本 CIA、東京地検特捜部

2) 攻撃対象:

チリ アジェンデ社会主義政権 
 
日本 鳩山民主党政権、小沢一郎民主党幹事長

3) 強制力: 

チリ 軍事クーデター  

日本 検察クーデター

4) 政権転覆後:

チリ 軍事独裁政権、反対派弾圧・虐殺、新自由主義導入で 国民経済破綻

日本(推測) 米国の属国化が一層深まる、凶暴罪導入による反対派弾圧、
自民党・公明党・みんなの党連立政権、新自由主義経済政策の復活、大格差社会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


政権交代後の権力構造



★ヘンリー・オーツ氏より、「主権者国民レジスタンス戦線」 のチラシです。
どしどし配って検察とマスゴミによるクーデターを粉砕しましょう!
flier1.pdf(表)をダウンロード
flier2.pdf(裏)をダウンロード

しかし、国民皆保険制度をきちんとした形で制定しようとしているブッシュに反旗を翻す
アメリカ国民も相当低脳だと思うけど、日本国民もつくづく・・・?
http://cobs.jp/pb/2007/07/27/post_93/


以下、追加で参考までに。
・・・『晴耕雨読』ブログさん より抜粋。
http://sun.ap.teacup.com/souun/1743.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

読売新聞社社長だった渡辺恒雄氏(児玉誉士夫の舎弟分)は、
テレビ朝日の法王として君臨した三浦甲子二氏と二人で田中角栄の所へ行き、
中曽根康弘を総理大臣にしてくれと土下座して頼んでいます。
「あとでどんな無理な相談も聞くから」と。

戦時中、上海にある「新アジアホテル」を本拠に、
ヘロイン(アヘン)や、通貨、金、銃、その他多数の商品を不法に、
また暴力的に取り引きした児玉誉士夫氏は、
日本の特務機関の上海事務所の資金も提供し、
憲兵隊の後ろ盾としての評判を得ていたのだそうです。
 そして…戦後。

『闇市に出回っていた商品のほとんどは、
軍が持っていた国有財産の横領と横流しで、
その金額は今の金にしたら数10兆円になり、
それを官僚、政商、闇屋などが山分けしたのです。
児玉機関が大陸で集めた貴金属やダイヤモンドも、
海軍が買い集めた軍需用の資源だが、
朝日新聞の飛行機に乗せて持ち帰ってから、
右翼の辻嘉六が売って金に替え、その資金が原資で自民党が誕生した。
朝日の河内航空部長は児玉や笹川と親しく、
右翼に頼まれて社機を使わせたのだろうが、
鳩山や河野がその背後にいたわけです』
[朝日と読売の火ダルマ時代/藤原肇著]

”最近公開された国務省の機密文書によると、
CIAが自民党に対して政治資金を提供し、
岸内閣の佐藤幹事長が受け取っていたので、
日本の政治は外国のカネで動かされていた。
日本政府が米国の諜報機関に操られた事実は、
1995年3月20日のLA・タイムス紙上で、マン記者が全項を使って解説しているが、
日本とイタリーが売弁政治だったとして、
国辱的な政治が歴史に記録されることになった。
それにしても、オウム真理教のサリン事件のドサクサに紛れて、
この重大な売国事件は黙殺されてしまった。

強力な読売新聞の社主であり、一時期は日本テレビ放送網社長、
第2次岸内閣の原子力委員会議長、科学技術庁長官となった正力と
中曽根が田中清玄や児玉誉士夫などの利権右翼と結び、
CIAコネクションの中で日本の政治に対して、
エージェントとして動いていた姿が見え、
正力の人脈が占領軍のG2(参謀第2部)に密着し、
ウィロビー部長との結びついた意味が納得できる。
原子力施設の工事で最右翼といわれ、
中曽根と姻戚関係を持つ鹿島建設の繋がりが、
闇の中から浮かび上がってくるのである。”

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事に対するコメント
清濁併せのむのは難しい?
こん アメリカを批判するとすぐに”疑惑”が発覚
http://konn43.blog111.fc2.com/blog-entry-210.html


色々な駆け引きが必要なのは分かりますがもっと透明度を増して頂きたいものです。
お金が動く限り清廉潔白な政治家は限りなく少ないことでしょう。
となると、問題はやり方や金額、影響度ということになります。

