虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈然としない今日この頃・・・。
おむすび 

 

 

 


 

 

明治時代ならば、納得できるのよぉ~。

しかし、現在のこの世の中で・・・???

例えば、
殺人を犯した某少年が、12~3年の懲役とか・・・?
一般の大人の懲役で最も長いものでも、20年とか・・・?

だって、、、
明治時代の平均寿命って、
41~2歳くらいだったと思うから!

しかし、、、現在の平均寿命って、
81歳よ。

殆ど
2倍だからぁ~!



例えば、
明治時代に思いを馳せれば、仮に
15歳の少年が、
殺人を犯して、12~3年の懲役を課せられたとすると、
(懲役12~3年の)ほぼ半分の6~7年で釈放されると計算すると、
(15歳+懲役7年=)
22歳で復帰が出来ることになる。

明治時代ならばだが、、、
(平均寿命の42歳-22歳=)20年の余命となる。
   ↑
これは、(私的には)ある程度、刑として納得がいく。

現代ならば、どうか?
(平均寿命の81歳-22歳=)59年の余命となる。
   ↑
これは、どうか???

59年・・・それって、明治時代の平均寿命を遥かに超える人生じゃないか?



例えば、
明治時代に思いを馳せれば、仮に
25歳の一般の大人が、
殺人を犯して、最高20年の懲役を課せられたとすると、
(懲役20年の)ほぼ半分の10年で釈放されると計算すると、
(25歳+懲役10年=)
35歳で社会復帰が出来ることになる。

明治時代ならばだが、、、
(平均寿命の42歳-35歳=)7年の余命となる。
   ↑
これは、(私的には)ある程度、刑として納得がいく。

現代ならば、どうか?
(平均寿命の81歳-35歳=)46年の余命となる。
   ↑
これは、どうか???

46年・・・それって、明治時代の平均寿命を遥かに超える人生じゃないか?



つまり~、
刑法・・・っつ~か、法律そのものが、
時代に即した変革を遂げることなく、
        
放置されたままだということだ。
(↑これこそ、犯罪に値すると言っても過言ではないのではないか?)



一方、被害者側の心情に思いを馳せれば、
これでは、到底納得いくものでは無いと思うが・・・?

例えば、、、
命を奪われたり、一生取り返しのつかないような状況に追い込まれた被害者側は、
その人生を台無しにされるのだ。

・・・何を以っても癒せないほどのダメージを、
明治時代よりも遥かに長い期間、
不本意にも受け続けることになるのだ。




政府は、こうしたフラストレーションを如何に考えているのか?



グローバリゼーションが進めば進むほど、
貧富の差は、加速度を増して広がり続けている。

そうした状況が、法治国家だった日本の治安をかき乱し、
不景気な中でも、ささやかに健気に生きようとする一般市民の生活に、
不安な影を落としている。

かたや、犯罪者達は、今頃ほくそえんでいるかもしれない・・・?
日本じゃ、ちょっとの間、
刑務所に入ってるだけで済むから、
犯罪はやり放題だぁ~!」


この記事に対するコメント

そのとうりですね!
しかも、検挙率が下がっているのでなかなか捕まらない・・・
【2005/06/30 22:57】 URL | 僚 #79D/WHSg [ 編集]


犯罪はやり放題!?
それは、おっかねな!

【2005/06/30 22:58】 URL | あべま #79D/WHSg [ 編集]


<僚さん、
今後、シルバー世代の雇用状況の変化(例えば、国内労働者の急激な減少に対する処置として定年退職者再雇用の増加等)にもよるでしょうが、失業率は4.5%、生活保護家庭は100万世帯を超えてるような現状は、まだまだ悪化していく傾向には変わりありませんからね。
高額所得層に有利な納税システムも助長されているようですし、このままだと、金持ちは更に金持ちに、貧乏人は更に貧乏人に、・・・そんな構図になってしまうかもしれませんね。
貧困層が増加すれば、それに伴って犯罪も増加するのが世の常ですから、近い将来、酷い世の中になってしまうのかなぁ~?
<あべまっち、
・・・だよね!
だけど、このままだと、おっかねぇ~世界になるよ。
いまや、権力者達は、貧乏人から貪ることしか考えず、自らの首を絞めようとしてるのだ。
【2005/06/30 22:58】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/53-8407c1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。