虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親としての自覚・・・?

c7b39f34.JPG

 

 

 


『ニート』の温床として問題視されている
『不登校』とか『ひきこもり』になる子供の殆どは、
夜更かししてるとか・・・?
・・・パソコンやらゲームなんかしちゃって。。。
(一人で、誰とも反目し合うことのない世界で・・・

なので、そうした問題児を抱えている子供達を更生させる、
某有名な機関では、
「必ず毎朝、日が昇る頃に起床させる」らしい。
・・・処方箋は、ソレだけ。。。
(朝早く起きるためには、夜は早く寝ないと仕方ないわけで・・・)

たったコレだけのことで、殆どの子供達は、
数週間の内に更生してしまうらしいのよね。
・・・ビックリ!!!
(何年も、何十年も、手をこまねいていただけの親達にとっては、
特に衝撃的なことだっただろう・・・)

そもそも、そういう子供達は、
「自分のしたいことだけしたい」
から、
「その他の面倒なことは、全て親が何とかしてくれる」
環境にいて、 敢えて、
「傷つくかもしれない人間関係から逃避している」
連中だ。

したがって、その某機関では、集団生活を基本にしているらしい。
毎朝早く起きて、集団生活の中で、
それなりの役割分担を与えられ、

自分の仕事を終日行えば、日が暮れる頃には、
自然と眠くなるもの。。。

(・・・自然の摂理!)


つまりは、(こういうことを言っちゃうと語弊があるかもしれないけど)、
そんな問題を抱えた子供を持つ親達は、まず手始めに、
子供を朝早く起こす生活を取り戻してやれば良いのよね。
なぜ故、そんな簡単なことが出来ないのかな?
・・・全く以って、不可思議この上ない!)

そうして、自分のことは自分で出来る習慣を身につけさせるよう、
いろんな家事労働にも積極的に参加させる。
(言うことを聞かないようなら、私なら、絶対放っぽり出すけどね! 
「勝手にしやがれ!」、「自分の力で生きてみろ!」って。。。)

どうして、
きちんと躾けることが出来ない親達が、
これほどまでに多くなっちまったのかなぁ~???
(なんだかんだ分ったような分らんような理屈こねて、
親の都合・偏った主観優先で甘やかしてちゃ、
子供にとって絶対に良くないのよ!)

子供は自分の命よりも大切な存存の筈なのに・・・。

・・・だからこそ、親は、自分がいなくなった後も、子供に、
正々堂々と一人で生き抜いていける力を、
迷った時の道標を与えてやるべき存在である筈!!!

そういう一連の、当たり前の関係を構築できない親達が多くなった?
(成長できていない子供のままの精神を持った
『大人もどき』・・・)
そんな
『大人もどき』が子供を育てているということ・・・。
そうやって育てられた子供達は、
・・・やっぱり半端な
『子供もどき』しか育たない。。。

分別ある筈の大人が無力な子供を殺す、
親が可愛い筈の我が子を殺す、子供が慕うべき親を殺す、
心の教育が不足した子供が友達を殺す、そんな時代に、
・・・人間の尊厳、
そんなものが失われつつある危機感を抱かざるを得ない。

畜生(自然界の動物達)でさえ、我が子を命がけで守り、
立派に育て上げるというのに・・・。

実に、恥ずべきことだ。。。


この記事に対するコメント

最近・・・
早く寝て、早く起きてしまう・・・
もう、ジジイなのか・・・?

【2005/07/01 00:29】 URL | あべま #79D/WHSg [ 編集]


身に沁みる・・・
そうなのよね~ 結構心当たりがあってりして
ちょうど今そのような事で凹んでたんで・・
考えさせられた。(ニートの事じゃないけど)
親としての態度というか責任・しつけ・・してちゃいけないんだよね。
どーんと構えてないと・・・
【2005/07/01 00:30】 URL | hatto #79D/WHSg [ 編集]