ダメリカは911事件でも分かる通り、ニダヤさえ良ければ国民のことをなんとも思っていませんから、まして他国のことなんて憂慮しないでしょう、その国民性うんぬんは置いておいて国策的に。

如何に他国と協力(利用?)して国益国力、そして国民の生活に還元するか
有能な官僚を上手に使いこなす、政治家は本来の仕事に精を出して頂きたいものです。
裏の事情や苦労なんて表に出てこなければ決して分かりませんしね。。。
【2010/01/25 09:32】 URL | とっち #- [ 編集]

こちらでも
日本企業垂涎の的?:東京地検特捜部のミッションクリティカル思想 - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/7415984.html


まったくネットとは素晴らしいw
【2010/01/25 10:00】 URL | とっち #- [ 編集]


シナリオ(台本)を書いているのは誰ですか?
演出家も居るのでしょうねw
【2010/01/25 11:31】 URL | 。ぃに #mB.BT9Ic [ 編集]


検察も公安もCIAの出先機関であることを
国民のみなちゃんが肝に銘じ、
発言するときはヤンキーに聞こえないように、
こそこそ話しましょう。
あいつら日本語わからんふりして、
聞き耳立ててるからね。
【2010/01/25 17:24】 URL | コテツ #- [ 編集]

今NFLが佳境です。
今日ニューオーリンズセインツがファーブのミネソタバイキングスに勝ち、
2/8スーパーボウルでインディアナポリスコルツと対戦することになりました。
アメリカはいい国です。あこがれちゃいます。
NFLでEDも興奮します。

で、民主党VS「CIAからたんまり金をもらっている連中」のことなんですが、
民主党なんて潰れてしまえ!と思っている私としては、
CIAであれ、なんであれ、やることスッキリやってちょうだい!という思いなのですが、
ところが・・・・
先だって、荻窪駅で街頭情宣している一団がビラを撒いておりまして、
ゼッケンを見ると「国労」と書いてある。
これは、カンパしたろと千円ばかりカンパして、ビラをもらいました。
ビラには「2/13 13:00~全国労働者総決集会(代々木公園)に参加しよう」という内容。
「国鉄1047人解雇撤回」という文字も。

ビラの末尾には「民主党・連合政権を打ち倒そう!」とも書いてある。
お~!その通り!とばかり、そこだけ詳しく読んでみると、

「民主党・連合政権は・・・雇用破壊に進んでいます。・・・とくに公務員労働者360万人首切りを焦点にして、攻撃は公務員労働者に集中しています!」

あのね、千円返して。
ちゃんと読んでからカンパしたら良かった。
後悔、先にED。

でもね、民主党が公務員の首切りをバンバンやってくれるのだったら、
もう悪口言わないよ~
そのかわり、退職金も払うなよ~
期待してるぜ民主党!
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200907000067
【2010/01/25 23:06】 URL | 辺境 #- [ 編集]


<とっちさん、
そうそう、アメリカ・・・というより、湯ダ屋には困ったもんです。

「どんだけシコタマ貯め込んだら気が済むねん?!」
って感じ~~~!
私等庶民には想像もつかないほどの、
もぉ~クラクラして気が遠くなるくらいの莫大な資本を独占し、
更にそれにセットで漏れなくついてくる巨大な権力を保有し、
自分達だけが霊長類のトップに君臨していると勘違いしてやがる。
(その他の人類は家畜らしいですしw)

地球上の富と権力の大半を手中にしながら、
例え、スグ隣に行き倒れの人がいようが、目の前に死に掛けている人がいようが、
そうしたことには一切無関心で知らん振りし続けている。
(家畜が生きようが死のうがどうでも良いらしいしw)

その他の弱者から搾取した金で、自分達の富を肥やしてきたくせに、
その弱者達が死のうが苦しもうが、手を差し伸べることは無い。

それどころか、自分達の尽きない強欲を満たすためには、
大量殺戮をけしかけ、助かる命にさえ冷徹に止めを刺す。

まさしく、ヒトデナシ一族だわさ!

本来なら、連中の富をもっと巧く分配できれば、
地球上で苦しんだり死んだりする人達を幾許か救うことも出来るだろうに。

ただの金貸しだった連中が、世界中の金融やマスコミや政府等を牛耳って、
やりたい放題!

