虹の橋
辿り付きたくても、それはいつも遠ざかっていくだけ・・・。 そして、一瞬の微かな瞬きの後、光の彼方へと消えていく・・・・。 鮮やかな残像だけが心から放れない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱入りの社会勉強、最初の一歩~!

長女が、
「バイトしたいんだけどぉ~!」
と言うので、イロイロと話を聞いてみた。

お年頃だから、欲しいCDや小物等もあるだろうし、
友達と遊びに出かける度に、いちいち私にお小遣いを強請るのも、
気兼ねがあったんだろう。

なんでも・・・、ファミレスやファストフードショップなどで、
バイトしている友達も結構多いらしい。

 

「んじゃま、牛乳配達でもしろよ。体力つくぞぉ~」
長女「絶対ヤダ! 朝早いんでしょ? 重いんでしょ?
   アカギレするんでしょ? 天気悪くても休めないんでしょ?」
「仕事っちゅ~のは、そういうもんじゃ!
  労働を対価に換えるんだから、少々の苦労は当たり前だ」
長女「エ===ッ、メッチャクチャ辛そうだし、長続きしなさそう」
「楽して金稼げるとでも思ってるのか~?!
  世間を舐めとったらアカンでぇ=====っ!」
長女「でも、友達はバイト楽しそうだよ」
「金貰って社会勉強させてもらってるようなもんだからな。
  しかし、バイトと言えども、
      お金を頂く仕事には変わりないんだから、
  迷惑をかけるようなことにならんように
      一生懸命働かにゃイカン!」
長女「んじゃ、バイトしても良いの?」

 

・・・っつ~ことで、長女が探してきたのは、
 
郵便局の区分け作業

早速、今日、自分で電話し、時間を取り付け、
いそいそと面接に出かけて行った。

帰宅後、すぐさま、その状況報告。
「ママの言った通り、スッゴク暇そうだった」
「面接官は、優しい人だったよ」
「バイトのできるスケジュールとか時間帯とか、
いろいろと書類に記入してきた」
「もし決まったら、就労時間内の事故に備えて
保険に入ることになるらしいよ」
「今一番不足してるのが配達の仕事らしくって、
『配達する気はない?』って聞かれたから、
適当に答えといた」
「で、『お友達で配達をやってくれそうな人がいたら、
是非声をかけてくださいよ』って言われたよ」
「通知は、後日電話であるらしい。 
決まると良いなぁ~」
・・・etc.

 

ところで、長女の面接中に、
何度かバイトの申し込み電話がかかってきたのだそうだが、
これがまた、お笑い・・・。

以下が、面接官の電話対応。
     ↓
「はぁ~、しかし、面接はですね、
お子さんだけで来ていただくことになります。ん~、困ったな。
お母さんも来ていただいて結構なんですが、
面接は1対1でやることに決まってるもんですから、
お母さんだけ外で待っていただくことになりますよ」
(バイトする本人じゃなくて、その母親が電話してきてるわけね。
しかも、面接は親子同伴でして欲しいと言い張ってたらしい・・・)

その後、面接官の愚痴。
     ↓
「どうして本人が電話してこないのかなぁ~?
最近多いんだよね、親が電話してくる方が・・・」
(バイト・・・っていうからには、高校生以上だよね?
何でまた高校生にもなって・・・???)

面接官も、いろいろと大変ですなぁ~~~。

 

・・・で、フッと頭を過ぎったのが、
幼馴染だった女子高校生を殺害した町田の少年。
          ↓
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20051112/e20051112001.html?C=S

殺された女子高校生の傷が十数箇所もあったことを考えると、
この少年は凄まじい返り血を浴びていた筈だが、
その親は、「自転車で転んだ」というすぐに嘘だと判る
少年の言葉を信じて(?)、
その血塗れのブレザーを平然とクリーニングに出していた。

少年は、右手に軽い怪我をしていただけなのに、
それでは到底説明のつかない大量の血痕を目の当たりにしても、
何の疑念も持たなかった親だ。

この少年の母親像は、様々にとりだたされいるが、
概ね共通して語られていることは、過保護教育。

なんでも、この親は、何から何まで甲斐甲斐しく
少年の身の回りの世話をしていたらしい。
そして、少年が何か失敗したり、悪いことをしたりしても、
叱るよりも優しく宥めていたという話・・・。
(こうした情報の信憑性がどこまであるかも疑問だけど・・・?)