以前のサイトで日記を書いていたときに、
夜遅くまで子供を連れ回す親を
「親の都合で子供を育てる」と書いた事があって、
その時、子育て中の親から、
「子供を家に一人で置いていくわけに行かないからつれていく」
と反論を多く貰いました。
でもねぇ。。。
親だったら、自分の楽しみのために子供を夜中に連れ回すのではなく、
預けられる人がいないのであれば夜中に出歩くことではなく
子供の負担の少ない楽しみを見つけろと思います。
子供が親だけを必要とする期間は短いのだから。。。
【2005/07/01 00:30】 URL | COO #79D/WHSg [ 編集]


子供に教える前に・・。日が出る前に家に帰る努力をしなくては・・・。反省です。
【2005/07/01 00:31】 URL | tsubaki #79D/WHSg [ 編集]


体内時計

 人間は誰でも持っているらしいですが、朝日を浴びる事で発動するらしいです。
 不規則な生活(夜更かし)等で時計が狂い出すと僅かながら精神面にも影響が出て来るそうです。
【2005/07/01 00:32】 URL | 僚 #79D/WHSg [ 編集]


異論あり !
不登校になる子供の原因を画一に見過ぎです。
頑張って、頑張って、みんなに追い付こうと頑張って、
自分がされて嫌な事は他人にしてはいけないという 親の言葉を忠実に守っていたら
うちの子供は鬱病になって 学校に行けなくなりました。
世の中 そう単純ではありません。
【2005/07/01 00:33】 URL | しっち #79D/WHSg [ 編集]


「子供を家に一人で置いていくわけに行かないからつれていく」
????
そりゃ~変です。
寝る子は育つ。
自宅でぐっすり寝かせてあげましょ!
夜21時半以降は、子供連れでコンビニなどに行きません。
あの照明が軽い睡眠障害をもたらすらしいし。。
【2005/07/01 00:33】 URL | Unknown #79D/WHSg [ 編集]


<あべまっち、
そんだけ、一生懸命仕事してる・・・ってことよっ!
規則正しい生活が一番じゃ!!!

 難しい年頃だからね~。
 ウチの長女も、ナンダカンダ口答えするようになったけど、 
 まだ私のことが、なぜか怖いようで・・・。(爆)
 ドォ========ン!と構えて頑張ろう~!! 







【2005/07/01 00:35】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


 その言い分も笑っちゃうね。 
     →「子供を家に一人で置いていくわけに行かないからつれていく」
 一人で留守番できないような幼子を夜中に連れ歩いちゃ、絶対にダメでしょう。
 (↑常識・・・だと思うけど?)
 確かに、子供が小さい時の育児って、かなり大変だけど、
 産んだ以上、それは仕方ないわけで・・・。 
 私も、社会から隔絶されたような孤独感に苛まれたこともあったけど、
 それもこれも、全ては愛する我が子のためだもんね。
 いずれは、自分の手を離れていくんだし・・・。
 そういう密着した濃密な時間は、後々思い出になるものよね。
【2005/07/01 00:35】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


うん、その通り!

 右に同じ・・・。
 だけど、父親は、男だから!
 一生、奥さんの掌の上よん!
<僚さん、
 その通りなんですよね、まさに!
 私が子宮外妊娠で死に掛けた時に、
 担当医師に言われました。。
 「男はいいんだよ! 女性はね、日が昇る頃に目覚めて、
 日が沈む頃に眠りにつくのが自然の摂理。それを誤るから、
 子宮外妊娠だの、子宮内膜症だの、そういうのが増えるのよ」
 その当時は、私、昼夜無く仕事してたんで、
 実感しましたね。

【2005/07/01 00:36】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


<しっちさんへ、
そういう風に見られても仕方ない文面だったかもしれませんね。  →画一
だけど、『不登校』とか『ひきこもり』になる子供の殆どは、
親の対応に問題があるといったデータがあるわけです。
しかし、だからといって、例外はどんな場合にもつき物ですよ。
全てがそうであるという風には、当然考えてせん。
なかには、周囲の環境が要因で、『不登校』とか『ひきこもり』になる子供もいるでしょうね。
そういうケースの子供は、他のケースと違って、
成長しても『ニート』にはならないんじゃないかなぁ~?
だって、一生懸命前向きに生きようとしているんだから・・・。
私が言っているのは、その他大多数を占める、
『ニート』予備軍達のケースのことです。

【2005/07/01 00:37】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/35-a5ef5094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。