国家を超えて、コイツ等にキツ~イお仕置きをしてやる地下の根組織が必要ですね。
・・・言うのは簡単だけど、たぶん無理?

<。ぃに、
例えばね、以下のようなことも参考になるかもしれないよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  

★『米国ジャパンハンドラー寄り日本人との戦い始まる』より抜粋。
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/1130241.html

1.戦後の米国ジャパンハンドリングの歴史

 紺谷典子著『平成経済20年史』(幻冬舎新書、2008)には、
ここ20年の日本経済変遷の歴史が綴られています。
この本を読むと、戦後の日本統治の主導権を握ったロックフェラー財閥配下の
米国覇権主義者のジャパンハンドラーや外資に財務省、金融庁を含む
日本政府の官僚、自民与党政治家が歯がゆいほど手玉に取られて、
まんまとわれわれの国富を奪い取られている様がよくわかります。
要するに日本国民の敵が、日本に居るに等しい。

 戦後、産官共同体の護送船団方式で、日本の工業化が進められ、
80年代末に、日本は世界第二位のGDPを誇る経済大国に成長しました。
その輸出先は主に米国でした。
日本の対米貿易黒字がどんどん膨らみ、その結果、
米国の政官財の対日圧力が極度に高まり、85年、プラザ合意により、
強制的なドル円為替レートの変更が断行されました。
にもかかわらず、それ以降も日米貿易不均衡は解消されず、
90年代、日本は世界一のドル黒字大国になってしまいました。
その保有ドルキャッシュの多くは、米国債の購入などで、米国に還流され、
日本の対米債権総額は、累積利子も含めて700兆円規模に達するとみられています。
しかしながら、日本にはそのほかに郵貯・簡保・年金資金など数百兆円も
まだ国内にあるのです。
周知のように、今、ハゲタカはこれら、われわれ最後の虎の子すらも狙っている
ということです、徹底しています。

2.ドル資産大国日本の国民は貧乏という矛盾

 日本の技術製品の輸出先は、米国中心であり、円建て貿易が困難であったのです。
その結果、日本人がいくらがんばっても、日本には国内で使用できる円ではなく、
国内で使用できないドルばかりが溜まる結果となりました。
そのために、日本は世界第二位の経済大国と褒め殺しされてきましたが、
それは単に、数字上の話にすぎなくて、
国民の住む家はウサギ小屋とからかわれてきました。
日本は世界有数のドル資産大国なのに、国民生活は貧乏という矛盾の元凶が
ここにみえてきます。

3.平成の20年間、日本は米国ジャパンハンドラーにとって刈り取り期

 戦後から今日に至るまで、米国の政官財関係者(米国覇権主義者)は、
超長期的な視点から、日本を投資対象(スマートな植民地)とみていたのです。
中東諸国と違って、日本にはカネの成る石油資源も鉱物資源もありません。
あるのは人材のみです。
そこで、彼らは、対日植民地政策を3段階(3フェーズ)に分けて管理してきたと
分析できます。

(1) 種まき期:日本に技術をふんだんに供与し、日本の工業化を促進させる。
   (60年代から70年代前半)

(2) 育成期:日本の工業製品を大量輸入して、日本経済を繁栄させる。
   (70年代後半から80年代)

(3) 刈り取り期:日本にふんだんにたまった国富を刈り取る。
   (90年代から2000年代)

  彼らにとって、日本はスマートな植民地戦略の壮大な実験場であり、
この新型の植民地化モデル、それを“スマートパワー”と呼んでいます。

4.戦後日本は米国ジャパンハンドラーにとって壮大な実験場

 対日スマートパワー攻略の真髄は、日本国民を反米化させず、
否、それどころか、むしろ親米化させつつ、巧妙に管理することです。

このテクニックには軍事プロパガンダ技術が応用されます。
簡単にいえばマインド・コントロールであり、これこそ、近代のスマート兵器です。
ちなみに筆者の所属した米国シンクタンクSRIインターナショナルも戦後の一時期、
その洗脳研究のメッカでした。
なお、ここで親米とは厳密には、親・戦争屋(米国軍産複合体)、
親CIAを意味します。以下同。

 彼らの対日スマートパワー攻略の具体的作戦とは、

(1) 日本の政治活動の傀儡化
   (自民党はCIAの資金援助で育成された)