 

しかし、こうした少年犯罪者達の親を十把一絡にするつもりはないが、

あまりに多くない?

猫っ可愛がりし過ぎてるケース。
然るべき時に叱れないケース。
「我が子に手を上げたことなんて一度もないんです」
と自慢気に語るケース。
(↑我が子の犯罪が確定した後にも、平然と言ってのける所が凄い)

  = 何を教育すべきか?を見失ってる親。
  = 教育責任を放棄してしまってる親。
  = 少年犯罪生産マシーンと化している親。

(↑やっぱ、少年犯罪者の親は、
 顔写真とプロフィールを公表
すべきだわさ!
 我が子を犯罪者に創り上げちゃった責任とってさ・・・)

 

子供は、ペットじゃ~ないんだからさぁ~。
(まぁ~、最近じゃ、ペットの躾けさえ出来ない・・・と言うか?
飼い犬にまでバカにされてる飼い主も多いらしいけど?)

子供が、いずれ独り立ちして行く時に困らぬように、
他人に迷惑をかけないで済むように、
生活面での自立や社会的協調性
促し育む教育を施すべきなのに、
勉強だけさせて、あとのことは全て親が世話してやる
・・・というのは、本来的教育ではない。

 

自分の身の回りのことは勿論、
周囲の人達の立場や思いを推し量ることが出来なけりゃ、
周囲の人達を巻き込んで色んなアイデアを考えたり実行したり
出来るわけがない。

自分を生かしてくれている社会(他の人々)を認め、
感謝することが出来なけりゃ、
その社会(他の人々)から拒絶されるのは、自分自身だ。

 

ウチの長女も、そうした社会勉強の第一歩を踏み出すのだなぁ~。
遠くからエールを送るとしよう。。。


この記事に対するコメント

郵便局かぁ~・・・
確かに、今はとても忙しい時!
大晦日、元旦はとくに・・・
【2005/11/22 20:18】 URL | あべま #79D/WHSg [ 編集]


<あべまっち、
まだネ、忙しくなさそうだったみたいだぜ。
これからかな~???
本当に受かるのかな?
・・・っつ~か、やっていけるのかな???
(途中で放り投げたら、ブッ叩いてやるけど)
【2005/11/22 21:18】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


親として、かわいい我が子の自立する期間を見守るのって、すごくやきもきして大変な辛抱を要することだと思います。
でもそうやってしばらく黙って見届けてやることも必要なんですよね。。子供の決めたことを。
しかし、子供のバイトまで親が世話するケースが多いのって、すごいですね。。。なんでも親がやっちゃうのって、子供も辛くないのかなぁ。
【2005/11/23 00:44】 URL | きむ #79D/WHSg [ 編集]


最初のバイトってその後ずっと忘れないものです。その後の仕事観にも影響を与えると思う。
長女が仕事にポジティブな印象を持てるように祈っております。
【2005/11/23 19:25】 URL | マフマフ #79D/WHSg [ 編集]


<きむさん、
子供って、放ったらかしとくくらいが一番良いのよ。
「何でも自分でしなきゃ!」ってモチベーションを喚起できる。
・・・ソレが大事でね。
「私がシッカリやらなくっちゃ!」って精神も培えるし・・・。
・・・親は楽になるし一石二鳥よぉ~~~ん♪
シナジー効果だね、やっぱ!!!
<マフマフさん、
郵便局だからね~・・・。
ちょっと期待薄・・・だけど?
        <ポジティブな印象を持てる
ま、アイツのように箱入りにゃ、ちょうど良いきっかけ作りにはなるかもね?
・・・社会によって鍛え上げてもらうことは重要だから・・。
【2005/11/23 20:20】 URL | ゆりかりん #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yurikalin.blog58.fc2.com/tb.php/95-6c20be1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆりかりん

Author:ゆりかりん
常に新しい発見を求めている心の自由人。
海で波の間に間にプカァ~ンと浮んだり、山で大自然の息吹に接することが、最大の幸せ。
何はともあれ、美味しいお酒と食べ物は欠かせない!
Twitter→http://twitter.jp/yurikalin



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。