(2) 日本のメディアの親米化
   (日本の大手マスコミを主導する読売・日テレグループはCIAの支援で生まれた)

(3) 官僚・知識人の親米化と洗脳 
   (フルブライト奨学金などの提供で、日本人エリートの米国留学を促進し囲いこむ)

 今月、日本民主党への政権交代が起きるまで、日本を支配してきたのは、
CIAに育てられた自民党(表向き日本人の運営する万年与党)、
親米化された大手マスコミ(表向き日本人の経営)、
そして日本の国民益よりも米国益を優先する親米の産官学日本人エリート達でした。

5.一般国民には米国ジャパンハンドラーの存在はみえなかった

 米国ジャパンハンドラーは、直接、日本を統治せずとも、
上記、親米日本人を巧みに操って、
日本は完全に米国ジャパンハンドラーの支配下に組み敷かれてきました。

2001年、自民党の中でもっとも、親米的な清和会の小泉政権が誕生して以来、
米国ジャパンハンドラーは日本介入にまったく遠慮がなくなって、
政官財の親米日本人エリートをアメとムチで自由にコントロールするようになって
今日に至りました。
その結果、日本の国富が国民にみえないかたちで、
大量に米国に移転されるようになりました。
日本の親米マスコミはこのことを、まったく国民に知らしめないばかりか、
むしろ米国の闇コントロールの現実を国民の目からそらすように機能してきました。

 ところが、ネット情報の普及によって、多くの国民は、
目に見えにくい米国ジャパンハンドラーのスマートパワーの存在にようやく、
うすうす気付くようになったのです。
その結果、国民はとりあえず、
米国戦争屋(CIAをもつ軍産複合体)の傀儡政党という本性が
バレバレになった自民党を政権の座から引きずりおろしました。
しかしながら、まだ親米マスコミを追い込むことができていません。
また米国ジャパンハンドラーに洗脳された売国的日本人官僚や売国的知識人の
駆逐もできていません。

6.米国ジャパンハンドラーに洗脳された日本人との戦いはじまる

 2009年9月16日、日本民主党政権が誕生して以来、
浮かび上がった新たな日本の課題、それは、米国ジャパンハンドラーに洗脳された日本人との対決です。
民主党にとっての新たな敵は、国民から引きずりおろされた自民党や公明党ではなく、
親米大手マスコミ、産官学の親米日本人であることがわかります。

 最近、米国にも反オバマ勢力が増殖し始めていますが、
軍事プロパガンダ技術ノウハウをもつ、戦争屋=CIAに巧妙に操られています。
2001年、9.11事件のとき、ブッシュ政権支持率を大幅アップさせたB層大衆が、
またも反オバマ勢力に取り込まれつつあります。

小泉政権以降、日本に大量に生まれた親・戦争屋=CIA日本人は、
ネットウヨも含めて、事あるごとに、日本民主党の足を引っ張ろうとするでしょう。
寄らば大樹の性向をもち、親米派を自認してきた彼らは、
オバマ政権誕生後、続いて日本民主党政権誕生後、
知らぬ間に反米派に成り下がったことに、まだよく気付いていないようです。
とりわけ、大手新聞社の論説委員や大手テレビ局の政治番組プロデューサーに
この手合いが多いようです。


<コテツさん、
だけど、ほら、↑↑↑みたいにさ、
国内にも、湯ダ屋に洗脳された目先の金に操られる日本国民の敵がイ~~~ッパイ!
例えば、小泉やら、竹中やら、御手洗やら、
・・・その他、大手マスコミ、それに出演してる御用学者どもとか。

連中がしてきた犯罪は極めて重篤で、
国民に多大な不利益を被らせたという意味じゃ、国家反逆罪に匹敵!(爆)

永久に北朝鮮に島流しした方が良いと思うね。

<辺境さん、
ありえない~~~っ!  >公務員360万人のためにカンパ

んな金あったら、私に1杯奢りなさい!!!

しかし、・・・・・早く治した方が良いよ。  >後悔、先にED。
元気のない男は早死にするらしいしさw
エッチな方が長生きするってさぁ~~~♪

だけど、チアガールの金髪のボインボインだって、
先立つもののない男にゃ、振り向きもしないかもね~?  >NFLでEDも興奮します
【2010/01/27 14:33】 URL | ゆりかりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/326-7b0bf9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。